FC2ブログ

空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

『小さな出版社のつくり方』

こんな本をいただきました。



書影 小さな出版社

版元のサイトから内容紹介を引きます。《ライフワークとして出版業界を見つめ続けてきた永江朗が、新しく創業された「小さな」出版社、11社12人にロングインタビューを敢行。硬直化した出版業界のなかでいつしか忘れていた「本」への気持ちを思い出させてくれる一冊。出版社のみならず、書店、取次など「本」を仕事として選んだすべての人たちにおすすめです》。


本書に登場する版元は以下の11社です(サイトから;登場順)



大変興味深く、またおもしろく読みました。およそ出版関連の記事で、「出版不況が叫ばれるなか」といったたぐいの書き出しをもたないものはないのではというほど、出版=不況というのがメディアではもうすっかり定番になってしまった感がありますよね。


それでも本をつくりたい、本を届けたいという志を持つ人たちがいなくなったわけではありません。そんな志ある人たちがおこした小さな出版社を紹介する本書は、出版にできることはまだまだたくさんあるのだということを実感させてくれる1冊だと言っていいと思います。小さな出版社の活動、その出版物に興味のある方にはおすすめの1冊です。


【“『小さな出版社のつくり方』”の続きを読む】
スポンサーサイト