空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

9月に三鷹図書館で夏葉社島田さんの講演会が開催

9月に、東京三鷹市の三鷹図書館で夏葉社・島田さんの講演会が開催されるとの案内を三鷹図書館の方からいただきました。


    三鷹市立図書館講演会「読み返される本の見つけ方」
    日時:2016年9月11日(日)14:00〜16:00
    会場:三鷹図書館(本館)第一集会室
    講師:島田潤一郎(夏葉社)
    対象:どなたでも 中高生大歓迎!
    参加人数:50人(申込先着順)
    予約・問い合わせ:三鷹図書館(本館) 0422-43-9151

チラシ 160911三鷹図書館
【“9月に三鷹図書館で夏葉社島田さんの講演会が開催”の続きを読む】
スポンサーサイト

本と音楽のイベント「ブックンロール」が沖縄で開催されます!

昨年でいったん終了としました本と音楽のイベント「ブックンロール」。この10月に、なんと沖縄で開催されることになりました。


    Book'n'Roll OKINAWA ブックンロールオキナワ
    日時:2016年10月13日(木)OPEN19:00 START19:30
     ライブの部 START 19:30〜
     トークの部 START 20:30〜
    会場:バンターハウス
     那覇市牧志2-17-3 PLAZA21地下1F
     沖映通り、東江メガネ近く 電話098-863-7967
    料金:1,500円(1ドリンク付き、前売り・予約優先)
    出演:
    (トークの部):新嶋正規(金武文化堂)、吉山(大城書店)、新城和博(ボーダーインク)、空犬太郎
    (ライブの部):天久斉(BOOKSじのん)、渡慶次美帆(くじらブックス)、小原猛(作家)、筒井陽一(リブロリウボウブックセンター店)、三木静(小雨堂)、喜納えりか(ボーダーインク)、じゃぱな(書店営業)
    予約・問い合わせ:erika●borderink.com(●を@マークに)、098-835-2777(喜納さん)

BNRオキナワ チラシ表BNRオキナワ チラシ裏

サイト(ブログ)のトップにはこんなふうに書かれています。《本にかかわる人たちが、ライブしてトークして本の未来を考える!本と書店と音楽のイベント「ブックンロール沖縄」2016年10月13日(木)開催します》。


まさか、こんなふうに新たなかたちで開催されることになるとはなあ。元の企画者・主催者として、こんなにうれしいことはありません。


【“本と音楽のイベント「ブックンロール」が沖縄で開催されます!”の続きを読む】

10月発売の村山早紀さん新刊、刊行記念トークイベントが大盛堂書店で開催【更新】

昨年の8月に、渋谷の大盛堂書店で村山早紀さんの新刊刊行記念トークイベントに出演させていただいたんですが、今年もこんなイベントが開催されることになり、当方も出演させていただくことになりましたよ。


    『桜風堂ものがたり』(PHP研究所)発売記念
    著者:村山早紀さんトーク&サイン会

    日時:2016年10月9日(日)
     第一部 12:00〜12:40(開場11:30)
     *トーク終了後サイン会あり(14:00頃終了)
     第二部 15:30〜16:10(開場15:00)
     *トーク終了後サイン会あり(17:30頃終了)
    会場:大盛堂書店3Fイベントスペース(東京・渋谷)
    出演:村山早紀
    聞き手:(第一部)空犬太郎(編集者・ライター)(第二部)山本亮(大盛堂書店)、ゲスト(?)
    会費:無料(自由席;要予約)
    予約・問い合わせ:03-5784-4900
    book●taiseido.co.jp(●を@マークに)
    *第一部、第二部とも定員に達したため、予約受付終了とのことです。

書影 桜風堂

会場の大盛堂書店のサイトから内容紹介を引きます。《長年、児童文学や小説などで幅広い読者の支持を集めている村山早紀さんの9月の新刊は、村山さんがこよなく愛する書店を舞台とした物語です。今回その発売を記念してトーク&サイン会を当店にて約一年ぶりに開催します。第一部を前回と引き続き書店のことといえばこの方、編集者・ライターの空犬太郎さん、第二部を当店・山本が聞き手となり、本書の魅力や村山さんの書店・書店員愛を十二分に語りつくします。ぜひご来場ください》。


版元、PHPの案内はこちら


【“10月発売の村山早紀さん新刊、刊行記念トークイベントが大盛堂書店で開催【更新】”の続きを読む】

2016年後半に予定している出版・書店・音楽関連イベントです【更新】

定期的にイベント開催していた西荻窪のブックカフェ、beco cafeが閉店になりましたので、今年の後半は出版・書店・音楽関連の企画・主催イベントは予定がないのですが、うれしいことに、いくつか出演依頼などもいただいていますので、リストアップしておきます。それぞれのイベントについては、別途くわしいご案内をアップします。



