空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

往来堂書店の名物フェア「D坂文庫2014冬」が始まりました

往来堂書店の名物フェア「D坂文庫2014冬」が、本日、2/7から始まりました。で、昼休みを利用して、早速見てきましたよ。


1402027D坂2014冬 11402027D坂2014冬 21402027D坂2014冬 3

↑店頭の様子。場所はいつもと同じ、お店の入口、入ってすぐの正面、フェアコーナーです。


こうして、フェアの帯(デザインは共通ですが、それぞれに選書コメントが入った、タイトルごとに独自のもの)がかかった本がずらりと並ぶと、やはり壮観ですね。これは、写真やWebで済ませずに、ぜひ店頭の様子を実際に見ていただきたいです。


D坂文庫と言えば、選書もバラエティに富んでいて、発見があって楽しいんですが、ポスターやブックカバー、冊子といったグッズ類が充実していることでも知られています。イラストは、今回もミロコマチコさん。帯や冊子のデザインは往来堂書店の日比さん。今回にかぎったことではありませんが、大変に手間ひまのかかった、手作りの良さにあふれた、すてきなものになっています。毎回、開始日のぎりぎりまで作業しているそうなんですが、これらのグッズを手がけた日比さんに今日会ったときに話を聞いたら、前日の夜まで作業していたとかで、今日は腕が痛いと笑ってました。


1402027D坂2014冬 冊子1402027D坂2014冬 冊子2

↑フェアの全タイトルと選者のコメントが掲載されている小冊子。店頭を眺めた後で、この冊子を読むと、「あの本はこの方が選んでいたのか」などといろいろ発見があって、楽しいです。


なお、冊子は、往来堂書店のサイトからPDFをダウンロードできますがこちら、お店に行ける方は、ぜひ店頭で入手してください。


1402027D坂2014冬 カバー

↑こちらが、今回のブックカバー。「2014冬」と入っているのが、ご覧いただけるかと思います。つまり、このフェアだけのために作られたものです。前回もそうでしたが、毎年恒例のフェアに共通のブックカバーを作るならともかく、ふた月ほどのフェアのために、毎回独自のカバーまで作ってしまう、というのはすごいことですよね。手間も費用も大変だし、枚数だって読みづらい。余っても流用がきかない。なかなかできることではないと思います。


ふだんはブックカバーは断るんですが、「D坂文庫」のときだけはかけてもらっています。いただいたカバーは、「D坂文庫」を見にいけなかった方のために、beco cafeでの書店関連トークイベントで配布するつもりです。


1402027D坂2014冬 チラシ

↑葉書サイズのチラシ。同じ柄で、グリーンと赤の2種類あります。これがまたすてきな出来なので、店内に置いておくだけではもったいないからと、少しいただいてきました。お店をやってらっしゃる方で、置いてもいいよ、置きたい、という方がいらっしゃいましたら、ご一報ください。西荻窪のbeco cafeにも置いてもらおうと思っています。



1402027D坂2014冬 ステッカー

↑こんなものまで作られていました。ミロコマチコさんのイラストのシール。このほか、ポストカードも作られるそうなんですが(先に写真で紹介したグリーンと赤のチラシとは別のもの)、初日には間に合わなかったのだとか。どこまでも手を抜かない人たちなのです。


1402027D坂2014冬 買った本

↑今日買ってきた本。フェア開催中に何度か通うつもりなので、今日は2冊だけ。前から気になっていた本と、今日初めて知った本を1冊ずつ。こういうフェアでは、ふだんなら買いそうにないもの、手に取りそうにないものを混ぜて買うのが楽しいんですよね。


サイトでも選書やコメントは見ることができますが、やはり、フェアは、本が実際にずらりと並んでいるところを見ると、印象がまったく違います。隣同士に何が並んでいるかを見るのも楽しいし、誰が選んだものかを確かめずに、表1側の帯コメントだけを拾い読みするのもいい。これぞ、リアル書店の強みであり、リアル書店の楽しみの1つだと思うのです。東京近郊の方はぜひ店頭の様子を見に行ってみてください。


今回も、選書に参加させていただきました。何を選んだかは、稿をあらため、明日の記事でご紹介したいと思います。(でも、できれば、「おお、空犬は、こんなのを選んだのか」と、往来堂書店の店頭で出会っていただけると、とてもうれしいです。)


往来堂書店のフェア「D坂文庫2014冬」は、3/16(日)まで。おすすめです。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/2212-47503221
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad