FC2ブログ

空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

渋谷パルコ、八重洲シャンテ、おおさきや書店……新刊書店の開店・閉店いろいろです

《8月末〜9月初めの案件がいくつか重なりましたので、まとめて紹介》としたのが、ほんの10日ほど前なのに、早くもいろいろたまってきましたので、まとめます。今回は、リニューアルが多めです。

●オープン


  • 9/14 ヴィレッジヴァンガードフリークス渋谷パルコ
  • 9/15 らしんばん横浜店(30)
  • 9/21 文教堂杉田とうきゅう店(80)
  • 10/ 5 八重洲ブックセンター日比谷シャンテ店(189)
  • 10/ 6 宮脇書店イオン高松店(320)
  • 11/28 文教堂書店?店

渋谷パルコ6FにできたVV新店は、「ヴィレッジヴァンガードフリークス」という名前になっています。サイトによれば、《普通のヴィレヴァンはもう飽きた!よりマニアックに、より(店長の)欲望を追求した店舗が渋谷パルコに誕生!アニメ・コミックス・フィギュアなどなどそっち系に偏りまくったお店です!あなたの中に眠っている新たな欲望を刺激させます!》というお店だそうです。


渋谷パルコと言えば、しばらく前の記事で取り上げた通り、地下のリブロがパルコブックセンターとして生まれ変わったばかり。さらに。今日知ったのですが、パルコには古書店もできたようです。 「渋谷パルコ 【渋谷サブカル書店】」(9/12 草古堂ノート)。《9/14(金) 渋谷パルコ パート1 6F に新店舗をオープンいたします。ヴィレッジヴァンガードのお向かいです》とあります。草古堂は幕張に店舗と、江戸川区に通信販売専門店とをかかえる古書店。VVの前の、しかも渋谷パルコ内の古書店が、いったいどんなお店になっているのか、気になります。あと、書店派としては、PBCへの影響も気になるところです。


次の「らしんばん」、関連記事はこちら。「横浜東口にアニメ・ゲームの買取販売「らしんばん」がオープン」(9/14 ヨコハマ経済新聞)。記事によれば、「らしんばん」は《アニメやゲーム関連商品、同人誌などの買取・販売のチェーン店》で《全国の主要都市に22店舗を構えている》とのこと《新店舗は1〜3階にアニメグッズ専門店「アニメイト」が入居しているヨコハマプラザホテルの3階で、店舗面積は99平方メートル》とあります。坪換算で約30坪。


しかし、《1〜3階にアニメグッズ専門店「アニメイト」が入居してい》て、さらに《アニメやゲーム関連商品、同人誌などの買取・販売のチェーン店》が入居する、このヨコハマプラザホテルって、いったいどんな「ホテル」なのか、そちらのほうが気になりますが、サイトを見る限り、ふつうの立派なホテルだなあ(笑)。


八重洲ブックセンターの新店はなんと、日比谷シャンテ内。サイトには、「予告」(9/19現在)として《有楽町・日比谷エリアに新支店オープン!2012年10月5日(金)日比谷シャンテ3階に支店がオープン。お仕事、観劇、お買い物と、女性は勿論ビジネスマン、ご家族連れも楽しめるカルチャー志向の高感度な書店です。皆さまのご来店をお待ちしております》という案内があがっています。


日比谷シャンテは、映画館や劇場に囲まれ、客層的に、書店には好立地な感じですが、テナント料の問題なのか、テナントの意向だったのか、あの立地あの規模の商業施設としてはなぜかずっと書店がないままでしたが、とうとう書店が入るんですね。どのようなお店になるのか、ちょっと楽しみです。


宮脇書店イオンモール高松店は、情報をくださった方によれば、下に上げたフタバ図書GIGA高松店の閉店のあとに入るかたちでの出店とのことです。サイトの案内はこちら。「10月6日にイオン高松店OPENします。」(9/18 宮脇書店)。


文教堂は、大阪のフェスティバルホール跡地にできる高層ビル「中之島フェスティバルタワー」内の商業施設「フェスティバルプラザ」地下に入るお店。各種資料を見ましたが、プレスリリースにも記されていて入るのは確実のようですが、支店名の正式名称が見あたりませんでした。関連記事はこちら。「中之島フェスティバルタワー、10月末完成へ-商業ゾーンは11月開業」(9/14 梅田経済新聞)。


