FC2ブログ

空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

戸田書店、谷島屋……静岡書店巡り その1

先日、めずらしく、仕事の用事で静岡に行く機会がありました。静岡は、東京大阪間の新幹線往復で数え切れないほど通ってはいるのですが、これまで一度も下車の機会がありませんでした。今回が初めての下車・訪問、ということになります。


【“戸田書店、谷島屋……静岡書店巡り その1”の続きを読む】
スポンサーサイト

「本屋フリペの楽しみ方」が更新されました……(番外編)「本屋フリペ」いろいろ その2

毎月1回、主に新刊書店で配布されているフリーペーパー(連載と本稿では「本屋フリペ」と呼んでいます)を取り上げて紹介している版元ドットコムの連載「本屋フリペの楽しみ方」。昨日、連載が更新されました。



【“「本屋フリペの楽しみ方」が更新されました……(番外編)「本屋フリペ」いろいろ その2”の続きを読む】

東京・代々木上原の幸福書房が閉店 【更新】

この記事で紹介した東京・代々木上原にある駅前書店、幸福書房。(記事では、最初に目にした情報をもとに2月末の閉店としていましたが、実際には)2/20で閉店となりました。


東京新聞に閉店直前の同店を紹介する記事が掲載されました。「「魔法の本屋さん」40年で幕 代々木上原駅前「幸福書房」」(2/19 東京新聞)


【“東京・代々木上原の幸福書房が閉店 【更新】”の続きを読む】

『栄町市場界隈瓦版』……沖縄・宮里小書店発の本屋フリペ

全国、あちこちの本屋フリペを紹介してきましたが、沖縄発のものはこれまで紹介の機会がありませんでした。こんなにたくさんの本屋さんを回ってきたりまでしているのに……。


先日、あるトークイベントで、とうとう手に入れました。こちらです。


【“『栄町市場界隈瓦版』……沖縄・宮里小書店発の本屋フリペ”の続きを読む】

千駄木の本屋さん、往来堂書店

東京・千駄木の本屋さん、往来堂書店。同店発行のメルマガ「往来堂ももんが通信」、2018/2/18付の380号、冒頭の「デイリー往来堂」に店長笈入建志さんの、こんな【ご挨拶】が載っています。


【“千駄木の本屋さん、往来堂書店”の続きを読む】

昭和の児童書はこわくて楽しい……秋田書店の怪奇系全集(…ついでに古本のことも)

ぼくの前後の世代には、なつかしい!と感じる人も多いのではないでしょうか。思わず買ってしまいました。


  • 『世界怪奇ミステリー全集』全6巻(秋田書店)

【“昭和の児童書はこわくて楽しい……秋田書店の怪奇系全集(…ついでに古本のことも)”の続きを読む】

日本橋のタロー書房はいいお店です

先日、日本橋で用事があったので、タロー書房に寄ってきました。


【“日本橋のタロー書房はいいお店です”の続きを読む】

東京メトロ駅で配布の無料誌に、荻窪・西荻窪の本屋特集が

東京メトロの駅で配布されている無料誌に、本屋特集が掲載されています。



【“東京メトロ駅で配布の無料誌に、荻窪・西荻窪の本屋特集が”の続きを読む】

中学生のころに読みたかった本に、30数年目にして出会った話

しばらく前のことですが、知り合いの本屋さんから、こんな本をいただきました。


  • ジェラルド・ダレル『積みすぎた箱舟』(暮らしの手帖社)

【“中学生のころに読みたかった本に、30数年目にして出会った話”の続きを読む】

新宿ピカデリーで爆音映画祭が開催中

以前にこちらの記事で、《もう公開終了になっているしばらく前の作品ではありますが》として紹介した『ベイビー・ドライバー』『アトミック・ブロンド』、さらに記事の後半でふれた『パーティで女の子に話しかけるには』の3本が、新宿ピカデリーで開催中の「新宿ピカデリー爆音映画祭」で観られるようです。3/2まで。


【“新宿ピカデリーで爆音映画祭が開催中”の続きを読む】

音楽で子どもたちに本の魅力を?!……ニューヨーク公共図書館が子ども向け音楽アルバムを作成&公開【更新】

図書館でのユニークな取り組みを紹介する記事を見かけました。米国・ニューヨークの事例です。



【“音楽で子どもたちに本の魅力を?!……ニューヨーク公共図書館が子ども向け音楽アルバムを作成&公開【更新】”の続きを読む】

ライブラリーのあるマンション

先日、こんな記事が目につきました。



【“ライブラリーのあるマンション”の続きを読む】

カタカナ表記が違うと出会えない……アラン・ホールズワースの日本語文献を「発見」

昨年亡くなってしまったギタリスト、アラン・ホールズワース(Allan Holdsworth)を敬愛するあまり、ちょっとおかしくなってしまっている空犬です。どれぐらいおかしくなっているかというと、こんな買い物をしてしまう程度に……。


【“カタカナ表記が違うと出会えない……アラン・ホールズワースの日本語文献を「発見」”の続きを読む】

生き物好きの書斎兼カフェ……下北沢のダーウィルーム

先日、本屋B&Bでのトークイベントを聞きに、下北沢に出かける機会があったので、少し早めに家を出て、ダーウィンルームに寄ってきました。


【“生き物好きの書斎兼カフェ……下北沢のダーウィルーム”の続きを読む】

字が汚い、そもそも字が書けない、なのに筆記具(とノート)が好きだという……【更新】

なにしろ、大変に字が汚いのです。並大抵ではありません。


その自覚は早くからあったものですから、キーボード(最初は電子タイプ、すぐにワープロ専用機)を手にしたときは、これだ!と思ったものでした。自分の手に本来ついているはずのパーツがそれまで欠けていたのでは、と思えるほどに。


【“字が汚い、そもそも字が書けない、なのに筆記具(とノート)が好きだという……【更新】”の続きを読む】

昭和特撮者感涙……『成田亨画集』が復刊

先日、特撮関連本をいろいろ紹介したばかりですが、またまたものすごい特撮本が出てしまいました。


【“昭和特撮者感涙……『成田亨画集』が復刊”の続きを読む】

子ども向け点字図書館と「こども本の森」

この記事でふれた、2019年に大阪・中之島に建設予定の「こども本の森」。それに関連する記事が目につきましたので、しばらく前のものですが、あらためて紹介しておきます。


【“子ども向け点字図書館と「こども本の森」”の続きを読む】

しおりに犬がいっぱい【更新】

書泉グランデで本を買ったら、同店名物のオリジナルしおりの絵柄が、わんちゃんだらけでした。


【“しおりに犬がいっぱい【更新】”の続きを読む】

昨年の『週刊女性』書店関連記事がWEBに

昨年、『週刊女性』2017年10月24日号の書店特集に掲載されたものだと思いますが、書店関連記事が昨年末に、数本まとめてWebにあがり、読めるようになっています。


【“昨年の『週刊女性』書店関連記事がWEBに”の続きを読む】

FC2Ad