空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

中井英夫、黄金仮面、古書ミステリー……乱歩関連ニュースです

すごーく久しぶりの乱歩関連ニュースです。まずは、先日報道された、こちらから。



《ミステリー史に残る名作「虚無への供物」の作者、中井英夫(1922〜93年)が同作の完成を江戸川乱歩に報告する手紙が初公開される》って! よくぞこんなものが残っていたものだ、と驚かずにはいられません。中井英夫、乱歩、両者を愛する読者にとっては、まさに驚喜驚愕としか言いようのないニュースですね。


記事の一部を引きます。《50年前の手紙で乱歩の遺品の中にあったが、一般にはほとんど存在を知られておらず、敬愛する大作家に自信作を読んでもらいたい中井の恋文のような思いがにじむ》。今すぐ読みたい、手にしたいと思わせる紹介の仕方ですよね。


《手紙は塔晶夫名義で、63年2月の日付。同作を完成させた中井は編集者に後編の原稿を渡したことを報告し、「先生お一人に見ていただければと考えておりました作品(中略)ぜひ御眼通しを」と思いを吐露。「現実と寸分隙のない形での非現実世界の犯罪を(中略)お眼にかけられるかと」と、自負もつづっている》。


《中井英夫の助手で文筆家の本多正一さんは「敬愛する作家に対する恋文と同時に挑戦状のような内容だ。前半を『冗談小説』と読まれてしまい、ぜひ乱歩に完成した作品を読んでほしいという思いが感じられる」と話している》。


いやはや、これはたまらんなあ。乱歩者でなくても、中井読者、『虚無への供物』愛読者ならば、絶対に気になりますよね。


公開となれば、すぐにも駆けつけたいところですが、《11月9日から北海道小樽市の小樽文学館で行われる「没後20年 中井英夫展」で展示される》とのこと。嗚呼、北海道ですか……。中井英夫展、関東にも巡回で来ないかなあ。


乱歩関連で、「発見」ネタでは、少し前ですが、これもありました。





読売のほうは、残念ながら、記事のリンクが切れていますので、47NEWSのほうから引きます。《少年探偵団シリーズなどで知られる作家江戸川乱歩(1894〜1965年)の戦前の代表作の一つ「黄金仮面」の生原稿453枚が、12日までに発見された。1930年から約1年間、講談社の大衆娯楽誌「キング」で連載された作品で、名探偵明智小五郎と怪盗の闘いを描く。戦前の乱歩作品の完全原稿が見つかるのは極めて珍しい》。


《講談社によると、原稿は展示会などに貸し出されていたが、86年以降に所在が分からなくなった。95年に死去した同社元編集者の家族が、会社から届いた遺品の中から発見。元編集者が所持していた経緯は不明という》。古書店に流れたり、処分されてしまったりしなくて、ほんとに良かったですねえ。


続いて、関連書籍・雑誌をいくつか。



『変格探偵小説入門』は、書名通りの内容の本で、版元の案内によれば、《江戸川乱歩,横溝正史,小酒井不木,夢野久作,橘外男,渡辺温,久生十蘭,西尾正…….彼らはみな,「謎解き」を主とした本格探偵小説とは異なる要素を重要視した「変格探偵小説」の書き手である.「本格」の枠を超えた豊饒さで読者を魅了し,今日まで途絶えることなく受け継がれてきた「変格」の精神史を,豊富な資料から論じる》という内容。


買っただけでまだ読んでませんし、乱歩がどのように論じられているのか、作品は何が取り上げられているのかもチェックしていませんが、好みの名前ばかり並ぶ目次を眺めているだけで、わくわくします。


『古書ミステリー倶楽部』は、古書をテーマとするミステリー短篇を集めたアンソロジー。《江戸川乱歩の名作「D坂の殺人事件」は古本屋の女房殺しを描いたものである。これは乱歩が本郷団子坂で古書店を営んでいた経験が執筆の契機だった。新刊書と違い、複数の人の手を経た本には、持ち主の書き込みや挟み込みがあったり、本自体の来歴にも謎めいた要素が尽きない。そんなミステリアスな古書を題材に、斯界の名手たちが腕をふるった傑作アンソロジー!》と、版元の案内にはあります。


ちなみに、乱歩の収録作品は、D坂ではなく、なんと、イラスト。「貼雑年譜」から引用された「三人書房」の絵が、口絵として収録されています。


『小説宝石』、特集は「愛と官能の美学」なんですが、お目当てはそっち、じゃなくて、付録のほう。別冊付録として、「手塚治虫、横山光輝、江戸川乱歩 懐かしき『少年』の世界」がついています。このタイトルだけではどんな付録かがわかりにくいのですが、現物を見てみたところ、3人の作品が各1編ずつ収録された文庫判の並製本でした。手塚はアトム、横山は鉄人で、乱歩は「妖人ゴング」。


うーん、これ、なんか微妙な付録だなあ。手塚、横山の作品はさておき、ここでは乱歩のだけにふれますが、作品は、ふつうに光文社文庫他で読めるものが、そのまま収録されているようです。新発見の別バージョン、現行の文庫・単行本などで読めない版など(もちろん、いずれも、そんなのがあるとは聞いたことがありませんが、たとえ話として)ではありません。また、立教大学江戸川乱歩記念大衆文化研究センターが発行している雑誌『大衆文化』が載せたような翻刻でもなく、当時の掲載紙面を再現したものでもありません。


当時の掲載紙面を再現については、光文社文庫で以前出ていた『「少年」傑作集 小説・絵物語編』では、掲載の作品全部がそうではないけれど、一部の作品について、掲載当時の紙面を挿絵も含めて再現したものが掲載されていました。このような趣向でもあれば、乱歩ファンは、この付録のため「だけ」にでもお金を出したと思うのですが……。ちょっともったいなあ、と思ってしまいました。


澁澤の『推理小説月旦』、本稿執筆時点では、版元のサイトには書誌情報があがっていませんが、帯には同社の50周年記念出版だとありました。新刊案内の文言を引きます。《「推理小説はペダンティックでなければならない」―スタイリスト・澁澤龍彦の面目躍如たるミステリー時評、さらには、E.A.ポオ、江戸川乱歩、小栗虫太郎、夢野久作、久生十蘭、中井英夫ら偏愛する作家たちへのオマージュなど、“ミステリー”に関する論考、エッセイを初めて集成!》 目次には、「江戸川乱歩『パノラマ島奇談』解説」などの項目も見えます。


『日本推理小説論争史』は、『小説推理』の連載を単行本化したもの。《松本清張、佐野洋、都筑道夫、高木彬光、江戸川乱歩…。おのれの理念をかけての筆ゲンカ。明治から平成まで、日本の推理小説をめぐる論争について解説する》という1冊。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/2144-36c5394b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad