FC2ブログ

空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

新たな「吉祥寺+書店」本が登場?! 『書店ガール』プレ刊行イベント、開催決定です

「吉祥寺書店員の会」を名乗る「吉っ読」にとって、吉祥寺本と言えば、枡野浩一さんの『ショート・ソング』。3店時代の吉っ読の合同フェアで、見事、3店すべてで売上1位、つまり三冠を達成、全国紙にも売れている本として取り上げていただき、いまでも吉祥寺で売れ続けている作品です。我々吉っ読にとっても、とても大事な1冊なのですが、ちょっと残念なのは、『ショート・ソング』のインパクトが強すぎて、これに続く「吉祥寺本」になかなか出会えずにいること。


ショートソング 限定版

↑ルーエの棚では、今もご覧の通り。


そこに、うれしいニュースが飛び込んできました。来月3月、碧野圭さんの『書店ガール』(PHP文芸文庫)が刊行されるというのです。これは、以前『ブックストア・ウォーズ』というタイトルで、新潮社から刊行されていた作品の改題文庫化です。


書店が舞台で、タイプの違う女性書店員2人が主人公という、まさに「書店小説」という感じこの作品、単行本では、どこの街かは特定されていなかったのですが、今回は、街が吉祥寺であることがはっきり描かれているそうです。(ついでにいうと、吉っ読らしき書店員の集まりも作中に出てくるとかこないとか……余談ですが。)


「吉祥寺」と「書店」……おお、まさに、「吉祥寺書店員の会」を名乗る「吉っ読」にはぴったりの作品ではないですか。これはぜひとも吉祥寺で売りたいなあ、『ショート・ソング』に続く「吉祥寺本」の定番にしたいなあ、などと、書店員でもこの本の担当者でもなんでもないくせに勝手に考え、勝手に販促に協力させていただくことにしたのです。で、企画したのが、こんなイベント。


    新たな「吉祥寺+書店」本が登場?!
    碧野圭『書店ガール』プレ刊行トーク(仮)
    日時:2012年3月4日(日)
       13:00 OPEN 13:30 START(~15:30)
    場所:beco cafe(東京・西荻窪)
    出演:碧野圭(作家)・木村桃子(ミシマ社)(略歴は下に)
    司会:横田充信(PHP研究所;『書店ガール』編集担当)
    チャージ:1000円(ワンドリンク付き)
    申込:予約制(電話・メール・ツイッターでお店に直接申込)
    主催:beco cafe
    企画:吉祥寺書店員の会「吉っ読」
    協力:PHP研究所・ミシマ社

『ブックストア・ウォーズ』が『書店ガール』として生まれ変わるまでを、作家・碧野さんが、自ら語ります。碧野さんは、単行本執筆時には、複数の書店・書店員の方に取材しているのですが、そのお一人が、当時は書店員、現在はミシマ社に身を置く木村桃子さん。桃子さんは、碧野さんが絶大な信頼を寄せる元書店員で、この作品について語るならこの人しかいないと出演を熱望、すでに書店の現場から離れてしばらくになる桃子さんをついに動かして、この組み合わせが実現しました。司会をつとめるのは、今回の文庫化で、編集を担当されたPHP研究所の横田さん。作品と書店のことを知り尽くしたメンバーによる書店トーク、これがおもしろくないわけがありませんよね。自分で企画しておいてなんですが、とても楽しみです。


当日のトークでは、なぜ書店を/吉祥寺を作品の舞台に取り上げたのか、どのような取材をしたのか、登場人物や登場するお店は実在かどうか、そうでない場合はモデルはあるのか、など、書店小説の裏側をかなり深く掘り下げた話が聞けると思います。トーク後半では、『書店ガール』の話だけでなく、書店/書店員のこと、POPのことなど、本と書店の話をどんどん広げていただきます。桃子さんには、書店員時代の話や、碧野さんとの出会い、その後の、ミシマ社での仕事などにもふれていただく予定です。


1時間ほどのトークが終わった後は、サイン会ができるといちばんいいのですが、刊行前のイベントということで、本がありません。サイン会に代わる特典を、碧野さんと出版社とで考えているようですので、そちらも楽しみにしていてください。


会場は、西荻窪のブックカフェ「beco cafe」です。席の数があまり多くありませんので、申し訳ありませんが、事前に予約していただくかたちとなります。beco cafeに直接、
電話(03-6913-6697)
メール(w.bookendless@gmail.com)
twitter(@bookendlss)
のいずれかでご連絡ください。(*twitterでご連絡される場合は、通常ツイートで連絡先などを流さないよう、ご注意ください。ちょっと面倒ですが、@をとばして、フォローしてからDMで連絡をとるようにしてください。)


当日は、ドリンクメニューのみ(アルコールもあり)となりますので、食事は済ませてからおこしください。beco cafeはふだんは喫煙可のお店ですが、今回は、禁煙とさせていただきますので、愛煙家のみなさまは、あらかじめご了承ください。


吉祥寺を、書店を、本を愛するみなさんのご参加をお待ちしております。どなたも大歓迎ですが、今回はテーマがテーマですので、書店員のみなさん、とくに文芸・文庫ご担当の書店員の方にご参加いただけると、企画者・出演者一同、こんなにうれしいことはありません。3/4、西荻窪にてお待ちしております。


※追記:2/18の時点で、満席となったそうです。ご予約くださった方、告知にご協力くださったみなさま、ありがとうございました。


トーク出演者略歴:
碧野 圭(あおのけい)
小説家。出版社の編集担当などを経て、2006年『辞めない理由』(パルコ出版;現在は光文社文庫)でデビュー。主な著書に、『雪白の月』(実業之日本社)、『銀盤のトレース』(実業之日本社文庫)、『失業パラダイス』(光文社)がある。書店通としても知られ、訪問した全国の書店の詳細なレポート、「めざせ!書店訪問100店舗」も主催。

木村 桃子(きむらももこ)
紀伊國屋書店新宿南店勤務を経て、現在はミシマ社「仕掛け屋チーム」担当。「平日開店ミシマガジン」で、「読む女」を連載中。


スポンサーサイト



コメント

思い出の1冊。

これは楽しみなイベントになりそうです! 私が碧野さんの作品を初めて読んだのが、まさにこれなのです。そして内容がー。今、この作品と対面するなんて…。運命としか思えません。

Re: 思い出の1冊。

とおこさん>
訪問&コメント、サンキュウです。

> 私が碧野さんの作品を初めて読んだのが、まさにこれなのです。

おお、それはそれは。こういうかたちでの復活
はうれしいでしょう。ぜひイベントにも足を
お運びください。遠いかな……。

  • 2012/02/10(金) 21:40:21 |
  • URL |
  • 空犬 #-
  • [ 編集 ]

お疲れ様です。東京観光のタイミングをはかってたのですが、いいきっかけができました。このイベントに合わせて行きます。(becocafeさんにも電話で予約完了いたしました)

  • 2012/02/12(日) 13:34:30 |
  • URL |
  • mori009 #ILWriQ6E
  • [ 編集 ]

お待ちしております

mori009さん>
いつもありがとうございます。
早速の予約もありがとうございます。
東京観光、いいですね。こちらも半ばには
大阪行きの予定です。また詳細連絡します。

  • 2012/02/12(日) 22:46:13 |
  • URL |
  • 空犬 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/1792-b76d917c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)