●リニューアル


  • 8/31 三洋堂書店せき東店
  • 9/11 リブロ光が丘店
  • 9/14 旭屋書店イオン浦和美園店
  • 9/14 三洋堂書店橿原神宮店
  • 9/14 積文館前原店(200)
  • 9/22 球陽堂書房メインプレイス店(160)
  • 9/28 ハイパーブックス長浜(300)
  • 10/13 夢屋ピアゴ榛原店(120)
  • 10/中 未来屋書店イオン成田店(256)
  • ?/ ? 未来屋書店水戸内原


三洋堂書店は2件。せき東店は岐阜県関市のお店で、サイトには、《ふるほん・アイスクリームが新しく加わり、バラエティ豊かな本屋さんとして生まれ変わりました!》とあります。奈良県橿原市にある橿原神宮店、サイトによれば《書籍をはじめ、レンタルDVD、DVD・CD販売、ふるほん、TVゲーム、新品トレカ、文具、雑貨、駄菓子、アイスクリーム、ジュースがそろったバラエティ豊かな本屋さんとして生まれ変わりました》とあり、さらに《保険の相談窓口「三洋堂おひさま保険」がオープンしました》とも。三洋堂書店はもともと複合型のお店も展開してきたチェーンですが、扱い品目の幅がすごいことになっていますね。


9/3から9/10まで改装のため一時閉店していたリブロ光が丘店。文化通信の記事によれば、《LIVIN光が丘店の25周年リニューアルオープンを機に生まれ変わった》とあります。改装の規模・詳細は未確認。


埼玉県さいたま市の旭屋書店イオン浦和美園店、サイトには《趣味実用書、児童書、文具の売り場を入れ替えてよりパワーアップ。きれいで見易い売り場になりました》とあります。


沖縄県那覇市の球陽堂書房、しばらく前にくまざわ書店の傘下に入ったことが報じられましたが、今回のリニューアルはそれに関連してのもののようです。


福岡県糸島市の積文館前原店、滋賀県長浜市のサンミュージックハイパーブックス長浜、静岡県牧之原市の夢屋ピアゴ榛原店はそれぞれ増床。


未来屋も2件。千葉県成田市のイオン成田店は、同じフロア内での移転リニューアルとのことで、サイトには《8月20日〜縮小営業中、10月9日完全閉店。10月下旬移転リニューアルオープン予定》とあります。茨城県水戸市の水戸内原は、《店舗移転準備のため、8月20日で閉店。イオンホールで仮営業中。年内に移転リニューアルオープン予定》とあります。


●閉店


  • 8/31 フタバ図書GIGA高松店
  • 9/17 丸善町田モディ店
  • 10/13 おおさきや書店

丸善は、町田モディの7階にあったお店。おおさきや書店は、住所でいうと大阪市阿倍野区、最寄り駅でいうと地下鉄御堂筋線の昭和町駅の出口を出てすぐのところにあるお店。昭和25年創業とありますから、老舗ですね。サイトのトップには「本はこころのえいよう」という標語があがっています、


ぼくは残念ながら行ったことのないお店なんですが、お店のことを調べていたら、閉店をなげく地元の本好き書店好きと思われる方々の声がいくつも目につきました。地元で長く愛されてきたのであろう、こうした「町の本屋さん」がなくなってしまうのは、ほんとに残念なことです。


スポンサーサイト



コメント

おおさきやさんは、かつて新文化にこんな記事で取り上げられたことも。http://www.shinbunka.co.jp/news2010/07/100713-01.htm
あと梅田の紀伊國屋さんが一昨年リニューアルした際、ツイッターで有志で集って一緒に見学に行ったことがあります。そのときに、このお店の大学生バイトさんが来てくれて、その後におおさきやさんを見に行ったことも。いかにも街の本屋さん、というお店で長く続いていたのに残念です。

  • 2012/09/20(木) 01:29:15 |
  • URL |
  • mori009 #-
  • [ 編集 ]

おおさきやさん

mori009さん>
いつもありがとうございます。
新文化の記事、そうでした。お店の名前は忘れて
いましたが、この冊数、驚いた記憶があります。

写真を見ると、ほんと、いい感じですねえ。
町の本屋さん、というたたずまいで。
閉店前に一度のぞいてみたくなりました。

  • 2012/09/20(木) 19:54:31 |
  • URL |
  • 空犬 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/1921-61ed13a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)