FC2ブログ

空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

東京堂書店ふじみ野店、真光書店南口店……新刊書店の開店・閉店いろいろです

新刊書店の開店・改装・閉店関連です(かっこ内の数字は坪数)


●オープン


  • 6/ 2 エキサイティングガールズストア香林坊109(30)
  • 6/29 オークスブックセンター土浦ピアタウン店(85)
  • 6/29 東京堂書店ふじみ野店(150)
  • 6/29 未来屋書店ボンベルタ成田店(151)
  • 7/上 宮脇書店宜野湾シティ店(130)

《ヴィッレジヴァンガードから女の子の好きなものを詰め込んだニュースタイルショップがスピンオフ!》(香林坊109の案内より)という「エキサイティングガールズストア」は、女性に特化した商材を集めたというヴィレッジヴァンガードの新業態店で、広島に次ぐ2店舗目とのこと。広島の店舗については、こんな記事があります。「広島に女性版「ヴィレッジヴァンガード」-フジグラン広島店内に全国初の新業態」(2011/10/5 広島経済新聞)。


もうずいぶん前の話ですが、一時期、金沢に仕事の用事があったので、数年続けて通っていたことがあります。その頃、香林坊109の地下には、大型のワンフロア店、喜久屋書店が入ってたんですよね。カフェも併設で、地元作家(金沢はゆかりの作家がたくさんいますからね)の在庫も充実した、とても居心地のいいお店で、今も印象に残っています。金沢と言えば、しばらく前、4月末に福音館書店が閉店になったばかり。


今回の「エキサイティングガールズストア」は、純粋な一般書店や、福音館書店のような専門ジャンルの書店とは趣がかなり異なるタイプのお店ではありますが、それでも、書籍の扱いのあるお店ができるのはうれしいことですよね。


さて、今回リストアップした新規店のなかで、書店好きがもっとも気になるのは、東京堂書店の新しいお店でしょう。この記事を書いている時点では、Webには告知などは出ていませんが、東京・中野(東中野)と埼玉・ふじみ野市に新規店ができるらしいことは、本店の改装のときに予告されていましたね。


お店が入るのは、ソヨカふじみ野というショッピングセンターの2階。地図で見ると、東武東上線ふじみ野駅が最寄りのようです。まったく縁のないエリアなので、商業施設の様子も、周辺の雰囲気も想像がつきませんが、写真で見ると、典型的な郊外型の大型ショッピングモールのように見えます。東京堂書店と言えば、イコール神保町の本店の雰囲気。つまり、そうした郊外の大型商業施設とはまさに対極的とも言えるイメージが強いお店だけに、こういう商業施設内で、神保町とはまったく客層の異なるエリアで、東京書店がどんなお店造りをするのか、どんな品揃えにするのか、興味津々です。カフェも併設のようです。


宮脇書店は、沖縄県宜野湾市、「サンエー宜野湾コンベンションシティ」の2Fに入るお店。東急ハンズなども入る大型複合商業施設で、施設自体のオープンは7/3となっている別資料もありました。


●リニューアル


  • 5/24 TSUTAYA町田旭町店(33)
  • 6/ 1 宮脇書店ブックスフリーウェイ新見店(115)
  • 6/ 4 ブックスなにわ仙台泉店(270)
  • 6/15 平安堂雑貨館(50)
  • 6/15 TSUTAYA新大久保店(86)
  • 6/22 アバンティブックセンター三田駅前店(235)

それぞれ、改装のポイントを簡単に。TSUTAYAは書籍売り場が新たに設けられたとのこと。新見の宮脇は95坪からの増床。仙台のブックスなにわは婦人・実用などが強化されたとのこと。


平安堂雑貨館は、その名の通り、平安堂チェーンのお店。元の店舗がどこにあって、どんな様子だったのかがわからないので、くわしいことが書けませんが、移転して書籍の扱いを開始するとのことです。


新大久保のTSUTAYAは、道路拡張工事に伴い休業中だったのが再開に。三田のアバンティは、コミック・ラノベを増強とのこと。以上、地縁のないエリアのお店ばかりだったもので、いつも書店情報を寄せてくださる知り合いの方からの情報を参考にさせていただき、まとめました。


●閉店


  • 5/31 BOOKSうかいや書店飾磨店
  • 7/16 真光書店南口店


BOOKSうかいや書店は関東在住の身には聞き慣れない名前ですが、兵庫県で展開しているチェーン。


真光書店は、京王線調布駅近くのお店。駅の北と南に1店ずつありますが、今回閉店になるのは、南口店。「ゲゲゲの鬼太郎」をあしらったブックカバー(お店のサイトで見られます)などで、地元の本好きにはもちろん、エリア外の本好き書店好きにも割によく知られているお店ですね。関連記事はこちら。「調布の老舗「真光書店」、南口店閉店へ-35年の営業に幕、本店は営業」(6/1 調布経済新聞)。


記事を引きます。《1968(昭和43)年に調布駅北口に本店を開店。その後、1977(昭和52)年に南口店を開店した。北口本店は「ゲゲゲの鬼太郎」の作者・水木しげるさんがよく利用することでも知られ、NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」放送時から、鬼太郎の絵が描かれたオリジナルブックカバーを無料で配布し始めるなど、地域に話題を提供してきた。東日本大震災時には味の素スタジアムに滞在する被災者に参考書や問題集も寄付した。》


北口店は残りますし、調布にはほかに、リブロもありますから、街から書店がなくなってしまうわけではありませんが、南口側には一般新刊書店はなくなってしまうことになるのかな。南口利用の本好きのみなさんには不便なことになりますね。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/1845-d5784e0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【東京堂書店ふじみ野店、真光書店南口店……新刊書店の開店・閉店いろいろです】

新刊書店の開店・改装・閉店関連です(かっこ内の数字は坪数)。●オープン6/ 2 エキサイティングガールズストア香林坊109(30)6/29 オークスブックセンター土浦ピアタウン店(85)6/29 東京堂書店ふじみ野店(150)6/29 未来屋書店ボンベルタ成田店(151)7/上 宮脇書店...

  • 2012/06/08(金) 04:53:40 |
  • まとめwoネタ速neo

FC2Ad