空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

ジュンク+丸善が吉祥寺に?……吉祥寺書店事情に新たな事件が

少し前から、噂は聞いていたのですが、吉祥寺書店事情に激震をもたらすといっていい「事件」がとうとうメジャーメディアで正式に報道、いよいよ現実の話になってきましたね。「ジュンク堂と丸善、共同ブランドの新型書店を展開」(6/29日本経済新聞 電子版)。


見出しだけではなんのことやらという感じですが、記事冒頭にはこうあります。《大日本印刷傘下のジュンク堂書店(神戸市)と丸善は共同で、新ブランドの書店を展開する。9月にも東京・渋谷の東急百貨店に第1号店を出し、年内に最大3店舗を出店する計画だ。専門書や洋書など互いの強みを持ち…》。


この先は登録がいる有料記事なので、読めないんですが、twitterに流れた情報によれば、《今日(6/29)付け日経記事、東急百貨店本店内に9/2、伊勢丹吉祥寺跡に10月下旬、ジュンク堂と丸善の共同ブランドの新型書店展開。 》とのこと。ふん? 伊勢丹跡地に書店? それもジュンク? いやあ、それってつまり、吉祥寺に新たな新刊書店が、それも大型になるかもしれないお店がやってくるってことではないですか。しかも、BOOKSルーエリブロのすぐそばに。


同日付で、大日本印刷(DNP)ジュンク堂書店のプレスリリースも出ています。「グループ企業再編に伴う子会社の異動に関するお知らせ」(DNP)、「ジュンク堂書店のCHIグループ株式会社との経営統合のお知らせ」。少し遅れて、新文化にも記事があがりました。「CHIグループ、来年2月にジュンク堂書店と経営統合」


新文化の記事を見てみましょう。《CHIグループ、ジュンク堂書店、大日本印刷(DNP)の3社が6月29日に開催した取締役会で決定。株式交換により2 月1日付でCHIの子会社となる。11月下旬にもCHIとジュンク堂書店は臨時株主総会を開き、経営統合を決定する。》


《8月2日付でCHIの子会社・丸善は書籍・文具販売などの店舗事業を会社分割。丸善の100%子会社として丸善書店を新設する。ジュンク堂書店がCHI入りするタイミングで丸善書店もCHIの子会社となる。将来的には丸善書店とジュンク堂書店の経営統合も視野に入れている。》「丸善書店」、ですか……。丸善って、日本でもっとも歴史の長い書店ですよ。その名前を、実質的に変えちゃう、ってことでしょ? いいのかなあ、それって……。


《丸善書店の代表取締役会長には小城武彦氏、代表取締役社長にはジュンク堂書店の工藤恭孝社長が就任する。これに伴い、工藤社長はジュンク堂書店とその子会社・HONの社長を辞任。DNP子会社の文教堂グループホールディングスの取締役も退任する。ジュンク堂書店の社長は7月末にも開かれる株主総会で決める予定。》


プレスリリースにも、新文化の記事にも、吉祥寺出店のことはふれられていませんが、この「丸善ジュンク」体制での、出店の目玉が渋谷と吉祥寺、ということなんでしょうね。


昨年から今年にかけて、吉祥寺の書店事情は大きな変化が続いていますが、まさか同じ年の後半にまだこんな大玉が残っていたとは……。吉祥寺の書店に縁がないわけではない身としては、とても、とても気になります。ああ、この件、もっとくわしいこと知りたいなあ。くわしいことがわかったら、またこの空犬通信でご報告したいと思います。



ところで。まったくの余談ですが、新文化の記事、最初にあがったとき、見出しの表記が「ジャンク堂書店」になってました。まあ、この空犬通信でも誤字脱字は連発してるので、人のことは言えませんが、よりによって「“ジャンク”堂」って……(苦笑)。


専門書充実の大型書店が、たった一文字間違われただけで、いきなりなんだかファンキーなヴィレッジヴァンガードのライバル店みたいな字面になっちゃうところがおもしろいですよね(笑)。いや、別に馬鹿にしてるわけでもなんでもなく、なんか、こういう名前もいいなあ、って。だって、吉祥寺には、「ジャンク堂書店」も似合いそうですよねえ。ジャンクな本ばっかり扱ってるの。で、くすみ書房の久住さんに社外コンサルタントをつとめてもらって、年柄年中、すべての棚で「なぜだ!売れない本フェア」をやってるの。どう? だめ? だめかあ(笑)。



◆今日のBGM◆


ギター好きには、気になる見出しが目にとびこんできました。「若者のギター離れ? バンドで好きなパートで4位に」(アメーバニュース)。


なんでも、《アメーバブログ会員が共通のテーマでブログを執筆する「ブログネタ」で「バンドで好きなパートは何?」という質問》を提示したところ、《投票(総投票数13257件)の結果、「ギター」が4位となった》んだそうです。


別に、ギターが花形楽器でなくてはいけない、と強く思うわけではないんだけど、でも、やっぱり愛する楽器・パートがあんまり人気がない、っていうのはちょっとさびしいもの。


というわけで、空犬通信では、当分の間、ギター人気強化作戦と題して、BGMコーナーで取り上げるものを、(これまでもそうだったけど)大幅にギターものに偏らせることにします。


で、第一弾はこれ。




クレイジーケンバンドのギタリストMASAO ONOSE(小野瀬雅生)さんのソロアルバムです。


小野瀬さんって、文章にも演奏にも、ギター愛があふれまくっていて、いいんですよねえ。ほんと、こういうアニキがもっともっと、いろんなところでギターのすばらしさを語ったり、魅せたりしてくれるといいんだけどなあ。


本作は、ダウンロード販売のみで、全6曲とコンパクトなサイズのミニアルバム。全曲ギター・インストで、バッキングの打ち込みも本人が手がけているようです。とくに、ファンキーなリフがいきなりかっくいい1曲目、「Old Fashioned Passion」がgood! 元&現役の全ギターキッズにおすすめです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/1211-ddb0a074
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad