空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

空犬通信のこと

このブログも、気づけば、始めて10年超になります。


【“空犬通信のこと”の続きを読む】
スポンサーサイト

京都国際マンガミュージアムに行ってきました……京都本屋巡り 番外編

8月に京都を訪問したときのこと。書店ではありませんが、本関連の施設で、以前からぜひ一度行ってみたいと思っていた、こちらを訪ねてきましたよ。京都国際マンガミュージアム


【“京都国際マンガミュージアムに行ってきました……京都本屋巡り 番外編”の続きを読む】

アバンティブックセンター、遠藤書店……京都本屋巡り その4

「京都本屋巡り その4」としましたが、前回のその3とは別のときに訪問した書店レポートです。


【“アバンティブックセンター、遠藤書店……京都本屋巡り その4”の続きを読む】

年末の読書、年始の読書

新年最初の読書はこれにしようかな、と思っています。


【“年末の読書、年始の読書”の続きを読む】

Fまんがはてんとう虫コミックスで読みたい……『エスパー魔美』新装版がすばらしい

藤子Fマンガでいちばん好きなのは『オバケのQ太郎』であることは、以前記事にしたこともある通りですが、Qちゃんの次に好きといってもいいかもしれないのがこちら。



【“Fまんがはてんとう虫コミックスで読みたい……『エスパー魔美』新装版がすばらしい”の続きを読む】

音楽と映画の幸せな関係

『映画秘宝』本誌の連載で読んでるからいいかなあ、と、気になりつつも後回しにしていたこの本、結局買ってしまったのでした。サントラ好きとしては持っておくべきかなあ、と思い。


【“音楽と映画の幸せな関係”の続きを読む】

「吉祥寺パルコの古書市」に行ってきました

先日の記事で紹介した「吉祥寺パルコの古書市」。初日の今日、見に行ってきました。


【“「吉祥寺パルコの古書市」に行ってきました”の続きを読む】

人はいつ読書するのか

《人は人生を愛しているときには読書はしない。それに、映画館にだってほとんど行かない。何と言われようとも、芸術の世界への入り口は多かれ少なかれ、人生に少しばかりうんざりしている人たちのために用意されているのである》。


【“人はいつ読書するのか”の続きを読む】

年末恒例、本の大整理を

毎年、年末が近くなると、本の大整理をしています。けっこうなペースで本を買っているものですから、さすがに1年に1回は大整理をしないと、生活スペースが、日常生活に支障をきたしそうな感じになってしまうからです。


【“年末恒例、本の大整理を”の続きを読む】

やっぱりアナログレコードはいいなあ……2枚組ライヴアルバム、ジャケットギャラリー

(前回に引き続き、本にも本屋さんにもまったく関係のない記事です。)


2枚組ライヴ、が好きなんです。YouTubeでライヴ映像に簡単にアクセスできる今と違い、ぼくらの世代が中高生のころは、アーティストのリアルな演奏にふれる機会といったら、実際にライヴに足を運ぶしかなく、それはお金も機会もない中高生にはたいそうむずかしい。なので、ライヴ盤というのはいま以上に本当に貴重な「音源」だったんですよね。


【“やっぱりアナログレコードはいいなあ……2枚組ライヴアルバム、ジャケットギャラリー”の続きを読む】

やっぱりアナログレコードはいいなあ……SF映画サントラ、ジャケットギャラリー【更新】

前回、アナログレコードはいいなあ、という話をしましたが、今回も続けてアナログレコードの話を。


(今回は、本にも本屋さんにもまったく関係のない記事です。)


【“やっぱりアナログレコードはいいなあ……SF映画サントラ、ジャケットギャラリー【更新】”の続きを読む】

『レコードがある暮らし』を手にアナログのことをいろいろ考えたり【更新】

以前、こんな記事も書きましたが、今年はまさに「アナログブーム」がブームの域を超えて本格化した感じの1年でしたね。


ディスクユニオンの店頭で無料配布されている冊子にこんなのがあります。



書影 レコードがある暮らし2書影 レコードがある暮らし3
【“『レコードがある暮らし』を手にアナログのことをいろいろ考えたり【更新】”の続きを読む】

『吉祥寺パルコの古書市』、明日からです

吉祥寺での古本市、明日からです。



【“『吉祥寺パルコの古書市』、明日からです”の続きを読む】

「私たち出版業界がすべきこと」……『出版物販売額の実態』

先日で、新刊書店の閉店関連のニュースがやけに目につくという話を記事にしたばかりですが、こんな文章が目にとまりました。



書き手は「日販営業推進室経営相談グループ書店サポートチーム」(ツイッターのアカウントは、@Nippan_SyotenST)となっていて、個人名は記されていません。


先日書いた、最近の新刊書店閉店をまとめた記事に関連する内容になっていますので、一部を引きながら紹介します。


【“「私たち出版業界がすべきこと」……『出版物販売額の実態』”の続きを読む】

あおい書店から屋号変更……ブックファースト中野店としてリニューアルオープン

この前の週末、吉祥寺で買い物の用事があったので、ついでにと中野まで足をのばし、先日の記事で紹介したブックファースト中野店を見てきました。


【“あおい書店から屋号変更……ブックファースト中野店としてリニューアルオープン”の続きを読む】

「本屋フリペの楽しみ方」が更新されました……「こちわしょ」

毎月1回、主に新刊書店で配布されているフリーペーパー(連載と本稿では「本屋フリペ」と呼んでいます)を取り上げて紹介している版元ドットコムの連載「本屋フリペの楽しみ方」。昨日、連載が更新されました。今年最後の回になります。



【“「本屋フリペの楽しみ方」が更新されました……「こちわしょ」”の続きを読む】

相次ぐ新刊書店の閉店【更新】

先日、東京・代々木上原駅前の街の本屋さん、幸福書房が来年2月に閉店になることを記事で報告しましたが、このところ、書店の、とくに街の本屋さんの閉店を報じる記事がやけに続くなあと感じていたところでした。最近のものをあげてみます。


【“相次ぐ新刊書店の閉店【更新】”の続きを読む】

代々木上原の本屋さん、幸福書房が来年2月に閉店に

東京・代々木上原駅前にある街の本屋さん、幸福書房が、2018年2月末で閉店とのことです。


このすばらしい本屋さんの閉店を、自分のブログで取り上げることになるとは……。あまりのことに、言葉もありません。



【“代々木上原の本屋さん、幸福書房が来年2月に閉店に”の続きを読む】

「人生を豊かにしてくれた本」たち……「本おや通信」28号が完成しました

11/15に大阪の本屋さん「本は人生のおやつです!!」で開催されたトークイベント「公開☆本おや通信〜編集者・空犬太郎さんの場合〜」


トークの様子は、こちらの記事で簡単に報告していますが、記事で予告しました通り、トークの内容を本おや店主さんがまとめたものが掲載されたフリペが発行されました。「本おや通信」28号。早速送っていただきましたので、紹介します。


本おや通信28号
【“「人生を豊かにしてくれた本」たち……「本おや通信」28号が完成しました”の続きを読む】

住民の寄贈で自治体が児童文庫を?!【更新】

先日、ある自治体が《地域や家庭で読まれなくなった本のうち、子供に読んでもらいたい図鑑や絵本、読み物、教育漫画など》を住民の寄贈で集めて文庫として公開するという記事を見かけました。



【“住民の寄贈で自治体が児童文庫を?!【更新】”の続きを読む】

有楽町マルイでゴジラ関連展示『ゴジラIN有楽町マルイ』が開催中……アニゴジのことも少しだけ【更新】

有楽町マルイで開催中の展示『ゴジラIN有楽町マルイ』を見てきました。


171212 ゴジラ展 チラシ
【“有楽町マルイでゴジラ関連展示『ゴジラIN有楽町マルイ』が開催中……アニゴジのことも少しだけ【更新】”の続きを読む】

またしても三鷹の新刊書店が閉店に……そして汐留の文教堂書店も【更新】

東京・三鷹の書店関連では、今年の2月に、エキナカにあったブックエキスプレスが閉店になったことを3月に記事にしていますが、それから1年もたたないのに、またしても三鷹の、そして、今回も駅ビル内の書店が閉店になることをご報告しなくてはならなくなりました。


アトレヴィ三鷹4Fに入っている文教堂書店三鷹駅店が、2018年1月8日で閉店になるそうです。本稿執筆時点では、公式サイトには案内が出ていませんが、店頭に閉店案内の貼り紙が出ていました。


171228 文教堂三鷹171228 文教堂三鷹 閉店案内

↑写真を追加しました(2017/12/28の様子です)



【“またしても三鷹の新刊書店が閉店に……そして汐留の文教堂書店も【更新】”の続きを読む】

吉祥寺の新刊書店マップ

吉祥寺の新刊書店の地図・リストです。吉祥寺での本屋巡りの参考にしていただければ。


【“吉祥寺の新刊書店マップ”の続きを読む】

MAP: Bookstores in Kichijoji, Tokyo

Bookstores in Kichijoji, Tokyo.


【“MAP: Bookstores in Kichijoji, Tokyo”の続きを読む】

好きなバンドのなんとか版/盤が出ると買わざるを得ない件

長く音楽好きをやってると、同じ盤、同じ作品に、いったい何回お金を出すことになるんだ……って事態、ありますよね。それも、割に頻繁に……。この秋、こんなのが続けて出てしまい、うれしい悲鳴というかなんというか、当方のような好みの持ち主には(主に経済的+収納場所的に)大変です。


  • ザ・ジャム『1977』
  • ザ・スミス『クイーン・イズ・デッド』

ジャケ写 ザ・ジャム 1977ジャケ写 クイーン・イズ・デッド ボックス
【“好きなバンドのなんとか版/盤が出ると買わざるを得ない件”の続きを読む】

吉祥寺の新刊書店地図ができました【更新】

吉祥寺の新刊書店の情報をまとめた地図「吉祥寺書店マップ2018年版」が完成しました。作成・発行は吉祥寺書店員の会「吉っ読」。


吉祥寺書店マップ2018
【“吉祥寺の新刊書店地図ができました【更新】”の続きを読む】

東京・茗荷谷にできた子どもの本の店「てんしん書房」を訪ねてきました【更新】

しばらく前のことになりますが、仕事で近くを通りかかったので、これはチャンスと、東京・茗荷谷(文京区小石川)にできた新しい子どもの本屋さんてんしん書房を訪ねてきました。2017年10月オープンですから、ほんとにできたばかりですね。


1711 てんしん書房 外観1711 てんしん書房 看板
【“東京・茗荷谷にできた子どもの本の店「てんしん書房」を訪ねてきました【更新】”の続きを読む】

宇治書店、帯伊書店、本屋プラグ……和歌山で書店回りをしてきましたよ【更新】

しばらく前のことですが、仕事の用事で和歌山に行ってきました。夕方に終わる用事だったので、少しだけ本屋回りをする時間がとれました。訪ねてきたお店を簡単に紹介します。


まずは、宇治書店


171124 和歌山 宇治書店 外観1171124 和歌山 宇治書店 外観2
【“宇治書店、帯伊書店、本屋プラグ……和歌山で書店回りをしてきましたよ【更新】”の続きを読む】

吉祥寺の書店員出演トークイベント無事終了……そしてパルコブックセンター吉祥寺店のこと

昨日、吉祥寺「一日」で開催されたトークイベント「吉祥寺な人たちのつどい」(イベント概要はこちら。吉祥寺の本屋さんと街に関心のある方がたくさん集まってくださり、30人定員の会場は満員。楽しいイベントになりました。参加くださったみなさま、ありがとうございました。


吉祥寺書店員の会「吉っ読」では、現在、吉祥寺の新刊書店のマップを作成中なんですが、昨日のイベントでは、マップのほかにも、新刊書店・古書店を網羅した吉祥寺の書店スタンプラリーや、吉祥寺でのブックイベントがあってもいいのでは、といった意見も出ました。吉祥寺の本屋さんと吉祥寺という街自体とを盛り上げられるようなアイディアを、これからもいろいろ考えていけたらなあと、イベントを終えて、そんなことを思ったりしたのでした。


さて。昨日のトークイベントでも話題になったんですが、吉祥寺の書店事情に影響の大きい、こんなニュースが流れました。「映画館「アップリンク吉祥寺パルコ」が2018年冬オープン 5スクリーン完備」(12/1 CINRA.net)「吉祥寺に新映画館 「アップリンク吉祥寺パルコ」2018年冬に開業」(12/1 映画.com)


【“吉祥寺の書店員出演トークイベント無事終了……そしてパルコブックセンター吉祥寺店のこと”の続きを読む】

FC2Ad