◆これからのイベント◆



【“2016年後半に予定している出版・書店・音楽関連イベントです【更新】”の続きを読む】

リブロ池袋本店の閉店から1年がたち……

もう、ずいぶん前のことのようにも感じられます。リブロ池袋本店の閉店


「新文化」8/11号に、「リブロ池袋本店、閉店から1年経って」という記事が掲載されています。書き手は、閉店時に同店の店長だった菊池壮一さん。


《直接の単純な理由は、09年西武百貨店との間に結んだ定期建物賃貸借契約(定借)の更新をしてもらえなかったこと。これがすべてである》という閉店の経緯だけでなく、同店の歴史がコンパクトにまとめられています。


【“リブロ池袋本店の閉店から1年がたち……”の続きを読む】

本屋好きは必聴必見……9月開催シンポ分科会に留萌ブックセンター関係者が登壇

今年から9月に行われることになった東京国際ブックフェア。会期中にこんなシンポジウムが行われるようです。



記事を引きます。《NPO法人本の学校は9月24日、東京・江東区の東京ビッグサイト会議棟で「出版産業シンポジウム2016in東京〜出版産業のこれから―新たなビジネスモデルを構築する〜」を開催する》。


記事をもとに、特別講演と分科会の内容・出演者などをまとめてみます。(出演者の所属などは記事ママ、敬称略。)


    10:00〜11:40 特別講演「書籍ビジネスは自立できるのか? 流通、電子、海外、協業、新たな可能性に向けて」
    講師:江草貞治(有斐閣)、金原俊(医学書院、医書ジェーピー)、鶴巻謙介(サンクチュアリ・パブリッシング)
    コーディネーター星野渉(本の学校理事長、文化通信社)

    12:40〜14:10 第1分科会「出版コンテンツの海外展開」
    コーディネーター:大森龍太(日本書籍出版協会事務局)
    パネリスト:内田明(トーハン海外事業部)、武田伊智朗(サンマーク出版)

    12:40〜14:10 第2分科会「町の本屋は地元で支える 留萌ブックセンターby三省堂書店の5年間」
    コーディネーター:柴野京子(本の学校、上智大学)
    パネリスト:武良千春(三省堂書店応援し隊)、塚田亮二(三省堂書店応援し隊)、今拓己(留萌ブックセンターby三省堂書店)

    14:30〜16:00 第3分科会「書籍マージンの再配分を考える 小売マージンは増やせるか?」
    コーディネーター:松井祐輔(H.A.Bookstore)
    パネリスト:高野幸生(MPD)、渡辺佑一(ミシマ社)

    14:30〜16:00 第4分科会「『雑誌販売戦略』を再構築する 売るための考え方、技術、仕組みetc.」
    コーディネーター:井上直(ダイヤモンド社)
    パネリスト:奥野康作(ブックエース)、梶野光弘(ブックファースト)、百々典孝(紀伊國屋書店)

    18:00〜20:00 交流会(フードコート&ビアーEatiT!)

【“本屋好きは必聴必見……9月開催シンポ分科会に留萌ブックセンター関係者が登壇”の続きを読む】

ロンドン・パンク40周年、にパンク本を読んでみる

今年、2016年はロンドン・パンクが生まれて40周年。記念イヤーということで、イギリスでは、「Punk London」が開催されていること、それを不快に思ったマルコム・マクラーレンの息子ジョー・コーレンが、抗議のために、8億円(!)にのぼるパンク・コレクションを、セックス・ピストルズがファーストシングル「Anarchy in the UK」をリリースした11月26日に行うと発表したりして、いろいろと話題になっていますね。


『ロッキングオン』が6月号で、40ページのボリュームのパンク特集を組んでいましたが、関連書籍は出ないのかなあ、と思っていたら、こんな本が出ましたね。



書影 パンク・レヴォリューション

版元の内容紹介によれば、こんな本です。《パンクが生まれて40年目、その巨大な影響をトータルに検証する。そのはかりしれない力はどこからうまれ、何をもたらしたのか。バンド論、ディスクガイドなども付す》。


パンク&ニュー・ウェーブに絶大な影響を受けた身としてはこのような本が出ると買わざるを得ないのでした。一気に読んでしまいましたよ。


【“ロンドン・パンク40周年、にパンク本を読んでみる”の続きを読む】

Books Kinokuniya Tokyoが再オープン! 早速訪ねてきましたよ

8/7に紀伊國屋書店新宿南店が閉店となりました。


一部が、洋書専門店として残りますから、このような場合「閉店」という表現が正しいのか、ちょっと微妙ですが、でも、和書を扱う大型一般書店としての紀伊國屋書店新宿南店はなくなってしまうわけですから、ここはやはり「閉店」ということになるのでしょう。


同店にはたくさんの思い出があります。開始直後に訪ねたときのことは今でもよく覚えています。訪問当初は、なんとなくがらんとした印象を受けたりしたものですが、あれよあれよという間に棚は充実、フェアやイベントも本店とはまた違った独自のものが頻繁に開催されるようになり、新宿利用の読書人にとってなくてはならない店の1つになるにはさほどの時間を要しなかったのでした。新宿の紀伊國屋といえばやはり新宿本店のイメージが圧倒的に強かった我々本好き本屋好きに、新しい大型書店のかたちを見せてくれたのが新宿南店だったのです。


個人的にも大変よく利用しましたし、数年前からは親子で通うようになり、やがてうちの本好きっ子のお気に入りの本屋さんになりました。本人にとって大好きなスペースだったのはもちろん大事ですが、それだけなく、親から見て、子どもを安心して長時間いさせられるお店だったというのも重要でした。


仕事のほうでもたくさんお世話になったなあ。ぼくは営業ではなかったのですが、同店には「営業」として注文書を持ってせっせと通いましたし、担当した本のイベントをしていただいたこともありました。


【“Books Kinokuniya Tokyoが再オープン! 早速訪ねてきましたよ”の続きを読む】

"「本と町」の可能性を教えてくれる名著"が復刊に……『移動図書館ひまわり号』

夏葉社の新刊は、同社としては久しぶりの復刊もの。今回は図書館がテーマの本です。こちら。



書影 移動図書館

個人的にもうれしい復刊です。というのも、この本、ぼくは以前に、筑摩書房版で読んでいるんですが、初読時、大変に感銘を受けた記憶があるからです。このような本が切れてしまっているのは惜しいなあと思っていたのでした。


本書の内容ですが、1988年刊の筑摩書房版の内容紹介にはこうあります。《東京都の日野市立図書館は、ひまわり号一台だけで出発し、一部の無理解や悪意に耐え、市民の圧倒的な支持を得ていった。初代館長が書きつづった感動的な記録》。


書名には「移動図書館」とありますが、移動図書館のこと「だけ」が書かれた本ではありません。目次を見ると、「市民のなかへ」「市民と図書館」といった表現が見えますが、まさに、地域の読者と図書館の関係について踏み込んだものになっています。版元の島田さんは、本書の刊行についてふれたツイートで、《図書館が1つもなかった市に、本が広がっていく歴史的な記録。感動します。本の可能性、「本と町」の可能性を教えてくれる名著です》と書いていますが、同感です。


【“"「本と町」の可能性を教えてくれる名著"が復刊に……『移動図書館ひまわり号』”の続きを読む】

『天地明察』読者はぜひ……『天文学者たちの江戸時代』がおもしろい

いやはや、実におもしろい1冊でした。



書影 天文学者たちの

版元の内容紹介によれば、このような本です。《「日本の天文学」の大転換は、江戸時代に起こった。日本独自の暦を初めて作った渋川春海、西洋天文学の導入を目指した徳川吉宗と麻田剛立、全国の測量で名を馳せた伊能忠敬、地動説に取り組んだ理論家の高橋至時、「機械おたく」の商人の間重富、シーボルト事件で獄死した悲運の秀才高橋景保…。先行するヨーロッパや中国の知識と格闘し、暦と宇宙の研究に情熱を燃やした江戸時代の天文学者たちの人生と思索をたどると、日本の宇宙観の変遷が見えてくる》。


【“『天地明察』読者はぜひ……『天文学者たちの江戸時代』がおもしろい”の続きを読む】

やっぱり本屋さんのフリーペーパーはおもしろい!【更新】

以前にもご報告したことがありますが、あらためて。版元ドットコムのサイトで、本屋さんのフリーペーパーを紹介する連載「本屋フリペの楽しみ方」を担当しています。今年の3月末に始め、現在、以下のものが掲載されています。



月1回掲載で、毎月月末、25日前後にアップされます。


【“やっぱり本屋さんのフリーペーパーはおもしろい!【更新】”の続きを読む】

FC2Ad