空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

野球本を読む【更新】

いかにもインドア派なことばかり書いているせいか、野球本(とくに、「昭和の」とつくものや歴史もの)と野球映画は好きで、ときどき読みたくなったり観たくなったりする、などというと、意外だと言われることがあります。リアルの野球はぜんぜん観ませんからね。どれぐらい観ていないかというと、プロ野球の全チームの正式名称と本拠地の球場名ですらちゃんと言えなかったりしますしますから(苦笑)。小学生のころはあんなに熱心な野球少年だったのになあ。V9時代のプロ野球チームなら全部言えるし、チームによってはナインまで言えるのになあ……。


さて。最近、いくつか野球本を続けて読みました。初読のもの再読のもの両方ありますが、うち以下の3冊を紹介したいと思います。



『八月からの手紙』は、書名だけだとわかりませんが、野球ものの小説です。舞台は戦後すぐの日本とアメリカで、ニグロリーグの話が出てきます。版元の内容紹介によれば、こんな話。《一九四六年、戦後間もない東京で野球の力を信じた男がいた。復興への期待を胸に、「日本リーグ」を立ち上げようと走り出す日系2世の元ピッチャー矢尾。戦時中、カリフォルニアの収容所で絶望の日々を送る彼を支えたのは、ニグロリーグのスター選手ギブソンとの友情だった。構想10年、渾身の感動作!》


フィクションですが、「黒いベーブ・ルース」の異名をもつニグロリーグ最高の強打者、ジョシュ・ギブソンをモデルにした選手など、なかには実在のニグロリーグの選手が重ねられた登場人物も出てきます。


『八月からの手紙』を読んだらニグロリーグのことがもっと知りたくなります。そこで、手にしたのが『黒人野球のヒーローたち「ニグロ・リーグ」の興亡』。特定の選手の話ならサチェル・ペイジの自伝が出ていますし、野球の歴史をまとめた本にニグロリーグにふれたものはありますが、ニグロリーグだけで1冊にまとまったものはこれぐらいでしょうか。残念ながら現在は品切れ。


【“野球本を読む【更新】”の続きを読む】
スポンサーサイト

文教堂JOY、くまざわ書店……仙台の本屋さんを(ほんの少しだけ)のぞいてきました

先日、東北方面に出張に行く機会がありました。ふだんなかなか機会のない北への独り旅だったんですが、今回の出張は日帰り。早朝出発で、日中はすべて仕事の用事、東京に戻るのは夜。自由時間はほぼゼロだったため、残念ながら、旅先の楽しみである書店回りはあきらめていました。


実際、旅先ではまったく書店回りはできなかったんですが(というか、近くに書店がなかった)、乗換駅が仙台で、帰りの乗換にわずかに空き時間ができましたので、2店だけ全速力でのぞいてきました。セレクトしたのは、前回仙台訪問時にはなかった駅近の2店です。


まずは、文教堂JOY/B's Hobby/アニメガ仙台ロフト店へ。仙台駅前のロフトには、ジュンク堂書店仙台ロフト店が入っていましたが、昨年、閉店になっています。同店は、ジュンク閉店後、昨年秋にオープンしたお店。正確な坪数はわかりませんが、お店が入っている7階のフロアの8割方を占めています。


151118 文教堂JOY

↑店内は撮影できないので、すみません、入り口のところだけぱちり。


3つが合わさったような形態ですが、レジは共通ですし、店内に仕切りもありません。後者に重点のある店づくりがされているようで、コミックやホビーの品揃えは圧倒的という感じでしたが、一般書籍・雑誌はごくわずか。そんななか、学参にけっこう棚が割かれているのが目を引きましたが、これは客層に合わせたシフトなんでしょうね。アニメ・マンガ好きの中高生がアニメ・マンガ目当てにやってきて、ついでに学参を見ていくのはもちろん充分に想像できる組み合わせですが、フロア全体のバランスでいうと、ちょっと妙な感じもしました。


【“文教堂JOY、くまざわ書店……仙台の本屋さんを(ほんの少しだけ)のぞいてきました”の続きを読む】

FC2Ad