空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

本を愛するということ……村山早紀さんの『ルリユール』

本の本、書店関連の本は、新刊案内や店頭で気になったものをまとめてときどき紹介しています。以前に取り上げたもので、別途くわしく紹介、としておきながら、イベントが入ったり、急ぎのネタがあったりで、すっかり遅くなってしまっているものがあります。2冊ほど、しばらく前に出た「本の本」関連で、印象的だったものをご紹介します。まずはこちらから。



ルリユール 書影

↑革背の古書を模したようなカバーがとてもいい感じです。


新刊案内でタイトルを見かけて以来、ずっと気になっていた本です。《謎のルリユール(製本)職人と弟子の物語。本への愛と人生の不思議な輝き》、こんな内容紹介を目にしてしまったら、『ルリユールおじさん』を愛読する身としては、装丁・造本全般に関心のある身としては、読まないわけにはいきませんよね。


で、楽しみに待っていたら、著者の村山先生に御本をいただいてしまいました。娘が大ファンの作家さんから本を送っていただいた、ということで、パパの株が格段にあがったことは言うまでもありません(笑)。村山先生、あらためて、ありがとうございました。


さて、そんなわけで、我が家に届いた『ルリユール』。すぐにも読みたいところをガマンして、ここは、本来の受取人である、我が家の本好き小学生が読み終わるのを待ってから手にしました。すると、我が子もパパも一気読み。親子で楽しめる物語でしたよ。もちろん、装丁・造本に関する予備知識などはまったく要りませんし、本好きならば誰でも楽しめる物語ですが、装丁・造本に興味のある人ならば、より深く物語を楽しめそうな感じでした。


作者の村山さんは、今回の作品のために、装丁・造本関連の資料をたくさん集めたと「あとがき」に書いていますが、わたくし空犬も、もともと、本、とくに物としての本にはひとかたならぬ思い入れのあるほうで、装丁・造本関係は昔から関心があり、目に付く関連本はたくさん買い集めてきました。そのような趣向の持ち主ですから、この作品で描かれている、本が自分だけの1冊に仕立て上げられる過程、壊れかけていた本が魔法のように甦る過程が楽しめないはずがありません。愛蔵の古書のいくつかを抱えて、自分でも黒猫工房(本書に出てくる製本工房)を訪ねてみたい気分にまでさせられました。(ただ、実際には、子どもの頃からの愛読書で、経年により、古び傷んでしまった本はあまりなくて、手元で、状態の悪いものは、どちらかというと大人になってから古書で買い求めたものが多いんですよね。その点は、(修復を要するものがなければ、それはそれでいいことなので、変な話ですが)自分でもちょっと残念な気がします……。)


「ルリユール」自体、お話のテーマとして、素材として、とても魅力的なものだと思うのですが、それをストレートに扱った児童書・絵本・YAは、そんなに多くはありませんね。このテーマで人に本をすすめる機会があったら、これまでは、絵本なら『ルリユールおじさん』、コミックなら『白い本の物語』をあげていましたが、これからは、YA〜一般の読み物ならばこの『ルリユール』をおすすめしたいと思います(ちなみに、『ルリユールおじさん』については、以前にこんな文章を書いたことがあります。「大人が読んでもおもしろい!理論社本 その6 『ルリユールおじさん』他」(吉っ読日記)



作品としては、大変楽しく読むことができ、とても満足なんですが、もしもちょっとだけものたりなく感じる点があったとしたら、帯のイラストにあるような、製本作業の過程のくわしい描写があまりなかった点でしょうか。主人公の人物設定上、製本作業が秘密のベールに包まれていること自体は物語的には自然なんですが、やはり製本がテーマな作品ですから、ページを切ったり折ったり縫ったり、折り丁を合わせたり、背にノリをつけたり、花切れやスピンを取り替えたり、汚れを落としたり……そういう作業を詳細に描写する場面があったら、より「ルリユール」の世界に、読者を引きつけられたのではないか、とそんな気がしました。それこそ、この本の読後に、装丁・製本関連の本も読んでみようかな、などと興味を持つ年若い読者が現れたら、すてきな話ですからね。


本の作り手としては、本はだれのために作られたものなのか、について、何度も考えさせられることになりました。この世に1冊の本を生み出すルリユールというのは、複製大量生産が前提の、自分がいま仕事で関与している商業出版とはいわば対極にあるものです。でも、どれだけ大部数が作られ、人口に膾炙した本であっても、読者の手に渡ったとたん、それはその人だけの1冊、なんですよね。そして、持ち主がその本にかける思いによって、どのような本も、作られた部数、流通している部数には関係なく、もちろん内容にも関係なく、この世に1冊の本になりうるのだと、そんな当たり前と言えば当たり前のことを、読んでいて何度も思わされました。


この本が、本そのものを愛する人たちにはもちろん、本をそのようなもの、つまり、修理してまで長く大事にするものだという意識を持って接することをしてこなかったようなタイプの本読みにも、ぜひ読まれるといいなと、心から思います。


1冊の本について、我が子といろいろ話ができたのが、きっかけで、いつになく、本の中身のことをいろいろ考えることができました。なので、ふだんは上っ面の紹介ばかりで、ろくに内容にもふれず、感想めいたことを書きもしないくせに、柄にもなく、だらだらと書いてしまいました。この本については、あちこちでふれられていますが、《美しい造本、製本、装幀を愛する人は、書籍の魂の輝きを知っている》《著者とともに本書を手がけた編集者、画家、デザイナーら製作関係者の書籍への愛が、オーラとなって立ち昇っているみたいな一冊だ》と、本の雰囲気を的確にすくいとって短文にまとめた書評も出ていますので、そちらもぜひ一読を。「【書評】『ルリユール』村山早紀著」


ルリユール サイン

↑ちなみに、手元の本は、村山先生のサイン本。我が子の名前まで入れてくださいました。しかも、かわいいイラスト入り。本を手渡された娘が、表紙を開き、見返しを目にしたときの、あの顔……ほんと、そのまま真空パックにして先生にお見せしたかったぐらいです。こういう場面に出会うと、たとえそれが自分で書いた本でなくても、自分で編集した本でなくても、自社の本ですらなくても、やっぱりうれしくなりますよね。本の仕事をしていてよかったと思わされたひとときでした。


なお、この本、こちらがこんなタイミングで取り上げるまでもなく、すでに評判のようで、発売後すぐに増刷になったようですし、さらに続編の刊行も決まっているようです。そちらも楽しみですね。


ところで。ある方から、近く、製本や書籍修復を手がけている、紙修復工房につれていきたいと誘われました。その方とは、『ルリユール』の話をしたこともなく、そもそも当方がこの本についてblogやツイッターでふれているのをお読みになったふしもありません。どこからそんな話を思いつかれたのか。ちょうど、作者の村山先生に、本のお礼を差し上げたり、またその返事をいただいたりしている最中のことだったもので、あまりの偶然にとてもびっくりし、また、思わぬつながりにうれしくなったりもしました。『ルリユール』自体がちょっと不思議なお話ですから、それを読んでblogで紹介しようとしていた身に起きたこととしては、ちょっとできすぎなぐらいのエピソードですよね。


次は、『古本の時間』を取り上げます。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/2163-f5d3aa60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad