空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

ブックオカ2013「書店員ナイト」に、「本屋図鑑編集部」が出演します

『本屋図鑑』関連イベントのまとめ記事のなかでもふれましたが、大事なイベントなので、あらためてご紹介します。福岡の地域ブックイベント、ブックオカ。期間中の3連休初日、11/2に開催される、毎年恒例の「書店員ナイト」に「本屋図鑑編集部」がゲストとして出演することになりました。


    書店員ナイト in 福岡
    日時:11月2日(土)20:00〜
    場所:リブラボ(中央区大名1の6の8 2階)
    会費:3000円(懇親会費込み)

サイトには《毎年恒例の現場書店員・出版社・本好き有志の交流会。今年のゲストは話題の『本屋図鑑』を出版した吉祥寺の小さな出版社・夏葉社の代表島田潤一郎さんと執筆者の空犬太郎さんです》とあります。『本屋図鑑』に関するトークをすることになるようです。


イベントは要予約で、サイトに予約フォームがありますので、そちらからお申し込みください。島田さんはあちこちでひっぱりだこですが、空犬込みの本屋図鑑編集部2人セットで呼んでいただけるのは滅多にないこと(大阪以来のことです)ですし、『本屋図鑑』刊行関連のトークとしてはおそらく最後のものになるかと思います。ぜひこの機会に、『本屋図鑑』の取材裏話を聞きに来ていただければと思います。


イベントの詳細がなかなか発表されず、やきもきさせられた今年のブックオカ2013ですが、発表されたイベントを見ると、今年も本好きの興味を引きそうなものがずらりと並んでいますね。本の本がらみでは、『本屋図鑑』とも縁がないわけではないみなさんが出演する、こちらのイベントも気になります。


    「ブックカフェ & NEW WAVE古書店の つくりかた」
    日時:11月3日(日)18:00〜
    場所:ヌワラエリヤ(中央区赤坂1の1の5 2階)
    会費:3000円(懇親会費込み)

サイトの案内を引きます。《東京・荻窪のブックカフェ「6次元」の中村邦夫&道前ひろこさん、そして沖縄・那覇の小さな古本屋「ウララ」の宇田智子さん、さらに京都「古書ダンデライオン」の中村明裕さんが一堂に会し、ブックカフェ・古書店を開いたいきさつや現状を熱く語る空前絶後のトークライブ!》


同じ中央線沿線で、お店にもおじゃましたことのある6次元のお二人、この夏何度も店頭で新刊が一緒に並ぶことになった宇田さん、このブックオカの一箱古本市でお会いしたダンデライオン中村さんと、個人的にも縁のある方が集まるこのイベント。メンバーもすばらしいですが、テーマがブックカフェとニュウェーブ古書店というのもいいですね。こちらも要予約イベントです。


その他のイベントは、こちらをご覧ください。



『本屋図鑑』・吉祥寺関連ではこれもあります。「第3回 書店フリペの世界展」。《今年で3回目、全国の本を愛する書店員が作ったフリーペーパーがブックオカに集結!》というこのフリペ展、今年も「ブックトラック」が参加させてもらえることになりました。


配布予定のフリーペーパーは、《「ハセガワしんぶん」(長谷川書店)、「はれどく」(全国の書店員による書店横断フリーペーパー)、「えほんっておもしろい」(丸善博多店)、「徳政令」(ブックスルーエ)、「クロクロ」(黒木書店井尻店)、「次読むならコレにしやぁ〜!」(精文館書店中島新町店)、「La!BUNKO」「ナガショ通信」(長崎書店)、「ブックトラック」(吉祥寺&三鷹の書店合同フリペ)、「31文字の可能性。」(書肆侃侃房)、「キューブリックマガジン」(ブックスキューブリック)など》とのことで、配布店は、紀伊國屋書店福岡本店、黒木書店井尻店、ジュンク堂書店福岡店、ブックスキューブリック(けやき通り店、箱崎店)、丸善博多店、リブロ福岡天神店とのことです。


開催期間は、11/1〜20。配布店によって、配布フリペが異なるそうですので、書店フリペ好きはぜひ各店でのチェックをお忘れなく。


なお、フリペ展で配布する「ブックトラック」、この夏はいろいろあって、発行が遅れていましたが、10月下旬に発行の第5号になります。吉祥寺の書店の変化、『本屋図鑑』のこと、海文堂書店のことの3本立ての内容になる予定で、現在鋭意編集作業中です。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/2135-e9ab8349
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad