空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

奇妙な味、異色作家、ふたたび……扶桑社ミステリー『予期せぬ結末』がすばらしい

扶桑社ミステリーで、刊行が始まっている短篇シリーズ『予期せぬ結末』。第1巻のコリアと、第2巻のボーモントを続けて読了しました。



この手の「奇妙な味」はやっぱりいいなあ。早川の「異色作家短篇集」(空犬が愛してやまない、人生でもっとも好きな叢書の1つです)が好きな人にとっては、まさに必読の2冊といっていいでしょう。


コリアもそうだけど、よりによって、ボーモントが、まさか新刊文庫で読めるとはなあ(涙)。傑作ぞろいの「異色作家短篇集」のなかでも、鮮烈な印象を残す1冊『夜の旅 その他の旅』を愛読してきた身としては、こんなにうれしい文庫化はありません。


コリアについては、こちらの書評を。「『予期せぬ結末1 ミッドナイト・ブルー』 ジョン・コリア著、井上雅彦編」(6/12 読売新聞)。ボーモントについては、牧眞司さんのこちら一文をお読みください。【今週はこれを読め! SF編】"奇妙な味"の一等星ボーモント復活!(10/8 NEWS本の雑誌)。


発行元の案内、「扶桑社ミステリー通信」によれば、《その後の予定としましては、ロバート・ブロックのミステリー短篇をちゃんとまとめておかないとな、という強い使命感があります。それから、伊藤典夫先生訳のものをすべて集成したリチャード・マシスン短篇集の版権を前任者がおさえておりますので、ご期待ください》とあります。これは、シリーズ続刊にも期待が高まりますね。楽しみです。


スポンサーサイト

コメント

ブログで紹介させていただきましたー

おはようございます。はじめてコメントします。
前回のbeco talkに参加した図書館のものです。
「予期せぬ結末」、私のブログで紹介したのですが、
あわせてこちらのブログについてもリンクさせていただきました。
(トラックバックもしています)
事後報告で申し訳ありません。

1月のbeco talkもおもしろそうですね。
楽しみにしています。

  • 2013/11/15(金) 07:35:52 |
  • URL |
  • のんのん #-
  • [ 編集 ]

予期せぬ結末

のんのんさん>
訪問&コメント、そして、beco talkのときは
ありがとうございました。

「予期せぬ結末」、いいですよね。
こちらへのリンクもありがとうございます。
リンクは今後も気になるものありましたら、
ご自由にお願いします。

1月の2つは、どちらも書店テーマの
おもしろいものになりそうで、自分でも
楽しみにしています。よろしければ、また
遊びに来てください。

  • 2013/11/15(金) 22:30:51 |
  • URL |
  • 空犬 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/2140-05b51da6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

036/予期せぬ結末 ミッドナイト・ブルー

036/予期せぬ結末1 ミッドナイト・ブルー 扶桑社ミステリーから、出ていますが、 裏面の解説には「異才ジョン・コリア」とあったり、 「異色作家短編シリーズ」とあったり。どうやら一筋縄ではいかない感じ。 この本は、最近さまざまなことで、とても参考にしている 空犬さんのブログ(空犬通信)で知りました。 もともとガイブンに明るくないので、短編というのはとても助かります。 シ...

  • 2013/11/15(金) 07:22:06 |
  • nonnon Books

FC2Ad