空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

ルエ伝、メクル、メクルエデン……書店発フリペの紹介です

昨日は、西荻窪のbeco cafeに「吉っ読」メンバーが集合、イベント「ブックンロール」の作業やら打合せやらをやってきました。イベント当日に会場でお客さんに配る資料類などの準備が中心です。吉祥寺の出版社、夏葉社も、この秋の新刊チラシを届けがてら、手伝いに来てくれました。なんか、文化祭気分でわいわいやれて、たいそう楽しい時間でしたよ。そのときの様子は、「吉っ読」会長、BOOKSルーエの花本氏がこんな文章にまとめてますので、よろしければご覧くださいな。


この2週間ぐらいは、毎晩のように、大量のメール、大量の資料、大量の計算、あの人は来るのか来ないのか、この人から連絡がないな、あの資料がまだそろわない、きー、みたいな日々で、もうへとへとのくたくただったんですが、昨日の作業&打合せで、準備関係が一気に進んだこともあり、ちょっと気がラクに。ってんで、今日は、会社帰りに渋谷へ、「第19回東急東横店渋谷大古本市」をのぞきにいってきましたよ。


渋谷古本市2010

ここ、毎年のように来ていますが、エスカレータの脇に、いつも西村文生堂さんが、ショーケースを出していて、それをのぞくのが毎回の楽しみなんです。今回は、アート文庫さんも並んで出していましたね。どちらも、探偵や古いSF好きなむきにはたまらない品々を出してくれるお店。乱歩、香山、海野、大下、小栗、そしてジュブナイルSFの数々……ガラスケースに入っている高額本たちは、まさに眼福。ため息が出るものばかりです。


値札が見えないようになっている商品が多いんだけど、買えないことはわかっていても、やっぱり値段を知りたい(ま、だいたいの相場は、古書目録やらWebやらを見ているのでわかるけれど)。が、さすがに、お店の人に、わざわざカギを開けて「見せてくれ」とはなかなか言えません。なので、ただ眺めるだけ。はあ……。


今回もいくつか買い物はしたんですが、その報告はまたにして、今日は、できたての書店フリペ(フリーペーパー)の紹介を。じゃーん。


ルエデン35めくる5メクルエデン2

いちばん左は、おなじみ、BOOKSルーエ発行の「ルーエの伝言」、最新の35号です。今回の特集は、イベント「ブックンロール」に合わせて、ってことで、「ロックンロール」。あまりにも特集に無関係かつ著作権無視的な表紙が逆に目を引きますね。あっ、わたくし空犬も、久しぶりに寄稿しております。


まんなかは、BOOK EXPRESS ディラ上野店発行の「季刊めくる」。長谷川編集長が結婚したと思ったら、特集がこれ。「ウェディング大特集」。もちろん、絵に描いたようなラヴラヴうふーんな内容にはまったくなっていないあたりが、さすがというか、実にすばらしい。


そして、右、お待たせしました、1年ぶりの登場です。BOOKSルーエBOOK EXPRESS ディラ上野店のコラボフリペ、「メクルエデン」の第2号です。全編にあふれる意味と方向性のない情熱……内容の説明がしにくいので、ぜひ現物をご覧ください。


これらのフリペは、発行店の店頭で無料配布されています。「メクルエデン」は、吉祥寺でも上野でも入手可能ですよ。ぜひぜひ、お店で手に入れてください。


あと、「ブックンロール」でも、これらを含む、わたくし空犬がせっせと集めた書店フリペセットを配布予定です。そのセットの内容については、イベント終了後に、吉っ読のサイトで紹介する予定ですが、それを読んで、フリペセットがほしい!、なんて奇特なことを思われた方がいらっしゃいましたら、少し余分にセットを組むつもりなので、いつものように、コメント欄にてご連絡いただければと思います(ただし、数にかぎりが、っていうか、数部しかないので、必ず差し上げられるとはかぎりません。あしからず)。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/1269-1a46b151
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad