FC2ブログ

空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

ふたたび『ブラック・ダリア』が気になって

8/25の日記で紹介した、映画『ブラック・ダリア』がもうすぐですね(10/14より全国ロードショー)。ポスターがなかなかかっこいいと書きましたが、朝日新聞の広告、月間賞(8月)を取っているようで。


ブラック・ダリア

今月の『映画秘宝』はブライアン・デ・パルマの特集で、表紙はスカーレット・ヨハンソン。デ・パルマ、原作者のエルロイ、ウィリアム・フィンレイ(!)らのインタビューも読めるので、表紙が新しくなって復活したエルロイの原作本と併せ、映画の予習として要チェックです。




ところで気になる映画の出来ですが、まさにデ・パルマの世界という意見もあれば、らしくないという評もあり。また原作者のエルロイが認めているのに対し、原作とイメージが違うとがっかりするファンも少なくないとか。いったいどんな中身なんでしょうね。個人的には、ヒラリー・スワンクの配役はどうにかならなかったのか、という点が気になってるんですが……。


ところで、この作品がベネチア映画祭に出品されたときのこと、スカーレット・ヨハンソンがセクシー過ぎて気が散り、観客がプロットに集中できないと批判したジャーナリストがいるという冗談のような記事を、しばらく前にいろいろなサイトで見かけました。これってどうなんでしょうか。


特定の女優が気になって作品に集中できないのはそれは観るほうの問題だと思うし、それに、映画を見終わった後に、「ああ、あのセクシー女優しか目に入ってなかったよ!」なんてことになったとしても、それはそれで幸せな時間を過ごせてたんじゃないの、という気がしてなりません。モンロー映画でモンローのセクシーぶりに気を取られて2時間を過ごしたからといって、はたしてその観客がその映画を楽しめていないなどと誰が言えるものなのかと。それよりも、そのようなことを問題にするジャーナリストが映画業界に存在すること自体に暗鬱たる気持ちにならざるを得ません。


当のヨハンソンは、「セクシーであることが映画のシーンから気をそらすとは思っていません」と記者会見でやり返したそうだが、当然のことでありましょう。特に好みの女優ではないのですが、この件に関しては、よくぞ言った!という感じです。


それはともかく。デ・パルマファン、エルロイファンはもちろん、ブラック・ダリアが気になる人は10/14(ああ、別に初日じゃなくてもいいけど)、映画館に全速力でレッツゴーです。


◆今日のBGM◆

  • ボブ・ベルゼン『ブラック・ダリア』


ぼくは未聴なんですが、ブラック・ダリア事件をモチーフにしたコンセプトアルバムなんだそうです。


スポンサーサイト



コメント

まさに

スカーレット・ヨハンソン、私は「真珠の耳飾の少女」で初めて見ました。すっぴん(みたいな)で、学問はないけど聡明な女中役を演じていた彼女は抑えた良い演技をしてました。その後、彼女が若手セクシー女優の筆頭に上げられていたので、却ってびっくりしたくらい。良い女優さんだと思います。映画の楽しみ方は確かに人それぞれですよね。
自分なんて、まさにミーハー的鑑賞派ですが充分楽しいです。読書も映画鑑賞も個人的なものだからこそ楽しめるんですよね。

  • 2006/09/26(火) 13:39:04 |
  • URL |
  • えむ #lMBqkpAs
  • [ 編集 ]

真珠の耳飾の少女

は地味ながらいい映画でしたね。
ヨハンソンがフェルメールの絵の世界にあまりにもぴったりで驚きました。
巨匠にファンにも愛され、女優として王道を行ってる感じですが、だからこそ、本人はさぞかし『アイランド』に出演したことを後悔していることでしょう。

  • 2006/09/26(火) 22:40:48 |
  • URL |
  • 空犬 #-
  • [ 編集 ]

わたしも

「真珠の耳飾の少女」、好きな映画にランクインしてます。スカーレット=ヨハンソン、えむさんのおっしゃる通りに控えめの演技でしたが、そこににじみでるセクシーさのようなものが、控えてるだけにかえってあぶり出されててちょっと憧れです。

  • 2006/09/27(水) 05:05:01 |
  • URL |
  • micalion #-
  • [ 編集 ]

同性に

けっこう支持されてるんですね、ヨハンソンって。

ふつう、ハリウッドでもっともセクシーな女優、
だなんて言われると、女性票を失いそうなもの
ですが、そうでないところに、人気の秘密も
ありそうですね。

  • 2006/09/27(水) 22:19:11 |
  • URL |
  • 空犬 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/164-87a5b0f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)