空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

「町本会」を立ち上げます……西荻窪beco cafeで来年1月に書店テーマのトーク

西荻窪のブックカフェ、beco cafeで、ほぼ毎月開催している出版・書店関連テーマのトークイベントbeco talk先日の記事で、1/24の回を先にご案内しましたが、2014年最初のbeco talkは、今回ご案内する1/17の回になります。


    beco talk vol.12
    「町には本屋さんが必要です会議」
    〜町本会立ち上げ、公開企画会議

    日時:2014年1月17日(金)
    OPEN 19:00 START 19:30(〜21:30)
    会場:beco cafe(東京・西荻窪)
    会費:1000円(ワンドリンク付)
    出演:笈入建志(往来堂書店)、島田潤一郎(夏葉社)、空犬(本屋図鑑編集部)
    *11/18(月)から予約受付開始となります。

町の本屋さんはどうあるべきなのか。町の本屋さんは何をすればいいのか。町の本屋さんにいま何ができるのか。海文堂書店の閉店に危機を感じた本屋図鑑編集部と往来堂書店の笈入さんの3人が、本屋を愛するみなさん、本屋に関心のあるみなさんと一緒に考えてみたい、というのが今回のトークです。


話を1回限りのものに終わらせず、継続的かつ具体的に活動を続けていくために、「町には本屋さんが必要です会議」、略称「町本会」を立ち上げることにしました。このような趣旨の会です。


《町から「本屋さん」が消えつつあります。激しい競争、仕入の困難など様々に原因が語られますが、いま私たちに必要なのは町の人々に本当に必要とされる本屋のイメージではないでしょうか。「町本会」という場を通して、何から取り組むべきかを具体的に考えていきたく思います》。



これまで、このブログに駄文を連ねたり、イベントを企画したりと、誰に頼まれたわけでもないことをせっせとやってきましたが、それは、「本屋はやっぱりおもしろい!」ということを伝えたいという思いからでした。その思いには今も変わりはないのですが、ただ、ここ最近の本の世界をとりまく状況の厳しさを思うにつけ、単に「おもしろい」を連呼しているだけではダメなんじゃないか、さらに一歩踏み出さないとダメなんじゃないか、そんなことを思うようになりました。そして、そのような思いは、海文堂書店がこの9月に閉店したことで、さらに強いものになったのです。


同じようなことを、当方よりもさらに強く、そしてさらに真剣に考えていたのが、夏葉社の島田さんでした。我々は、本屋図鑑編集部として、『本屋図鑑』なる本を出したわけですが、そのような本を出しただけでいいのだろうか、という思いを、海文堂閉店が報じられて以降、ずっと抱いていました。そして、何かできないか、何をすべきか、相談を重ね、2人で考えたのが、この「町本会」です。


まだ何をすべきなのかは、よくわかりません。そもそも、このような大きなテーマですから、2人だけで何かができるなどとは思っていません。だから、『本屋図鑑』が生まれたときと同様、その相談の過程も公開することで、同じような関心をもつみなさんの力も借りて、一緒に考えたいと思いました。また、出版社の立場だけでなく、書店の人に関与してほしいということで、往来堂書店の笈入さんにも加わっていただき、3人でまずは始めようということになりました。


今回は、副題に「公開会議」とある通り、こちらであらかじめ決めておいたことを、一方的に発表するようなトークではありません。おそらく、ああでもない、こうでもない、といった話になるでしょうし、1回の集まりで具体案を出せるわけでもないでしょう。その場で結論を出せるようなトークにはならないだろうと思いますが、本屋さんのことを真剣に考えてみたい、一緒に考えてみたい、というみなさんに集まっていただければ、こんなにうれしいことはありません。


予約は、11月18日(月)に受付開始となります。予約は、空犬ではなく、お店での受付になりますので、beco cafeにご連絡ください。


イベント終了後は、いつものように、お店の閉店までドリンクタイムとして、出演者とお客さんのみなさんでお酒を飲みながらおしゃべりを楽しめる時間ももうけています。トークの途中には、質疑応答の時間はもうけませんので、ぜひトーク後のドリンクタイムに残って、出演者に話しかけたり質問したりしてください。


予約方法や、beco talk自体の説明、今年のbeco cafeイベントのラインナップなどにつきましては、こちらの記事(2013年前半の分はこちらをご覧ください(記事の下のほう、出演者のみなさんのプロフィールの前に、イベントに関する詳細・注意事項などをまとめてあります)


2014年のbeco talkは、今年同様、ほぼ毎月開催を目指して、いろいろ企画を考えています。これまで、出版・書店関係のテーマで続けてきましたが、2014年はこれまで以上に書店寄りのテーマを中心に、企画を考えようと思っています。



出演者プロフィール

笈入建志(おいりけんじ)
1970年生まれ。東京・千駄木の往来堂書店店長。大型書店勤務を経て、2000年より同職。
http://www.ohraido.com/ twitter:@ohraido


島田潤一郎(しまだじゅんいちろう)
1976年生まれ。株式会社夏葉社代表取締役。『レンブラントの帽子』『昔日の客』『さよならのあとで』『冬の本』『本屋図鑑』などを出版。
http://natsuhasha.com/ twitter:@natsuhasha


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/2160-5f4c1a1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad