空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

いくらなんでもこれはなあ……

わざわざこのブログをのぞきにきてくださっている方に、あらためて、そんなことを宣言するまでもないのですが、本屋さんの本は大好きです。



本屋さんの本、本屋さんの雑誌特集が多すぎる、続き過ぎる、といった声もときどき聞こえてきます。たしかに、単行本はともかく、雑誌の特集で、取り上げられているお店のセレクトも似たようなものが続いたりすると、ちょっとなんだかなあという気にさせられることがないではありませんが、でも、いつだって、新しくそういう本や雑誌に出会う人はいるわけだし、本屋さん情報はあってあり過ぎるということはないでしょうから、多少、本屋本や本屋特集雑誌の刊行が続こうが重なろうが、別にかまわない、かまわないどころか、大歓迎と、そんなふうに思っています。


……思っているのですが、うーん、しかし、さすがに、これは、いくらなんでも、どうかなあ。あまりにも既視感のあるセレクトにちょっとびっくりしてしまいすし、それに、この書名に、この表紙……。


類書の調査もせずに本を出すとも思えませんから、これら先行書これと、これと、これとか、これのことを知らないで企画したわけではないでしょう。だとしたら、いくらなんでも、先行書の存在を軽視・無視しすぎではないかなあ、と、そんなふうに思ってしまうのです……。


スポンサーサイト

コメント

だいぶ前に新刊案内で発売を知ってたんですが、発売後含めツイッターやFBで誰も話題にしてなかったので「ああみんな同じ気持ちなのね」と安心してましたw (まあ、今回は「やられた側」であるX社もhttp://www.xknowledge.co.jp/book/detail/XK9784767818061 こんなん出してるわけですが・・)

  • 2014/06/29(日) 00:21:53 |
  • URL |
  • mori0099 #ILWriQ6E
  • [ 編集 ]

同じ気持ち

mori0099 さん>
いつもありがとうございます。

> 「ああみんな同じ気持ちなのね」と安心してましたw

わかりますw。言及することで、結局、宣伝告知
することになったりしかねませんからね(その意味では
この記事も、まあどうなのか、という感じですが……)。

>  (まあ、今回は「やられた側」である

出版界によくあることと言えばよくあること、
ではあるんですけどね(苦笑)。書店ものだと
そのあたりがちょっと過敏になるというか、
なんというか……。

  • 2014/06/29(日) 22:36:12 |
  • URL |
  • 空犬 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/2290-a94ae052
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad