FC2ブログ

空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

beco talk第5弾は書店ミニコミがテーマ……予約、本日からです

西荻窪beco cafeで、ほぼ毎月開催している出版・書店関連テーマのトークイベントbeco talk、第5弾のご案内です。来年2月に、こんなイベントを開催します。


    beco talk vol.5 公開講座
    こんな店、知ってる? 「本屋さんか」とミニコミの時代
    日時:2013年2月15日(金)
    OPEN 19:00 START 19:30(〜21:30)
    出演:どむか(書店マニア)、空犬(吉っ読・空犬通信)

80年代に発行されていた幻の書店ミニコミ『本屋さんか』。その作り手に、現代版&blog版「本屋さんか」=空犬通信の主催者が、書店テーマの情報発信の「これまで」と「これから」の話をうかがう、そんな内容のトークイベントです。


『本屋さんか』については、以前にこんな記事を書いていますので、よろしければ、そちらもご覧ください。


今回のトークイベントは、以下のような三部構成を考えています。
1)「本屋さんか」の時代
2)あちこちの書皮、あちこちのお店
3)書店ミニコミの今後


「「本屋さんか」の時代」では、ミニコミ「本屋さんか」が発行されていた時代、1980年代の書店と書店をとりまく状況についての話を、現在blogで似たようなテーマを扱っている立場から、わたくし空犬が、当時、どのように取材したり、情報発信したりしていたのか、あれこれ質問をしながら、どむかさんから聞き出したいと思います。


どむかさんといえば、書皮(=書店のブックカバー)コレクターとしても有名です。「あちこちの書皮、あちこちのお店」では、書皮マニアでもあるどむかさんに書皮コレクションの一部を見せていただきながら、「本屋さんか」時代、どのように書皮を収集したのか、収集のために訪問した書店、思い入れのある書店の思い出を混ぜて語っていただきます。


「書店ミニコミの今後」では、「本屋さんか」のようなミニコミと、現在我々が行っているようなFacebookやTwitter、blogなどのデジタル媒体での情報発信、さらに、一部の書店で熱心に行われている書店フリペなどを比較し、こうしたミニコミ・ブログ・フリペなどで書店関連情報を取り上げることの意味や、今後そのような紹介方法がどうなっていくのか、について、お互いの「書店情報発信観」のようなものを語り合います。


企画した自分が言うのもなんですが、書店に関心のある書店好きのみなさんには、非常に興味深い内容になるのではないかと思います。また、blog他で書店についての文章を書いてみたいという情報発信側の立場の方にとっても、いろいろと参考にもなるかと思います。そして、こうした書店マニアの訪問を受ける書店の立場のみなさんにとっても、書店マニアが、お店のどこをどんなふうに見ているかを知る、貴重な機会になるのではないかと思います。


予約は、本日、12月16日(日)から受付開始です。beco cafeに、電話・メール・ツイッターなどで直接お申し込みください。(追記:予約終了しました。)


イベント終了後は、いつものように、お店の閉店まではドリンクタイムとして、出演者とお客さんのみなさんでお酒を飲みながらおしゃべりを楽しめる時間ももうけています。イベントでは、質疑応答の時間はもうけませんので、ぜひトーク後の時間に出演者に話しかけたり質問したりしてください。また、beco talkは、出版・書店関係の方が来てくださることが多いようですので、ぜひ同業同士、会場で楽しく情報交換していただけるとうれしいです。もちろん、業界外の方も大歓迎です。


それでは、2/15(金)、西荻窪beco cafeで、みなさまのお越しをお待ち申し上げております。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/1983-94e62d5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)