空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

「紀伊國屋書店じんぶん大賞2013」のフェアが始まります

昨年末に発表された「紀伊國屋書店じんぶん大賞2013」。賞の副題に「読者と選ぶ人文書ベスト30」とあるとおり、読者参加型のアンケート方式+出版関係者・紀伊國屋書店スタッフの推薦による人文書のランキング。本読みの間ではすっかり定着した感がありますから、昔からあったような感じがしてしまいますが、今年で4回目なんですね。大賞受賞作やランキングについては、サイト(プレスリリース)をご覧ください。


その「紀伊國屋書店じんぶん大賞2013」のフェアが紀伊國屋書店、新宿本店、新宿南店他、全国40数店舗で、明日2/10から開催されます。開催店とフェアの内容(店舗により規模が異なります)については、サイト(プレスリリース)に一覧があがっています。ぼくも、初日の2/10に、早速、新宿本店の様子を見に行くつもりです。


ちなみに、じんぶん大賞のフェア、昨年の様子は記事で紹介しています。こちら。今年も、チャンスがあったら、店頭の様子を取材させてもらおうと思いますので、後日、記事で紹介できるかもしれません。


「紀伊國屋書店じんぶん大賞2013」、今回も、読み応えのある立派な冊子が作られています。じんぶん大賞のフェアが開催される店舗で配布されるようですので、人文読みのみなさんは忘れずに店頭で入手してください。


紀伊國屋書店じんぶん大賞2013

紀伊國屋書店さんのご好意で、フェア開始前に、冊子を送っていただきました。早速拝見すると、フェア冊子には、大賞受賞者、千葉雅也さんの受賞コメント、ベスト30の一覧と推薦者コメントが掲載されています。Webやツイッターでランキングの内容は見知っていても、こうして冊子にまとまると、やはりいいですね。選書コメントに知人の名前がちらほら見えるのもうれしいです。選書コメントを熟読するのは、店頭でのフェアを見てからの楽しみにとっておくつもりですが、人文書の未読のものをチェックしながら、知り合いの推薦者の顔を思い浮かべながら読むのが今から楽しみです。冊子には、『永続敗戦論』(太田出版)の白井聡さんと、『復興文化論 』(青土社)の福嶋亮大さんの対談も掲載されていますよ。


ちなみに、わたくし空犬もアンケートに協力させていただきまして、推薦した本の1つがランク入り、冊子に推薦コメントを載せていただきました。何を推薦したかは、店頭のフェアと冊子とでご覧いただければと思います。


じんぶん大賞関連では、こんなイベントも予定されています。



『キノベス!』『紀伊國屋じんぶん大賞』授賞式&トークイベント いとうせいこう✕千葉雅也「想像する文学と哲学」」。サイトの案内を引きます。《この度、「キノベス!」第1位のいとうせいこうさんと、「紀伊國屋じんぶん大賞」第1位の千葉雅也さんによるトークイベントを開催いたします。ヒップホップから文学まで、多彩なフィールドで1980年代から活動されてきたいとうせいこうさんと、ドゥルーズ研究で哲学界にさっそうと登場し、セクシュアリティからファッション、美術まで幅広く論じ脚光を浴びる新鋭・千葉雅也さん。たまたま、時を同じくして大賞を獲られたお二人ですが、この絶妙な顔合わせは必見です! 「想像」はいかに語られるのか?――是非、生の舞台でお楽しみください》。


これはおもしろそうですねえ。組み合わせも、テーマも。2/26(水)、会場は紀伊國屋サザンシアター。18:00から表彰式で、18:30からトークイベントとのことです。チケットは発売中のようです。チケットや予約方法などの詳細は、こちらをどうぞ。イベントには、ぼくも駆けつける予定。楽しみです。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/2213-baa8066d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad