FC2ブログ

空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

電子書籍は洋書読書向きかもしれない

さて、電子書籍を利用した外国語読書の話です。


【“電子書籍は洋書読書向きかもしれない”の続きを読む】
スポンサーサイト



巣ごもり疲れで集中できないときは、短い作品がいいかもしれない

時間もあるし、読みたい本も読むべき本もある。ないのは、集中力? 気力? コロナ疲れというやつなのか、どうも本に入り込めないことがあります。


【“巣ごもり疲れで集中できないときは、短い作品がいいかもしれない”の続きを読む】

書店の棚、平台

本屋さんに足を運べなくなって、あらためて、書店の棚や平台が、いかにすぐれた展示装置であるかを実感しています。


Webでも「今月の新刊」一覧といった情報は手に入りますが、お店の店頭で新刊コーナーや平台を眺めるときのわくわくはないのだなあ……。


本屋さんを応援するには

一連のコロナ騒ぎで小売店が苦戦を強いられているのはいずこも同じ。海外の事例ですが、「書店を助ける」という見出しが目に入りましたので紹介したいと思います。


【“本屋さんを応援するには”の続きを読む】

神戸発のリトルプレス『ほんまに』20号が発売になりました

久しぶりの刊行です。



【“神戸発のリトルプレス『ほんまに』20号が発売になりました”の続きを読む】

東京・大阪の休業要請……新刊書店は? 古書店は? 【更新】

休業要請対象の件、予想された通り、案の定という感じで、基準のわかりにくさ、線引きのあいまいさ(*文末に補足あり)に関する声があちこちから上がったようで、その件を報じる記事が多く目につきました。


本屋・古本屋の線引き(*文末に補足あり)については、いろいろな意見が出ていますので、ここではその是非について踏み込むことはしませんが、記録のためという意味も含め、目についた記事を上げておきます。


【“東京・大阪の休業要請……新刊書店は? 古書店は? 【更新】”の続きを読む】

アラン・ホールズワースの評伝が発売に 【更新】

ギタリスト、アラン・ホールズワース(Allan Holdsworth)が亡くなったのは、2017年の4月15日(時差の関係なのか、16日としている資料・記事も)


【“アラン・ホールズワースの評伝が発売に 【更新】”の続きを読む】

緊急事態宣言発令後の書店の営業状況、その後 【更新】

4/13、新型コロナウイルス特別措置法に基づく休業要請対象となる業種が東京都により公開されました。一覧はこちら。「対象施設FAQ(令和2年4月13日19時00分)(東京都防災ホームページ)


【“緊急事態宣言発令後の書店の営業状況、その後 【更新】”の続きを読む】

本屋さんはどうなる?!……緊急事態宣言発令後の書店の営業状況 【更新】

4/7に東京他7都市で緊急事態宣言が発令されたことを受け、全国あちこちの書店が営業時間短縮まはた一時閉店・休業となっています。


こうした特殊な状況下での出版流通関係の情報とりまとめは、当方の手に余るものですが、本・書店に関心のある方に参考になりそうなまとめのサイトおよび取次関連の情報のみ、ご案内しておきます。


【“本屋さんはどうなる?!……緊急事態宣言発令後の書店の営業状況 【更新】”の続きを読む】

書泉グランデのしおりが野鳥シリーズに

店頭でもらえるのを楽しみにしている人も多いでしょう。書泉グランデのしおり。野鳥好きにはうれしいことに、少し前から、野鳥シリーズになっていますね。


(しばらく前に一度記事にしていますが、その後、追加で入手したものが増えてきましたので、まとめ直しました。)


【“書泉グランデのしおりが野鳥シリーズに”の続きを読む】

音楽を、ソウルを愛したコメディアン

昭和の小学生が、というか世代を問わず日本中の人たちが、どれだけたくさん笑わせてもらったことか……。


コロナ感染で入院中と伝えられていた志村けんさんが、先日、入院先で亡くなりました。「タレントの志村けんさん死去 70歳 コロナ感染で入院」(3/30 朝日新聞)


【“音楽を、ソウルを愛したコメディアン”の続きを読む】

図書館にも書店にも行けない行きにくい……でも、「本」にアクセスする手段はいろいろあるのです

なんだか、気が滅入るニュースばかり、ですよね。


こんなときこそ、本好き&仕事で本にかかわる関係者は、この本おもしろいよ!、この本楽しいよ!、こんな本があるよ!というのを、本気でどんどんツイッターのタイムラインなど、各種SNSに送り込んだらいいのではないかと思います。


【“図書館にも書店にも行けない行きにくい……でも、「本」にアクセスする手段はいろいろあるのです”の続きを読む】

〝音響的な快感の味わい方〟……『ポップ・ミュージックを語る10の視点』

読み始めから時間がずいぶんかかったのは、言及される音源をチェックしながらの読書だったためです。



【“〝音響的な快感の味わい方〟……『ポップ・ミュージックを語る10の視点』”の続きを読む】

子どもたちに本当に本を読ませたいのなら、どうしてこのようなものになってしまうのか

主旨はともかく、見せ方やり方がどうもなあ、という気がどうしてもしてしまうのです。


【“子どもたちに本当に本を読ませたいのなら、どうしてこのようなものになってしまうのか”の続きを読む】

中央線沿線屈指の名古書店が……ささま書店が閉店に

古本好きにとっては、「悲報」としかいいようがありません。


荻窪を、というか、中央線沿線を代表する古書店の1つ、ささま書店が閉店となることが、4/1、同店のツイッター(@sasamashoten)で報告されました。


【“中央線沿線屈指の名古書店が……ささま書店が閉店に”の続きを読む】