空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

リアル書店で電子書籍を売るならば……

先日、リアル書店関連で、こんなニュースが新聞の紙面や各種ニュースサイトを賑わせましたね。取り上げているメディアの数が多いので、代表して、コンパクトにまとまっていて、写真も見られるこちらを。「楽天とBookLive!が参加――リアル書店で電子書籍が買える「BooCa」 4書店で提供開始」(6/16 ITmedia eBook USER)。


記事の一部を引きます。《日本出版インフラセンター(JPO)は6月16日、販売実証事業として、リアル書店で電子書籍の購入ができるサービス「BooCa」の提供を開始した。実施書店は、三省堂書店神保町本店(東京)、有隣堂ヨドバシ AKIBA店(東京)、豊川堂カルミア店(愛知)、本の学校今井ブックセンター(鳥取)の4店舗。期間は2014年11月21日まで。》


これまでも、店頭で電子書籍端末を販売したり、電子書籍タイトルが買えるようになっていたりする書店はありましたが、既存のそうした取り組みとは何が違うのか。そのあたりについて、記事にはこんなふうにあります。《BooCaは、電子書店で作品をダウンロードするためのコードが記載されたコンテンツカードで、レジで購入することで使用できる。スマートフォンなど、QRコードを読み取ることのできるモバイルデバイスの場合は、カード上に記載されたQRコードを利用することで、より手軽にダウンロードすることができる。ダウンロードの有効期限は、購入日から6カ月。対象の電子書店は現在「BookLive!」と「楽天Koboイーブックストア」の2ストアのみだが、参加を希望する電子書店があれば、随時追加していくという。》


実施店舗4店のうち、サービス開始初日の6/16、有隣堂 AKIBA店では、《BooCaに関するトークセッションが行われ、植村八潮氏(専修大学教授)、松信健太郎氏(有隣堂 常務取締役)、舟木徹氏(楽天 上級執行役員)、淡野正氏(BookLive! 代表取締役)らが登壇》したのだとか。有隣堂の松信さんの「今まで興味はあるが手を出したことのない人たちも、電子書籍を体験してほしい」という発言が引かれています。《店頭では電子書籍リーダー端末の販売も行い、必要な人は設定や疑問点について書店員のサポートを受けることもできる。量販店などと異なり、コンテンツにまで踏み込んだ質問にも対応できることが魅力だ。》



早速、三省堂書店神保町本店と有隣堂ヨドバシAKIBA店の様子を見てきました。三省堂のほうはそれほど大きなコーナーではないんですが、有隣堂ヨドバシAKIBA店のほうは、たしかに、なんというか、これまでの電子書籍コーナーとは物量が圧倒的に違う感じになっていましたね。


140620三省堂神保町140620有隣堂ヨドバシ

↑左は三省堂書店神保町本店の、売り場は撮影できないので、通路に出ているBooCAの看板だけ撮影したもの。右は有隣堂ヨドバシAKIBA店の様子。すみません、通路から、ということでぱちりとやらせてもらいました。


ご覧の通り、有隣堂ヨドバシAKIBA店のほうはけっこうなボリュームになっています。リアル書店でこれまで見られた電子書籍関連の売り場とは違って、かなり存在感がありますね。


ただ、こまかく見ていくと、いろいろ気になる点もありました。何点ぐらい並んでいるのかわかりませんが、けっこう数があるというのに、どのようなルールで本というかカードというかが並んでいるのかがよくわからない。このあたりは小説、このあたりはコミック、と端から見ていけばわかるのですが、ジャンルで分かれているわけでもないし、作者の五十音順にもなっていないような感じ。レーベル別? 出版社別?


見せ方・並べ方もぞんざいというか、なんというか。ワイヤーラックみたいなものに書影を印刷したカードがぶらさがっているのですが、ご覧の通り、単にカードがぶらさがってますよ、という感じなんですよね。せっかくリアル書店で実証実験を行うのだから、そこはやはり、リアル書店ならではの見せ方の工夫があってもいいのではないでしょうか。


たとえば。並べるラックの背景というかフレームを、書棚っぽくするだけでも雰囲気がぐっと変わるはず。何も、本物の什器を用意せよ、というわけではありません。電子書籍アプリの一部が採用しているような、書棚っぽい見た目を印刷して背景にしけばいいのですから、費用的にもいくらもかからないでしょう。


そして、その「書棚」の上には、リアル書店のそれらしく、「文芸」「ビジネス」などのジャンル名を掲示してほしい。カードも単に端から並べていくのではなく、分類してほしい。そして、各段には、作家名やサブジャンルなどのプレートを用意する。カード、といってもこれは実質「表紙」なわけですから、本と同じように、ちゃんと著者の五十音順にするなど、探しやすくなるよう並べ方にルールをもうけたり、ときには、編集棚のように、この本の横にはこれ、という感じで、隣あう本の組み合わせを工夫したりもするべきでしょう。そして、せっかくリアル書店に並べるんだから、カード(表紙)に、そのお店の書店員によるおすすめPOPを貼り付けたりしてもいいでしょう。


上の写真にある通り、現状では、横何枚縦何枚、みたいに整然と並べられているんですが、あくまで「本」なのだから、並べ方ももっとでこぼこでもいいわけです。段によって並べる枚数を変えたりしてもいいし、フェアや特集のように、特定の場所にたくさん集めたり、いちおしのものを多面にしたり、逆に、1段に1枚だけにして目立たせたりしてもいいでしょう。


とにかく、単にカードがぶらさがってますよ、とする以外にいろいろ試してみるべきこと、やってみるべきこと、リアル書店だからできることがあるのではないのかなあ。あまりにも工夫のない並べ方に見えたので、そんなことを思ってしまいました。


スポンサーサイト

コメント

空犬様、こんにちは。いつも楽しく興味深く読ませていただいてます。
ご指摘の件、ホントそうですよね!!
なんだかバトルカードやフィギュアや中古ゲームの売り場みたいで・・・・
売っている物は「本」なんですよ、ライトノベルやコミックもあるけど「本」なんですよ、
本当は形あるものを利便性のために形をなくして売っているだけなので、
そこは形ある書店としてもっと愛着持って大事に扱って欲しいなあと思う私です。

将来こんな愛の無い棚ばかりになってしまったらと思うと・・・・
本の「立場」を尊重してあげて欲しいものです。

  • 2014/06/25(水) 14:03:29 |
  • URL |
  • みこ #nLnvUwLc
  • [ 編集 ]

本の「立場」

みこ さん>
訪問&コメント、ありがとうございます。

> 本当は形あるものを利便性のために形をなくして売っているだけ

まさにそうですね。見た目はカード状でも、たしかに
「本」なわけですし、なにより、並んでいる場所が
本屋さんなわけですからね。

今回は「販売実証事業」ということですから、売れ方や
お客さんの反応・反響などを見て、今後、いろいろな
販売の工夫がされていくのだろうと、そんなふうに
思いたいですね。

  • 2014/06/26(木) 19:50:48 |
  • URL |
  • 空犬 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/2291-dcbd9fb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad