空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

その美しさにため息……夏葉社第4弾『星を撒いた街』を購入しましたよ

懸案だったブックンロールの募金の報告を書き上げたら、急に安堵感と虚脱感がタッグで押し寄せてきて、いささか放心気味、しばらくは更新もちょっとサボってもいいかななどと逃避癖を発揮中の空犬です。


こういう、だらけ気分のときにかぎって、紹介したい本だのフリペだのお店だの、ネタがいくつもたまっているから大変。いろいろあるネタのなかから、まずは、話題のこの本から。


  • 山本善行編『上林暁 傑作小説集 星を撒いた街』(夏葉社)


星を撒いた街

↑実に美しい、なんとも言えないたたずまいの本です。『昔日の客』に続いて、こちらも装丁・造本がすばらしい。



星を撒いた街 チラシ

↑ほんとは発売前に紹介しなくちゃとスキャンしておいたチラシ。



刊行前からツイッターやWebで話題になっていた1冊。まさか上林暁の「新刊」がこんなふうにあちこちで本好きの話題になるとはなあ。さすが、夏葉社さん。今回も目のつけどころといい、本の作り込みといい、すばらしい仕事ぶりですよね。これがまだ設立3年にも満たない、そして5冊も本を出していない書肆の仕事とは思えません。島田さん、あらためてすごいなあ。同じく出版に関わる者として、ちょっとうらやましくなりますね。


収録作など内容については、あちこちでふれられていますから、それらをご覧いただくほうが早いでしょう。夏葉社に縁のあるところから引いておくと、西荻ブックマークのこちらとか、海文堂書店のこちらとか、あと、選者・山本善行さんの「古本ソムリエの日記 」とか。


代わりに、装丁・造本好きとして、この本の造りにふれておきましょう。判型は四六判で、上製。『昔日の客』と同じテイストで装われているのがわかる造本ですね。全面が緑系の布クロス装だった昔日と違い、今回は、背の部分で色が変わっています(この山吹色が美しい)。これは継ぎ表紙(継ぎ背・背継ぎとも)と呼ばれる製本様式で、ひと昔前の文芸書のうち、函入り上製本の本体によく見かけましたが(昔日の布クロス装もそうですね)、最近の本で目にすることはすっかりなくなりましたね。布クロス装も継ぎ表紙も、函入り本ではなく、このように単体で用いてもいい感じだということが、これらを見るとよーくわかります。新刊書店の店頭にこのようなルックスの本が並んでいると、古本好きの目にはもちろん、一般の本好きのみなさんの目にも、かなり新鮮に映るのではないでしょうか。


書名・著者名(今回は編者)は、昔日は手書き文字をスミ1色で箔押ししたものでしたが、今回は明朝系のフォントで、金の箔押し。文字量の少ない帯とのバランスもよく、とても上品にまとまっています。


試みに、最近の本で継ぎ表紙の本なんてあったかなあ、と、我が家の本棚を眺めていたら、この本のことを思い出しました。



四角な机丸い机1四角な机丸い机2

『昔日の客』に登場する文士のなかでも強い印象を残す1人である尾崎一雄の『随筆集 四角な机 丸い机』です。昭和49年、新潮社刊。これ、ちょっとテイストが似ていますよね。表1と表4で継ぎ幅を変えた変則継ぎ表紙で、山吹色よりはもう少し濃い、明るめの茶系といった感じの色ですが、背の部分の色味といい、縦書き書名が金の箔押しである点といい、なんだか共通点があって、ちょっとうれしい発見。もちろん偶然でしょうが、尾崎一雄先生が『昔日』人脈であることを考えると、そして、『昔日』も『星』も同じ装幀家(櫻井久さん)の手になるものであることを考えると、ひょっとしてオマージュだったりするのかも……なんてことを考えるのも、また楽しいものです。


……すみません、脱線しました。さて、『星』に戻りますが、中身もさることながら、このように、モノとしての完成度も最高レベル。本好きが店頭でその姿を目にしたら、直接手にとってしまったら、家につれて帰らずにすませることはかなり困難なことだと思いますよ。


いつだったかの記事で、『昔日の客』関連作家を取り上げたときにもふれましたが、上林暁、いま読もうと思っても、簡単に入手できるのは講談社文芸文庫ぐらいです。それを持っている人はもちろんですが、文庫は持ってないけど、ちょっと読んでみたいなあ、という方にもおすすめの一冊です。


帯には、《30年後も/読み返したい》とあります。シンプルでいい文言ですね。ぼくは電子書籍にアンチなわけではなく、仕事で関係もあるので、とりあえず付き合ってはおこう、ぐらいのスタンスでいて、無料のもの有料のもの合わせて、手元のスマホとiPad、そしてパソコンにはそれなりの量の(広義の)電子書籍類が入っています。それらのなかに、30年後に「今と同じかたちで」読めるものがあるのかどうなのかよくわかりませんが(たぶんないでしょう)、それ以前に読みたいものがないだろうなという気がします。


だけど、この本は、確実に30年残るでしょう。物理的に残るというだけでなく、記憶としても。そして、運良く(なのか、運悪く、なのかわかりませんが)ぼくが生きていたら、その頃、読み返したりするでしょう。30年たったら、いまぼくの周りにある電子機器類は、世代交替を何度も繰り返して、もう今のフォーマットで通用するものは1つも残っていないでしょうが、この本は、今とまったく変わらぬ状態で読めるでしょう。30年たったら、表紙や小口は経年で色がくすんだり指跡がついたり、いい感じに古びているでしょう。紙も多少は黄ばんだりするでしょうが、この内容ならむしろ、そのように古びたほうが、中身によりぴったり合っていいでしょう。未来の古本を手に入れたようなものですよ。ねえ。


またまた、我が本棚に、長く大事にしたい本が1冊、増えました。



上林暁所有本1上林暁所有本2

↑我が家の上林暁本たち。好きなもので、稀覯本はないですが、けっこういろいろ持っていたりするのですよ。これら○十年選手たちと『星』を並べても、ぜんぜん違和感なさそうですね。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/1637-9b67e54c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad