空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

山尾悠子さんの新刊『飛ぶ孔雀』がついに発売に

ほんとに出たんだなあ、と、そんなことを思ったのでした。



書影 飛ぶ孔雀
【“山尾悠子さんの新刊『飛ぶ孔雀』がついに発売に”の続きを読む】
スポンサーサイト

夏葉社の新刊……吉田篤弘『神様のいる街』

小さな本です。120ページほどと、すぐに読める分量ですが、一読、強く印象に残ります。



【“夏葉社の新刊……吉田篤弘『神様のいる街』”の続きを読む】

GW恒例子どもの本のイベント「上野の森 親子ブックフェスタ」は5/5まで【更新】

上野公園で開催中の「上野の森 親子ブックフェスタ」に行ってきました。


180503 上野 チラシ表180503 上野 チラシ裏
【“GW恒例子どもの本のイベント「上野の森 親子ブックフェスタ」は5/5まで【更新】”の続きを読む】

「子供の読書活動の推進に関する基本的な計画」が公開

しばらく前のことですが、こんな資料が文科省のサイトで公開になっています。



【“「子供の読書活動の推進に関する基本的な計画」が公開”の続きを読む】

本を読んでいると

本を読んでいると、音楽を聴いていると、文章や歌詞の一節が自分に向けて書かれて/歌われているとしか思えないものに出会うときがあります。


それは錯覚や妄想の類なのかもしれない。でも、そんなふうに思わせる力が、ある種の文学や歌詞にはあって、ぼく(や、このブログを読みにきてくださるようなみなさん)のように、本や音楽に親しんできた者は、そういうものたちに支えられて生きているような、そんな気がときどきする。


だから、本やレコードにお金や時間を使うのを、情熱を注ぎ込むのをやめることはできないのだろうなあ。


おもちゃの掃除は大変……

(以下、本棚の話は出てきますが、本にも本屋さんにも直接関係のない、くだらない話です。)
【“おもちゃの掃除は大変……”の続きを読む】

FC2Ad