FC2ブログ

空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

恐竜博でスーパーサウルスに遭遇

先日紹介した恐竜カンフー映画、早速観てみたのですが、あまりのいい加減な作りに、ダメ映画には相当寛容な空犬も始まって数分で絶句、ダメぶりをおもしろがる余地もないほどのでたらめぶりに、あらためてここに紙幅を費やす気が起こりません。なにより、恐竜特撮のしょぼさにはがっかり。どこが巨大恐竜だ! カンフーで対決するんじゃなかったのか!


はあ、1段落も使ってしまいました。というわけで、今日は、「世界の巨大恐竜博2006」を観てきました。娘を誘ったところ、こわいからやだ、とフラれてしまったので、30男が独りで恐竜博です。



今回のめだまは、なんといっても、全長30メートルを超えるスーパーザウルスの全身骨格模型。世界初公開だそうです。去年の上野(あのときは、ティラノサウルス〈スー〉がめだまでした)とか、過去の大きな恐竜展示はだいたい観ているつもりですが、そのようなすれた恐竜オタの目にも、今回のスーパーサウルスは驚愕の圧倒的なスケールです。


これが、かつて、いま我々がこうして立っている同じ地表をどしんどしんと歩いていたなんて……。自分の感覚で把握できる範囲を超える巨大さを前にすると、そんな子どもみたいな感想や想像しか出てきません。圧倒的な存在感に、めまいがしました。くらくら。


ちょっと我に返ったので、写真を撮ってみました。写真家の腕の問題も大いにあるのですが、なにしろ、どの角度からどう迫っても全容がフレームにおさまりません。大腿骨と一緒に写真を撮れるコーナーに惹かれましたが、並ぶは子どもばかり、さすがにあきらめました。


恐竜博2スーパー

このほかにも、巨大な骨格模型がけっこうたくさん来ていて、見所満載です。ふだんなら小さな化石などの展示も丁寧に見るところですが、いくら時間があっても足りないぐらいなので、今回は骨格模型を中心に観て回るにとどめました。下のへたくそな写真はティランノサウルス(最近は「ン」を入れて表記するんですね。去年の上野は、「ティラノサウルス」表記でした)とトリケラトプスのツーショット。さすが有名人、いや有名竜の組み合わせ、大人気、撮影の人波がとぎれず、どこのどなたとも存じ上げない女性が写り込んでしまい、妙なスケールのスリーショットになってしまいました。


恐竜博1ティラノ・トリケラ

空犬通信的には、ガイドブックを紹介しておかなくてはなりません。『世界の巨大恐竜博2006 生命と環境 進化の不思議』。180ページほどの分量でオールカラー。見応えのある展示内容がコンパクトによくまとまっていて、まだ斜め読みですが、大きすぎて全身像がうまくイメージできなかった巨大恐竜の骨格模型写真や詳細な解説はもちろんのこと、今日とばしてしまったこまかい化石群の写真や説明もばっちりで、これで1500円はお買い得です。


グッズコーナーでは、骨格標本の模型といった科学マインドを刺激するおもちゃから、恐竜のたまごのおかし、といった形以外になんの共通点もない、便乗にもほどがある的なオミヤゲまで、よくもまあこれだけ作ったなあというぐらいの関連商品があふれてましたが、私見では、このガイドブックがあれば十分、という感じです。スタッフのなかに、「超竜」などと、黒字に白の漢字で決めた、プロレス的なセンスのTシャツを着ている人がいて、10秒ぐらい迷いました。さすがに、「超竜」Tシャツでは会社に行けません。


恐竜博は、幕張メッセで、9月10日まで。会場は、当然のことながら、キッズ&ファミリーだらけ、特に骨格標本の周りは家族撮影大会になってます。このようなノリに寛容でないオトナのみなさんは、9月を待ってからどうぞ。恐竜なんてガキっぽいとお思いのみなさん(特に、女子のみなさん)、そんなにバカにしたものではありません。ぜひ、この圧倒的スケールを体感していただきたいものであります。


◆今日のBGM◆

  • Tレックス『スライダー』


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/tb.php/117-f58d26e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad