空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

冬休みはひたすら本を読みたいのです

年末年始もお仕事の、小売り関係のみなさんには大変申し訳ない気もするんですが、冬休みを満喫中の空犬です。


この空犬通信をお読みになってくださるみなさま、今年もありがとうございました。だらだら書きで、長さの割に情報量の少ないブログが細々と続いているのは、イベントなどでお会いした折にいつも読んでるよと声をかけてくださったり、コメント欄で情報をくださったりするみなさんのおかげです。なにしろ、この書き手は割にしょっちゅう、しかも簡単にくじけそうになっているものですから(苦笑)、そういうのがなかったら、もうずいぶん以前にたたんでいたことだろうと思います。あらためて、ありがとうございます。


空犬通信ですが、冬休みの間は更新をお休みし、来年は仕事始めの1/6から再開したいと思っています。ふだんは、文章書きに時間がとられて、本を読む時間が十分にとれないという、本と本屋さんを紹介するブログの書き手としては、まったく、本末転倒としか言いようのない毎日を送っているものですから、休みの間ぐらいは、本とじっくり向き合おうと思うのです。


どうせなら、読む本も、ブログで紹介するための本や、本の本・本屋本・業界本はのぞき、純粋に趣味のものお話ものばかりにしようと、長めの小説を中心に、休みの間に読みたい本を、傍らに積み上げています。ふだんの積ん読本と違い、さあ読むぞ、とセレクトして積み上げた本たちは、背を眺めているだけで、楽しい気分になれますね(笑)。



2013年も、本と本屋さんの周辺では、いろいろなことがありました。本屋さんに関連する出来事で、個人的にいちばんうれしかったのは、『本屋図鑑』を出せたこと、そして、それが幸いにも比較的好評をもって受け入れられたこと。取材その他で協力くださった書店員のみなさま、本書をたくさん売ってくださった書店のみなさま、本書を買ってくださった本屋好きのみなさま、刊行記念イベントを開催してくださったり当方を呼んでくださっりしたみなさま、あらためてありがとうございました。


本屋さんに関連する出来事で、いちばん残念だったのは、海文堂書店が閉店になってしまったこと。いまでもまだぴんとこない感じがしています。まもなく手にできるであろう『ほんまに』15号に掲載されている、海文堂を愛したみなさんの文章を読むのが、とても楽しみですが、一方で、これで、海文堂書店のことにひとつの区切りがついてしまうような気もして(もちろん、それは「いいかたちで」という意味で、なんですが)、同時に、少しさびしい気にもさせられたりしています。


来年も、本のこと本屋さんのことを応援する文章を書いたり、本のこと本屋さんのことに関する情報を発信したり、本のこと本屋さんのことに関するイベントを企画・主催したり、など、自分にできることを自分にできる範囲で、続けていきたいなあ、と、なんとなく思っています。空犬通信と、空犬企画のイベント、来年もどうぞよろしくお願いします。


2014年は、本に関わるすべての方にとって、いい年になるといいですね。どうぞ、良いお年を。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/2191-c36254c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad