FC2ブログ

空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

書き込みの話もおもしろいのだが、索引が気になるのだった

毎回楽しみにしている連載が本にまとまりました。



【“書き込みの話もおもしろいのだが、索引が気になるのだった”の続きを読む】
スポンサーサイト



ウイルス以外にこんなにある?!……驚愕の一大コレクション、『コロナマニア』

これまでも、後々、貴重な記録となりそうな、コロナ関連本をいくつか紹介してきましたが、これまでに紹介したものとはちょっと切り口の異なる、ユニークなコロナ関連本が出ました。



【“ウイルス以外にこんなにある?!……驚愕の一大コレクション、『コロナマニア』”の続きを読む】

電子書籍リーダーは使われているか

出版関係の統計をグラフなどを使ってわかりやすく解説してくれる、Y!ニュースの不破雷蔵氏の記事で、先日、電子書籍リーダーが取り上げられていました。



【“電子書籍リーダーは使われているか”の続きを読む】

読んだはずの一節が

リマスター盤などを聴いていると、今まで聞こえなかった音に気づくことがあります。リマスタリングによって分離がよくなり、埋もれていた音が聞こえるようになったり、新たなミキシングで隠れていたパートが表面に出てきたり、という場合もあるでしょう。いずれにしても、そこにはあったのに自分には聞こえていなかった音、ですね。


【“読んだはずの一節が”の続きを読む】

『京都に女王と呼ばれた作家がいた 山村美紗とふたりの男』

取り上げられている作家を愛読しているわけではなく、愛読どころか、1冊も読んだことがないのですが、それでもなんとなく気になる評伝なのでした。



【“『京都に女王と呼ばれた作家がいた 山村美紗とふたりの男』”の続きを読む】

『Devil Take The Hindmost』……アラン・ホールズワース本をやっと入手

以前の記事で、アラン・ホールズワースの評伝が出るようだということで紹介したことがありました。


早速入手して紹介をと思ったら、刷り部数が少なかったのか、初版は完売、気づいたら品切れ・重版未定で、版元の商品ページもなくなってしまっているではないですか。そんなわけで、入手できずにいたのですが、先日、版を変えて再刊されていることを知り、ようやくという感じで無事に入手できました。


  • Ed Chang『Devil Take The Hindmost - The Otherworldly Music of Allan Holdsworth』

【“『Devil Take The Hindmost』……アラン・ホールズワース本をやっと入手”の続きを読む】

楽しみにしていたマンガが続けて完結に……『宇宙戦艦ティラミス』『トクサツガガガ』

昭和アニメや昭和特撮好きのオールドタイマーが楽しめるコミック作品が、続けて完結になってしまいました(涙)



【“楽しみにしていたマンガが続けて完結に……『宇宙戦艦ティラミス』『トクサツガガガ』”の続きを読む】

エドワード・ヴァン・ヘイレン、RIP

80年代がティーンと重なっているギターキッズにとっては神といっていい存在でした。エディことエドワード・ヴァン・ヘイレンが亡くなりました。65歳。


【“エドワード・ヴァン・ヘイレン、RIP”の続きを読む】

『暗い世界 ウェールズ短編集』……ウェールズ文学のアンソロジーが刊行

刊行予告を見かけて以来、楽しみにしていた1冊です。



【“『暗い世界 ウェールズ短編集』……ウェールズ文学のアンソロジーが刊行”の続きを読む】

本は人生のおやつです!!が10周年……記念冊子『一◯に纏わる話』が刊行

大阪・堂島の本屋さん「本おや」こと「本は人生のおやつです!!」が10周年を迎え、記念冊子が刊行されました。


【“本は人生のおやつです!!が10周年……記念冊子『一◯に纏わる話』が刊行”の続きを読む】

「宇宙」と書いて「そら」と読む……『宇宙へ』

刊行前から楽しみにしていた本ですが、期待通り、というか期待以上の作品でした。



【“「宇宙」と書いて「そら」と読む……『宇宙へ』”の続きを読む】

『がまくんとかえるくん』(Frog and Toad)のコンプリートコレクション 【更新】

コロナ禍以外にも精神的につらいことがしばらく続いているもので、しばしばちょっとしたことで、めげそうになっているのですが、そんなとき、いちばん効くのは、子どものころ、学生のころに親しんだ本や音楽たちなのだなあ、ということを、実感させられる日々です。


【“『がまくんとかえるくん』(Frog and Toad)のコンプリートコレクション 【更新】”の続きを読む】