空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

1979年に続く第2弾、『1984年の歌謡曲』……そして『ギター・マガジン』も歌謡曲特集

「歌謡曲」関連で、興味深い本が続けて出ました。



書影 1984年の歌謡曲書影 ギタマガ1704

【“1979年に続く第2弾、『1984年の歌謡曲』……そして『ギター・マガジン』も歌謡曲特集”の続きを読む】
スポンサーサイト

『母の友』と『本の雑誌』で新刊書店を紹介する連載が始まりました

時期を同じくして、月刊誌での本屋紹介連載が複数始まりましたので、ご紹介します。



書影 母の友 1704本屋さんに行こう 母の友
【“『母の友』と『本の雑誌』で新刊書店を紹介する連載が始まりました”の続きを読む】

『本屋図鑑』掲載店がまた1つ……あゆみBOOKS小石川店がまもなく閉店に

大変残念なことに、またしても『本屋図鑑』(夏葉社)掲載店が1軒、店を閉じることになりました。



170311 あゆみ小石川 外観3

同店は2005年4月のオープン。閉店の理由について、新文化の記事には、《店舗周辺の再開発事業工事などにより来店客数、売上げが減少し》たためとあります。


『本屋図鑑』の取材で、夏葉社の島田さん、イラストレーターの得地直美さんと一緒にあゆみBOOKS小石川店を訪ねたのは、2012年のことでした。当時、同店の店長だった久禮亮太さん(現在は同店を離れ、フリーランス書店員として活躍中)に、主に人文の棚作りについて、実際に棚を端から順に見ながら懇切丁寧に解説してもらったのを、今でも鮮明に思い出します。


【“『本屋図鑑』掲載店がまた1つ……あゆみBOOKS小石川店がまもなく閉店に”の続きを読む】

文庫・新書専門の古本屋さん、茅場町の酒井古書店

先日、用事があって日本図書館協会を訪ねてきました。地下鉄の茅場町駅から歩いていったんですが、日本図書館協会のすぐ近くに古本屋さんがありました。酒井古書店


酒井古書店 外観1酒井古書店 外観2
【“文庫・新書専門の古本屋さん、茅場町の酒井古書店”の続きを読む】

幻戯書房からまさかの椿實作品集が……『メーゾン・ベルビウの猫』

まさかこんな本が出るとはなあ。



書影 メーゾン・ベルビウの猫
【“幻戯書房からまさかの椿實作品集が……『メーゾン・ベルビウの猫』”の続きを読む】

銀座の本屋さん

本好きに支持の厚い書原阿佐ヶ谷店や、当ブログでも何度も取り上げているブックハウス神保町の話題にやや隠れてしまった感がなきにしもあらずですが、まもなく東京・銀座の本屋さん、ブックファースト銀座コア店が閉店になります。


同店は、2003年に、それまでくまざわ書店が入っていた銀座コア6階にオープン。オープンのときに駆けつけて、開店記念として、(うろ覚えですが)とってのついたビニール製のブックカバーをもらった記憶があります。


このお店には、一時期、本業の仕事の用事で熱心に通っていたことがあるのですが、担当の方にもよくしていただくなど、いい思い出がたくさんあるお店です。閉店前に見ておきたいと思い、先日、訪ねてきました。


1702 ブックファースト銀座コア店 11702 ブックファースト銀座コア店 2

↑中央通り側から。看板と建物入り口の様子。


【“銀座の本屋さん”の続きを読む】

紀伊國屋書店がこの春、一気に4店をオープン

先日、2/17に紀伊國屋書店が出したリリース「紀伊國屋書店 2017年春に4店舗をオープン」には、びっくりさせられました。もちろん、うれしい意味で、です。


本ブログでもたびたび取り上げていますが、有名店や老舗を含む書店閉店のニュースが次々に報じられるこのご時世に、なんと一気に4店舗をオープン。そして、何よりうれしいのは、その4店のなかに、震災の影響で長期にわたる休業を余儀なくされていた熊本県の紀伊國屋書店熊本はません店が含まれていることです。


リリースによれば、2017年春にオープンとなるお店は以下の4店。新規が3店、リニューアルが1店です。


  • 紀伊國屋書店 エブリイ津高店
  • 紀伊國屋書店 天神イムズ店
  • 紀伊國屋書店 (仮称)木場店
  • 紀伊國屋書店 熊本はません店

【“紀伊國屋書店がこの春、一気に4店をオープン”の続きを読む】

イギリスの本屋さんを紹介する連載が更新されました

しばらく前の記事で、イギリスの書店事情を詳細に伝えてくれるすばらしい書店訪問記がDOTPLACEで始まったことを紹介しましたが、2月末に第2回がアップされました。



今回取り上げられているのはインク@84。《ロンドン北部のハイベリーに2015年12月にオープンした本屋さん》で、《地下鉄ピカデリー線のアーセナル駅から徒歩10分、ヴィクトリア線のハイベリー&イズリントン駅から17分。公園に近く、静かな住宅街の一角にあ》るお店だとのこと。


【“イギリスの本屋さんを紹介する連載が更新されました”の続きを読む】

「ブックハウス神保町」閉店続報……すずらん通りに新たなブックスペースが

先日、神保町にあった児童書専門書店「ブックハウス神保町」の閉店に関する記事を書きました。こちら。その後、「新文化」2/16号に「ブックハウス神保町 閉店、ショールームに」という記事が掲載されました。その記事の後半で、同店の今後についてふれられています。このブログを読んでくださっている本屋好きのみなさんのなかには、同店の今後に関心をお持ちの方も多いでしょうから、簡単にご紹介したいと思います。


【“「ブックハウス神保町」閉店続報……すずらん通りに新たなブックスペースが”の続きを読む】

FC2Ad