空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

「[街の本屋]海文堂書店閉店に思う」……『ほんまに』Vol.15がまもなく発売になります

当初、12/20の発売となっていましたが、12/26の発売になったそうです。



130922海文堂書店 ほんまに

↑↑海文堂書店を最後に訪れた日に平野さんからたくさんいただいてきた『ほんまに』Vol.15のチラシ。


《海文堂通信=月刊「海会」(カイエ)から【神戸】と【本】をテーマに誕生しました》(サイトより)という『ほんまに』。復刊第一号となる第15号の特集は、「新刊書店と本の話 [街の本屋]海文堂書店閉店に思う」。


海文堂書店の平野さんが、「ほんまに日記」で、こんなふうに紹介しています。《売れっ子美女作家複数参加。難解学者に切れ者編集者、女子の古本屋、現役男前&美人で才女書店員に、ポンコツ元書店員……、特選ミソと少しだけク○がごった煮、「ほんまに」でしか、「ほんまに」だからこそ、のラインナップ。詳細続報》(「ほんまに 第15号」)。


寄稿者と内容については、平野さんが「ほんまに日記」で、ゲラの写真と文章の一部を引きながら紹介していますので、下記の記事をご覧ください。ちなみに、夏葉社島田さんとわたくし空犬の本屋図鑑編集部も寄稿しています。



《予約受付は今のところ「くとうてん」サイトのみ》で、《なかよしの本屋さん、古本屋さんに置いてもらえるようお願いをします》とのことです。サイトはこちら。「ほんまに」は、以前は、首都圏だとジュンク堂書店などでも買えましたが、今回はリアル書店の扱いはどうなるんでしょうね。書店での扱いがわかりましたら、またこの記事に追記したり、ツイッターでお知らせしたりしたいと思います。


というわけで、『ほんまに』復活号となるVol.15の書店特集、海文堂書店と、町の本屋さんとに関心をお持ちの、たくさんの本好き本屋好きのみなさんに読んでいただければと思います。楽しみです。無事刊行されましたら、あらためて取り上げたいと思います。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/2184-1700017f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad