FC2ブログ

空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

beco cafeの古書棚に出品します

先日の記事でご案内しました通り、西荻窪のブックカフェ、beco cafeがちょっとだけ改装、明日リニューアルオープンとなります。今日は、関係者で、リニューアルを祝う、前祝い会をやってきました。楽しかったなあ。


今回のリニューアルの目玉の1つは、本の販売の開始。新刊と古書の両方の扱いがあるのですが、うち、古書棚については、beco cafe関係者数人で手分けして本を出品し、棚を埋めることになりました。


古書棚の選者は、まあぶる舎さん、夏葉社の島田さん、そして、わたくし空犬の3人。まあぶる舎さんは古書関係の方なんですが、島田さんと空犬は、ただの古本好きで、素人です。なので、それなりの棚にしかならないかもしれませんが、そこは、素人がすること、ということであたたかい目で見ていただければと(苦笑)。


空犬書房 プレート

↑こんなショップカードも作っちゃったりして。


西荻窪と言えば、音羽館さん、盛林堂さん、にわとり文庫さん、しばらく前に新しくできたモンガ堂さんほか、いくつもの個性的な古書店が集まっている、古本好きにも人気の街です。うち、盛林堂さんのように、棚を複数の出品者で分け合うモール形式をとっているお店がすでにあります。そのようなプロの手になるプロのお店が近くにあるわけですから、beco cafeが付け焼き刃で古書を扱ったところで、対抗できるわけもありませんし、そもそも最初から「対抗」などという恐れ多いことも考えていませんから、張り合おうなどというつもりは毛頭ありません。。


ちなみに、ぼくの出す本ですが、最近買って読んだ本を並べただけの、新古本だらけの棚になっちゃったらつまらないので、それなりに、自分の得意分野の本を集めてみました。ただ、当然のことながら、手放したくない本は出さないし出せないから、となると、微妙なものを放出することになるわけで、その意味では、我ながら、けっこう微妙なセレクトかも……。このセレクトで、「うわ、こんな本を選んでるのか」などと判断されちゃったら、困るなあ(苦笑)。こんな路線です、とひとことで言えるような特色を出せるほど、点数自体がないのですが、一応、SF関連(サンリオSF文庫とか古い創元SF文庫とか)や、本・書店・出版関連の本は、複数出すつもりです。


空犬書房 ジャンル表示1空犬書房 ジャンル表示2

↑空犬書房の棚なので、当然、こういうジャンルの本が置いてあったりします。


プロのみなさんはもちろん、一般の古書好きの方から見ても、お遊びにしか見えないようなものだと思いますが、beco cafeに飲食に来られた際には、ぜひ本の棚も見ていっていただければと思います。青衣茗荷さんの手になる、すてきなブックカバーもかかりますので。


beco cafeブックカバー

↑beco cafeのブックカバー。


青衣茗荷 の文芸通信 7号

↑ブックカバーのイラスト・デザインを手がけたのは、「文芸通信」の青衣茗荷さん。最新、第7号が届きましたので、凝りに凝った封筒と一緒に紹介しておきます。




beco cafe 古書棚全貌

↑これが、古書棚。


beco cafe新刊平台 晶文社

↑新刊は、このように平台に並べられています。初回は、晶文社のフェア。


beco cafe ハマザキカク棚

↑その他、イベント連動の棚も用紙しました。今日までは、beco talk vol.2出演者のハマザキカクさん関連本を集めたコーナーでしたが……。


beco cafe いか文庫棚

↑今日から、来週、11/16開催のbeco talk vol.3出演者のいか文庫のコーナーに変わりました。


いか文庫新聞 3号

↑その「いか文庫」が発行しているフリペ。「エア社員旅行」って(笑)。


beco cafeリニューアルに集まった人たち

↑本日のbeco cafeリニューアルオープン、プレ祝いパーティに集まった人たち。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/1957-d3e325d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)