FC2ブログ

空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

個性的な本屋さんの個性って何なんだろう、なんて考える

映画館などで見かけるフリーペーパー『side b』の2006年8月号は、「こだわりの本屋さん」という特集だ。


side b表紙
side b中身


特集では、ヴィレッジ・ヴァンガード下北沢、TSUTAYA TOKYO ROPPONGIナディッフトムズボックスリリパットTRICK+TRAPのまどらが紹介されている。

このほか、本をめぐるコラムやブックカフェの紹介などもあり、冊子の分量を考えれば、バランスのよいセレクションになっていると思う。リリパットやトリックトラップが入っているのもナイス。


でも、多少意地悪を承知で書くならば、「個性的な書店」というと、毎回、アート中心だったり、輸入雑貨をたくさん置いてたり、カフェ併設のブックカフェだったりと、この手のお洒落系になっちゃうんだよね。「個性的な書店」イコール、毎回「ヴィレッジ・ヴァンガード」っていわれてしまうと、もちろんVVはぼくも好きだし、個性的であることは間違いないとは思うものの、「またかよ」という気にさせられる、のも正直なところ。書店好きのなかには同じ思いの人もいるのではなかろうか。


この件、書きたいことがいっぱいあるので、日記を分けます。続く。


◆今日のBGM◆

  • アル・ディk・メオラ『コンスクエンス・オブ・カオス』


ギター者のみなさん、お待たせしました。やっとアル・ディ・メオラが「こちら」に戻ってきてくれました。今回は、全編インスト、しかもエレクトリックを弾きまくってます。これこれ、これを待ってたんだよう!


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/149-06d3da54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)