fc2ブログ

空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

驚愕の探偵豆本をゲット……西荻窪の盛林堂がいろいろすごい

今日は家族で西荻窪へお散歩に。今日明日と開催中のチャサンポー(西荻茶散歩)を楽しんできましたよ。


西荻茶散歩 2012

西荻は頻繁に降りている割には、いくところはいつも決まっていて、飲食店だとbeco cafeや戎、書店だと今野書店、颯爽堂、音羽館など、同じところばかり。今日はふだんは行けない/行かないお店やエリアをあちこち散歩できて楽しかったんですが、家族と一緒だったので、本の関係は、古書店の盛林堂書房しか寄れませんでした。


チャサンポーがどんなイベントで、どんなところを回ってきたかを書いてると長くなるので、その盛林堂での収穫、それも探偵関係についてのみ記します。


盛林堂 外観

盛林堂は中央線沿線の古本好きには説明不要のお店ですよね。昭和の文学や探偵小説が好きな向きなら、店内に一度足を踏み入れたら、手ぶらで出てくるのが困難な、すばらしい品揃えのお店。せっせと通いたいところなんですが、閉店がやや早めなので、会社帰りにはなかなか寄れないのが残念なところ。


今日は、店内の一部の棚を使って「西荻街角ミニミニふるほん市」が開催中でした。参加店は、お店のツイートによれば、《蟲文庫、ひぐらし文庫、善行堂、おこりおやじ(林哲夫)、あやかしや、聖智文庫、アカミミ古書店》と、古本好きが反応しそうな名前がずらり。さらに、ショーウィンドーでは、ミニ展示「山王書房店主関口良雄と昔日の客」も。後で、「写真撮影大歓迎」というツイートを見かけたんですが、写真を撮ってこなかったのが残念。


盛林堂 目録 2

↑古本好きの間で話題を呼んでいて、気になっていた目録「盛林堂の本棚」も無事入手(隣の文庫はサイズ比較のためのもの)。特集は「山王書房店主関口良雄と昔日の客」。フルカラーの、実に手の込んだ目録で、ほんと、すばらしすぎる……。広げると、内側も書影入りの目録になっていて、こちらがまた、並んでいるのがすてきな本ばかり。まとめ買いしたい……。実物になかなかお目にかかれない本の書影もありますから、眺めているだけでも楽しいです。野呂邦暢のコバルト文庫は1万円超かあ……(ため息)。


盛林堂 豆本2点

↑本日のメインの収穫。Webで見かけて以来、ずっと欲しかった、渡辺温『兵隊の死』(暢気文庫)。全集も文庫ももちろん持ってるけど、これは買うよね。サイズ比較のため、隣に創元推理文庫を並べてみました。


もう1点は、会計のときに、レジで、お店の方から、「これも探偵小説ですよ」と教えていただいたもの。橋本五郎『廣告燐寸』(十三舎)。おお、なんと、橋本五郎ではないですか。渡辺温の豆本というのも十分驚きですが、橋本五郎の豆本を造ろうなどという方いるとは。本気でびっくりしてしまいました。しかも、これ、単行本未収録作だというのです。


橋本五郎と言えば、一般的な知名度はともかく、「レテーロ・エン・ラ・カーヴォ」「疑問の三」などで、我々探偵者にはおなじみの名前。探偵小説のアンソロジー以外に、今は論創ミステリ叢書がありますから、割に手軽に読めるようになりましたね。橋本は2巻ありますが、『廣告燐寸』はいずれにも収録なし。


橋本五郎2点

↑こちらです。


これが、また凝った造りの豆本で、マッチ箱に入っていて、中にはほんとにマッチも入ってるんですよ。いやあ、これはすごいなあ。紙は、こういうのも含めて楽しいんだよね。小さくしたり、マッチ箱に入れてみたり。素材に凝ってみたり。作品については、版元、十三舎のサイトにくわしい説明がありますから、そちらをご覧ください。


これは、渡辺温の豆本と違って、その存在も知らなかったし、お店の方に声をかけてもらわなかったら、そのまま気づかずにお店を出ていたかもしれない。こういう出会いは、ほんと、うれしいなあ。十三舎といえば、これも買いました。海野十三『ペンで征く』(十三舎)。



ペンで征く

海野は、個人的に収集に力を入れている作家の1人。高価な古書には手が出ませんが、復刻・復刊、関連本は必ずチェックしています。見れば、昨年に出た本。うかつにも、まったく見落としていました。こちらも、内容については、十三舎のサイトにありますので、そちらをどうぞ。


十三舎はサイトによれば、《編集者による、SF/探偵小説関連の復刻をしたり通販で古本を売ったりする、個人出版社兼古本屋っぽい感じです》とのこと。その刊行物第一弾がこの『ペンで征く』のようです。版元名といい、万人受けにはほど遠いこのような本を第一弾に持ってくるところといい、探偵者としては、大いに注目&応援したくなる版元ですね。


このほかにも、レギュラーの棚や「西荻街角ミニミニふるほん市」の棚からも数冊購入。家族と散歩の半日だというのに、重い本を抱えて歩き回る羽目になりました。まったく、何やってんだか……。


盛林堂は店頭の均一にもいい本が並んでいました。西荻茶散歩に合わせて、いい本をたくさん投入したようで、後でツイッターを見ていたら、お店の方が、やりすぎたかも……という主旨のことを書いていて、思わず笑ってしまいました。ひと昔前の文芸書、それも函入りのものがごろごろ、文庫も福武文庫に旺文社文庫、コバルトの翻訳ものなどなど、ほんと、これが100円でいいの?という本がたくさん並んでいましたよ。ぼくは店内ですでにキャパオーバーだったので、均一からは何も買えず。


というわけで、今日は短時間ながら、実に楽しい買い物ができました。やっぱり盛林堂はいいお店だなあ。もう少しまめに顔を出さなきゃと、あらためて思わされた一日でした。


今野書店 1周年キャンペーン

↑西荻窪北口の新刊書店、今野書店が移転から一周年だそうです。もう1年なのか。去年の6月に、移転直後の様子を紹介したこんな記事を書いていました。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/1844-4c39eca8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【驚愕の探偵豆本をゲット……西荻窪の盛林堂がいろいろすごい】

今日は家族で西荻窪へお散歩に。今日明日と開催中のチャサンポー(西荻茶散歩)を楽しんできましたよ。西荻は頻繁に降りている割には、いくところはいつも決まっていて、飲食店だとbeco cafeや戎、書店だと今野書店、颯爽堂、音羽館など、同じところばかり。今日はふだん?...

  • 2012/06/02(土) 23:33:24 |
  • まとめwoネタ速neo