FC2ブログ

空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

夏葉社の公開編集会議?!……夏葉社の「非復刊」新刊企画を勝手に考えるトークイベント

吉祥寺の一人出版社、夏葉社の島田さん、いまは下北沢に移転してしまいましたが、知り合ったときは事務所が吉祥寺にあったアルテスパブリッシングの鈴木さん。お二人とは、吉祥寺の出版関係つながりということで、「3人会」などと称して、よく吉祥寺で一緒にお酒を飲んでいます。


3人で飲みに行くと、当然のことながら、お互いの仕事のこと、お互いの手がけている本のことに話が及びます。いろいろ話していると、今手がけているもの、これから出るものだけでなく、こんな本作れたらおもしろいよね、なんて願望・空想・妄想混じりの話になることもしばしば。いわば、飲み屋で「企画会議」をやっているわけですね(笑)。で、これが楽しい。


しばらく前に3人で飲んだときも、例によっていろいろとおもしろい話が飛び出しました。こういうのを聞いてると、イベント好きの血が騒ぐというかなんというか、これを内輪の飲み話だけで終わらせておくのはもったいない、トークイベントのネタか何かに使えないか、なんてことを考えてしまうわけです。で、そういうのが好きなわたくし、空犬が、早速このようなイベントを考えてみました。じゃーん。


    beco talk vol.1 公開編集会議
    「島田さん、『本屋さんの本』を作りませんか?」「はい、つくりたいです!」
    日時:2012年7月27日(金)
       OPEN 19:00 START 19:30(~21:30)
    場所:beco cafe(東京・西荻窪)
    チャージ:500円(ドリンク代は別となります)
    出演:島田潤一郎(夏葉社)、鈴木茂(アルテスパブリッシング)、空犬(吉っ読)

イベント名がやたらに長いんですが、これが正式名称です。トークの内容は、《吉祥寺に縁のある出版関係者&飲み仲間3人が、「復刊ものでない」(ここがポイント)夏葉社本を、それも、無謀にも本屋さんをテーマにした本(ここもポイント)を、勝手に企画します》というもの。


お金とって、酔っぱらいの与太話、聞かせるのかよ……そう思いますよね、ふつう。たしかに、元は飲み話ではあるんですが、これ、けっこう島田さんが本気になってまして、かなり具体的な話になってるんですよ。で、そういうのが好きなぼくもけっこう本気になってしまったりしてまして、この前の飲み会なんて、企画書作っていきましたから(笑)。島田さんに頼まれたわけでもいないのに。


今回は、これまでの話をベースにしながら、さらに企画を実現に近づけるため、3人であれこれ「具体的な」相談をします。体裁とか分量とか、書き手とか、費用とか、売り方とか。そして、もしも現役の書店員さんや、その他、本の関係のお仕事の方がお客さんとして来てくださった場合は、ぜひお客さんの意見も参考にしたいと思っています。


当日のトークで、どこまで何をどうするか、みたいな具体的な話はまだしていないのですが、単なる与太話に終わらせるつもりはありません。企画しておいて自分で言うのもなんですが、出版や編集に興味のある方にはけっこうおもしろい話になるんじゃないかなあと思っています。もしかしたら、夏葉社の新刊企画が立ち上がるその場に立ち会えることになるかもしれませんよ。


なお、今回は、あくまで、「非復刊本」の企画で、それも、「本屋さんの本」を想定しています。夏葉社の企画というと、今度は何を復刊するのか、○○という作品を復刊してほしい、●●という作家を取り上げてほしいというリクエストをお持ちの夏葉社ファンの方も多いかと思います。申し訳ありませんが、今回のトークでは、復刊ネタの話は、一切しませんので、その点はあらかじめご了承ください。


トーク自体は1時間ほどで、トーク終了後は、閉店後まで出演者も残ってのドリンクタイムとなります。夏葉社、アルテスパブリッシングの本について話がしたい、島田さん、鈴木さんに聞きたいこと、話したいことがある、という方はぜひ残って、一緒にお酒とおしゃべりを楽しんでいってください。


当日、フードはおつまみのみとなります。しっかり食べたいという方は、あらかじめ軽く食べてからお越しになるほうがいいかもしれません。


席の数があまり多くありませんので、申し訳ありませんが、事前に予約していただくかたちとなります。beco cafeに直接、
電話(03-6913-6697)
メール(w.bookendless [at] gmail.com)
twitter(@bookendlss)
のいずれかでご連絡ください。(*twitterでご連絡される場合は、通常ツイートで連絡先などを流さないよう、ご注意ください。ちょっと面倒ですが、@をとばして、フォローしてからDMで連絡をとるようにしてください。)


それでは、7/27、beco cafeでお目にかかりましょう。


追記(6/10):このイベントは、おかげさまで予約で満席となりました。予約してくださったみなさま、興味を持ってくださったみなさま、ありがとうございました。


さよならのあとでチラシ近代日本のチラシ

↑空犬通信で紹介するために、早くにチラシをもらっていたというのに、タイミングを逸しておりました……。『さよならのあとで』と『近代日本の文学史』の書店さん向けチラシです。


近代日本の 束見本

↑『近代日本の文学史』の束見本。3人会では、こうして、お互いの新刊のチラシや束見本などを見せ合ったりしています。夏葉社本は毎回造本に工夫が凝らされているので、刊行前に束見本を見せてもらうのも3人会の楽しみの1つ。


sanpo magazine 5BOOK5

↑島田さんはあちこちひっぱりだこで、こちらのミニコミ、『Sanpo magaine』『BOOK5』にも登場。前者では、なんと夏葉社全点(といっても、『近代日本の文学史』の刊行前なので4点だけど)の書評が掲載されています。このミニコミ2冊は、近日中に空犬通信でくわしく紹介する予定です。


ちなみに、島田さん、これだけメディアに出て、トークイベントなどにも駆り出され、我々とも語りまくって、ツイートでも日々発信してるのに、まだ語り足りないようで、最近、こんなブログを始めたそうですよ。「いま、居酒屋で話したい10のこと」。《どうしても書きたい話があって、実験的に個人ブログを始めました》(島田さんのツイートより)。


復刊ものの新刊もまもなく出るようです。ツイッターによれば、《最後に新刊の告知を。ただいま7月下旬の刊行に向けて、上林曉傑作随筆集『故郷の本箱』を制作しています。撰者はもちろん、山本善行さん! 文学の思い出にあふれる約30編。悪かろうはずがありません。関口良雄さんを描いた掌編も。どうぞご期待ください!》とのこと。こちらも楽しみですね。


アルテス フェア リブロ

↑一方、アルテスの鈴木さんも、創業5周年ということで、今年はトークイベントに書店店頭でのフェアにと大活躍。今年1月刊の『はじめての編集』が売行好調とのこと。「編集」をテーマにしたこういう本が売れるのは、同業者として、また3人会の仲間として、ほんとにうれしいですねえ。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/1846-108935df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【夏葉社の公開編集会議?!……夏葉社の「非復刊」新刊企画を勝手に考えるトークイベント】

吉祥寺の一人出版社、夏葉社の島田さん、いまは下北沢に移転してしまいましたが、知り合ったときは事務所が吉祥寺にあったアルテスパブリッシングの鈴木さん。お二人とは、吉祥寺の出版関係つながりということで、「3人会」などと称して、よく吉祥寺で一緒にお酒を飲んで...

  • 2012/06/08(金) 12:44:08 |
  • まとめwoネタ速neo

FC2Ad