空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

パルコブックセンター吉祥寺店、リニューアルオープン 前編

しばらく前の記事で紹介済みですが、改装・改称のため、元の店舗を一時閉店、場所を移して仮店舗営業をしていたリブロ吉祥寺店が、先日9/13、パルコブックセンター吉祥寺店として、新たにオープンとなりました。


関連記事はこちら。「リブロ吉祥寺店、パルコブックセンターにリニューアル」(9/6 新文化)、「「パルコブックセンター」本日オープン-リブロ吉祥寺店がリニューアル」(9/15 吉祥寺経済新聞)。サイトの案内はこちら。「9月13日(金) リニューアルオープン」(リブロ「新着情報」)。同店については、空犬通信でも何度もふれていますが、一時閉店の経緯についてはこちらを、仮店舗の様子はこちらをご覧ください。また、リブロ→PBCの先例ということで共通点なども多い、渋谷店の改装直後の様子についてはこちらをご覧ください。


新文化の記事を引きます。《「吉祥寺スタイル」・「コミックギャラリー」コーナーを設けるほか、文具・雑貨コーナーを拡大する。「吉祥寺スタイル」は多目的イベントスペースとしても活用。環境に配慮し照明は全てLED化。また、レジ・什器位置の変更も行う。店舗面積は約245坪。営業時間は午前10時から午後9時まで。店長は栗田克明氏。公式ツイッター@parcobookcenterでは、イベント情報なども発信している》。


オープン当日の様子を、会社帰りに見てきましたので、売場の写真を中心にご紹介します。(以下、店内の様子は9/13の夜時点のもので、写真はお店の方に断って撮影したものです。店内の混雑する夕方から夜にかけての取材だったため、お客さんの写り込みを避けるため、不自然なアングルやトリミングになっている写真がありますが、ご了承ください。)


130913PBC エスカレータ右脇130913PBC 吉祥寺スタイル 入り口130913PBC エスカレータ左脇

↑エスカレータを降りると、このような感じ。右にはPBCのロゴ、左にはイベントなどの案内を含むリニューアル告知ポスターが見え、正面は「吉祥寺スタイル」というスペースになっています(後述)
130913PBC フロア案内130913PBC フロアガイド130913PBC レジ

↑柱にはフロア全体のマップ。この柱の脇にPBC店内のフロアガイドが、裏側に検索機があります。改装前はエスカレーター脇の位置にあったレジの位置が、建物の北側、上りエスカレータ側に変わっています。


場所はB2Fワンフロアで変わらず。エスカレータ逆側、上り口の辺りは、改装前はフェアなどの場所に使われていましたが、その一角にスマホのアクセサリショップが入りました。先の記事にありました通り、総売り場面積は245坪ですから、ほとんど変わらずといっていいでしょう。


通路が以前よりも広めにとられ、全体にゆったりした印象になりました(訪問時、たまたま車いすのお客さんがいらっしゃいましたが、雑誌棚の間の通路なども、問題なく移動できていました)。フロア中央部分の什器の高さがほどほどにおさえられているため、フロアの見通しがよく、また、後述するオレンジのイメージが効いているため、以前よりも明るい印象になった感じがします。


本の在庫は全体に少し減らしたそうですが、レイアウトの工夫や什器の配置のせいか、本が少ない、減った、という印象は受けませんでした。


では、以下、店内の様子を順に見ていきます。まずは、今回の改装の目玉の1つ、改装前、洋書・芸術書などが置かれていた一角をぜいたくに使った新設の「吉祥寺スタイル」。


130913PBC 吉祥寺スタイル 案内板130913PBC 吉祥寺スタイル 1130913PBC 吉祥寺スタイル 2
130913PBC 吉祥寺スタイル 3130913PBC 吉祥寺スタイル 4130913PBC 吉祥寺スタイル 5

名前の通り、吉祥寺にちなんだ本がたくさん並んでいます。吉祥寺本にかぎらず、広くフェアにも使われるようです。フロアの中央部分にある平台は可動式になっているため、中央を広く開けて、トークや講演・サイン会などのイベントスペースにも使えるようにデザインされているそうです。20人ぐらい入りそうな感じです。


130913PBC 吉祥寺スタイル 吉祥寺本1130913PBC 吉祥寺スタイル 吉祥寺本2130913PBC 吉祥寺スタイル 吉祥寺本3

奥の棚は、広義の吉祥寺本を集めた棚になっています。地元作家・作品については、お隣三鷹駅近くの啓文堂書店三鷹店も力を入れていますが、こちらも負けていません。ご覧の通り、4本の棚をフルに使い、文芸作品にコミックに児童書に実用書にと幅広いジャンルから、地元作家作品や吉祥寺が舞台の作品など、タイプの異なる本がたくさん集められています。このジャンルは、ぼくも強いつもりでいましたが、吉祥寺関連だと知らない本がいくつも目につくなど、楽しい発見がありました。



エスカレータ側から見て、右側の壁面はギャラリーのようになっています。現在は、吉祥寺の出版社、夏葉社の『本屋図鑑』関連の展示、「『本屋図鑑』たった一度のTシャツ展」が開催中です。


130913PBC 本屋図鑑Tシャツ展1130913PBC 本屋図鑑Tシャツ展 あいさつ130913PBC 本屋図鑑Tシャツ展 原画

『本屋図鑑』で取り上げたお店のうち、20店のイラストをTシャツにして、展示・販売するもの。数にかぎりがあり、売れたら補充はないようです。初日から好調に売れているそうで、デザインによっては、早くも切れてしまったものもあるようです。ご興味のある方は早めにのぞいてみてください。得地直美さんの原画イラストも数点、展示されています。


リブロのテーマカラーはブルーですが、パルコブックセンターと言えば、オレンジ。店内のあちこちに、オレンジがあしらわれています。


130913PBC オレンジ 1130913PBC オレンジ 2

↑吉祥寺スタイルの上に見えるロゴと、レジの奥に見えるロゴ。


130913PBC オレンジ 棚1130913PBC オレンジ 棚2

↑什器の側面にもオレンジが。白のストライプが効いています。


130913PBC オレンジ イス130913PBC オレンジ  告知

↑店内あちこちに貼られているイベント告知などのポスター類も、枠がオレンジに統一されています。座り読み用のイスもオレンジでした。


130913PBC オレンジ  カバー130913PBC オレンジ ビニール表130913PBC オレンジビニール裏

↑ブックカバーもビニールも、もちろんオレンジです。ビニールは裏がリブロのロゴになっているんですね。渋谷のもそうなのかな。今回初めて気づきました。


次に、平台やフェアを見てみます。レギュラーの棚のエンドの平台のほかに、あちこちに独立した台が設けられています。


130913PBC 平台・フェア 文芸130913PBC 平台・フェア 東欧130913PBC 平台・フェア 怪獣
130913PBC 平台・フェア 吉祥寺130913PBC 平台・フェア 映像化130913PBC 平台・フェア  ビジネス

↑平台、いろいろ。


130913PBC 平台・フェア ワールドフォト130913PBC 平台・フェア 手帳130913PBC 平台・フェア 

↑開催中のフェア3種。


さて、ここからは、各ジャンルを見ていきます……としたいところですが、ここまででずいぶん記事が長くなってしまいましたので、いったん稿を分けます。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/2128-f0195aa8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad