空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

ふたば書房、三省堂神保町、岡山ビブレ……新刊書店の開店・閉店いろいろです

書店の開店・閉店関連情報のまとめです。前回のまとめからあまり日が経っていませんので件数自体はとても少ないのですが、重要なニュースを含みますので、いったんまとめてご紹介したいと思います。(店名後ろのかっこ内の数字は坪数。)


●オープン


  • 1/24 ふたば書房東京丸ビル店(78;東京・千代田区)

京都のふたば書房は、東京初出店。場所は丸ビル4Fで、11/24に閉店となった青山ブックセンター(後述)の跡地とのことです。出店について、ふたば書房の社長さんのアカウント(@booksfutaba)の、12/1付けのツイートで、こんなふうに報告されています。《念願の書店部門が東京進出を決めました!場所は東京駅前 丸ビル4F。青山ブックセンターさんの後を引き継ぎ、来年1月24日(金)のOPENを予定。店舗デザインは京都マルイ店同様、アンジェが担当します。なかなか素敵なパースが上がって来てました。ふたば書房東京丸ビル店にご期待ください!》


関連記事は、こちら。「ふたば書房、東京に雑貨併設型書店 北欧文具なども販売 」(12/5 日経新聞)。《新店は丸ビル4階で、売り場面積は約260平方メートル。従業員は10人近く配置する。売り場の2割を文具や雑貨に充て...》とあります。


あと、すでに紹介済みで、新規案件ではありませんが、追加情報が出たということで、これも紹介しておきます。長らく工事が続いている京王線吉祥寺駅の駅ビルですが、こんな記事が出ました。「東京都武蔵野市、京王井の頭線吉祥寺駅「キラリナ京王吉祥寺」来年春開業!」(12/3 マイナビニュース)。


記事を引きます。《京王電鉄はこのほど、建替え工事を進めている井の頭線吉祥寺駅の駅ビルについて、2014年春に商業施設「キラリナ京王吉祥寺」として開業すると発表した》。


《「キラリナ京王吉祥寺」は地上9階、地下2階。敷地面積約3,400平方メートル、延床面積約2万8,000平方メートルで、施設のコンセプトは「いろんな私に出会える、私のお気に入り」。30代女性をターゲットとして想定し、仕事帰りや家事・育児の合間に、あるいは休日に夫婦やカップルで訪れる施設をめざすとのこと》。


まだオープンの時期は「春」とだけで、何月なのかもわかりませんが、名称が決まり、おおよそのフロア構成が発表されたことで、イメージが一気に具体的になった感がありますね。「キラリナ」というのは、調べた範囲では京王関連の商業施設としてはこれまでは使われたことのない名前。この吉祥寺が初めてかつ唯一のものになるのでしょうか。


気になる啓文堂書店吉祥寺店ですが、ショップについてふれた部分を引きます。《1〜6階は、これまで吉祥寺になかったファッションやオーガニックコスメ、ライフスタイル雑貨を中心にフロアを構成。7階は書籍・サービス、8・9階はホビーのフロアとなる。館内の各所にカフェを配置するほか、屋上に憩いの場となる庭園を設けるなど、ショッピングの合間にゆっくりと過ごせる施設も用意。地下1階には、質や目新しさにこだわった食品フロア「フードパルク」が新たにオープンする》。


啓文堂書店は7階に入るとありますね。フロアサイズはわかりませんが、どの程度の広さになるのか、同じ階に「サービス」とあり、何とフロアを分け合うことになるのか、気になりますね。「キラリナ」について、京王グループのリリースはこちらPDFファイルもあります)



●リニューアル


  • 11/29 三省堂書店神保町本店

営業しながらの改装作業が続いていた三省堂書店神保町本店。売場が改装前とはずいぶん変わりましたので、久しぶりの方はフロアマップを確認してから行かれるといいでしょう。リニューアルについては、こちらをどうぞ。各フロアの売場構成もお店のサイトで見られます。


1階、すずらん通り側の入り口の辺りが工事のためしばらく閉鎖されていましたが、改装前は雑誌コーナーだったこの一角に、雑貨屋さんがオープンしました。名称は「神保町いちのいち」。どんな「雑貨」になるのか、開店前から気になっていたので、早速訪ねてみました。


文具以外の雑貨も置いていますが、想像していたよりは文具が多い感じです。同店には3階に文具売場があり、リニューアル後も同じ場所で継続になっています。そちらは事務文具などがあり、まったく同じタイプの売場というわけではありませんが、そちらにも高級筆記具やおしゃれ文具などもあり、商品が一部重なります。売上を食いあうことにならないのか、もちろん出店にあたって、そのあたりの影響は十分に考慮されているものと思いますが、品ぞろえを見ていて、ちょっと気になったりしました。ちなみに、チケットぴあは元の場所で営業継続。


131202神保町いちのいち 1131202神保町いちのいち 2131202神保町いちのいち 3

12月末にかけて、4期に分けてのオープン記念イベントが予定されています。開店チラシ、裏面に一覧があります(写真、右下)


131202神保町いちのいち 4131202神保町いちのいち 5

●閉店


  • 11/15 白樺書房(愛知県名古屋市)
  • 11/24 有隣堂羽田空港店
  • 11/24 青山ブックセンター丸ビル店
  • 11/30 りろ書房(10;東京・狛江市)

白樺書房は、お店のサイトに告知が出ていますが、そのサイトのトップにあるとおり、《宝塚・鉄道でお馴染み》というお店で、《宝塚関連商品(ビデオ・CD・雑誌各種)の新品・リサイクル(中古)品・鉄道雑誌バックナンバー・書籍等、各種取り扱いしております》と、一風変わった組み合わせの専門性を打ち出していたお店。ユニークな取り合わせだと思うのですが、どちらのジャンルにも個人的にあまり縁というか関心というかがないもので、お店も訪ねたことがなく、どのようなお店だったのかは残念ながらわかりません。ですが、この路線で40年以上営業してこられたのだから、固定ファンもついていたはずで、利用者の方には残念なニュースでしょう。なお、店頭販売は終了となりましたが、通信販売は継続されるようです。


有隣堂羽田空港店は、第一旅客ターミナルビルB1Fのお店。第一旅客ターミナルビル2階出発ロビーゲート内の店舗は営業継続だそうです。お店の告知はこちら。空港の入り口で、これから旅に出るぞというお客さんを迎える立地にあった小さな書店がやっていけないのだとしたら、なんだかさびしい話です。


丸ビルの青山ブックセンターは、3月にリニューアルをしたばかりですが、改装から1年を待たず、閉店となってしまいまいた。お店の告知はこちら。「青山ブックセンター丸ビル店 閉店のお知らせ」。ただ、丸ビルから書店がなくなってしまうわけではなく、前述の通り、ふたば書房の東京初出店店舗が跡地に入ります。


りろ書房は、小田急線の和泉多摩川駅、南口を出てすぐのところにあった、まさに町の本屋さん、駅前の本屋さんというたたずまいのお店。『暮しの手帖』(61号)や『婦人画報』(2013年11月号、特集「本屋さんぽ」)などで取り上げられたこともあります。


創業は1971年といいますから、この地で40年以上続いてきたお店だったんですね。Webの地図で周辺を見ると、近くには書店がないようですから、近隣の本好きにとっては残念なニュースでしょう。同店の様子と閉店直前のことをブログに綴っている方がいらっしゃいました。こちら。同店の書皮をアップしているサイトもありました。こちら


もう一件、これは、「閉店」がはっきりと報じられているわけではないのですが、書店が入っている商業施設自体が閉店になるというニュースということで、ふれておきます。記事はこちら。「【山陽新聞】 岡山ビブレ来年5月閉店 イオン進出、相乗効果へ跡地活用」


岡山のビブレは、記事にもある通り、A館・B館の2つの建物からなりますが、うちA館には、ジュンク堂書店が2フロア(2・3階)で入っています。ジュンク堂書店岡山店は、もともとビブレに入っていた喜久屋書店岡山店が2010年に閉店したのを受け、跡地にできたお店。また、ジュンクと同じフロア(3階)に、ヴィレッジヴァンガードも入っています。


記事を見てみます。《流通大手・イオングループが運営する大型商業施設「岡山ビブレ」(岡山市北区幸町)が来年5月11日で営業を終了することが29日、分かった。道路を挟んだJR岡山駅南に来秋、グループの大型ショッピングセンター(SC)「イオンモール岡山」が開業するのに伴い、市中心部のファッションビルとしての役割を終える。跡地は新たな商業施設の整備も視野に活用策を検討する》。


《岡山ビブレは敷地面積約8090平方メートル。書店やアウトドア用品店が核テナントのA館(地上4階地下1階、13店)と、衣料品や雑貨店が入るB館(地上5階地下1階、24店)で構成し、売り場面積は計約1万6200平方メートル。10?20代の若者層を中心に集客し、ピークの1997年度は約100億円の売り上げがあったが、周辺施設との競争激化でここ数年は半分程度に減少していた》。


《イオンモール岡山を建設、運営するイオンモール(千葉市)の岡崎双一社長はこれまでに同施設の整備と併せて岡山ビブレを再開発する意向を示している。イオングループは、商業施設としての活用法を軸に、建物の改修や運営形態の見直しを含め検討していく方針》。


ジュンク他のテナントがどうなるのかは明記されていませんが、再開発後の商業施設にそのまま移行というのは考えにくい感じです。ジュンク堂書店は、似たパタンとして、大宮のロフトの中に入っていた大宮ロフト店が、ロフトの閉館によって、近くの高島屋へ移転、店名を大宮高島屋店として、リニューアルオープンした例があります。岡山店が今後どうなるのか、岡山駅周辺の書店事情への影響も含め、気になるところです。続報ありましたら、また取り上げたいと思います。


スポンサーサイト

コメント

おつかれさまです。岡山のジュンクさんと同じようなケースで、熊本の喜久屋さんがはいってるダイエーが閉店するようですね。http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20131130-OYS1T00653.htm

  • 2013/12/09(月) 10:43:46 |
  • URL |
  • mori009 #ILWriQ6E
  • [ 編集 ]

熊本の件

mori009さん>
いつもありがとうございます。

熊本の喜久屋さんの件は知りませんでした。
11月に訪ねたときはとくに変わりない様子
だったので、びっくりしています。

  • 2013/12/09(月) 21:24:05 |
  • URL |
  • 空犬 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/2176-5a859730
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad