FC2ブログ

空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

留萌ブックセンターに行ってきました

6月に、町本会の取材で、留萌にいってきました。訪問先は、もちろん、留萌ブックセンターby三省堂書店しばらく前に書いた記事で旅の報告と、訪問記アップの予告だけしながら、取材をまとめるのと写真の整理とに時間がかかり、すっかり遅くなってしまいました。


今回の取材では、留萌ブックセンター店長の今拓己様、「三省堂書店を応援し隊」武良千春様、塚田亮二様、塚田裕子様にお話をうかがいました。取材1日目は、みなさん、お忙しいなか、長時間お付き合いくださり、じっくりと話をうかがうことができました。2日目は、店長さんのご好意で、出張販売を行っている場所など、お店に縁の深いスポットと街中を車でご案内いただきました。


140603留萌BC みなさん

↑今回、取材に応じてくださったみなさん。


留萌ブックセンターの件は、新刊書店の歴史のなかでも特異なケースだと思います。取材前に、メディアに取り上げられた記事など、関連の資料を読み込み、あらかたの事情は把握しているつもりでいましたが、単に資料で仕入れた知識と、当事者のみなさんから直接聞けるお話は、ぜんぜん違うものでした。既報の記事だけではわからなかったこと、知り得なかったことを、いろいろと見聞きすることができ、単なる取材にとどまらない、すばらしい体験となりました。


今回の取材結果はあらためて文章にまとめ、「町本会(町には本屋さんが必要です会議)」の活動の集大成として、今年の12月に夏葉社から刊行予定の『本屋会議』(仮)に掲載してもらう予定です。ですので、空犬通信では、写真を中心にした、ごくごく簡単な訪問記にとどめたいと思います。


(以下、店内写真はすべてお店の方に断って撮影したものです。写真は6/2、6/3の様子で、お店の様子は変わっている場合があります。)


140603留萌BC 前の道路1140603留萌BC 前の道路2140603留萌BC ショッピングセンター1

↑お店のあるショッピングセンターの前の道路はこのような感じです。郊外型店舗やコンビニがぽつんぽつんとある感じ。


140603留萌BC 外観1140603留萌BC ショッピングセンター2

↑お店の外観。お店は、JR留萌駅と駅周辺の商店街からは少し離れた街のはずれにある、郊外型店舗。マックスバリュ、ホームセンターなどが集まるショッピングセンターの一角にあります。


140603留萌BC 店内全景

↑店内を見渡したところ。150坪と、想像していたよりも大きめのお店です。


140603留萌BC 募集チラシ140603留萌BC 紙芝居

↑「三省堂書店を応援し隊」が「三省堂書店を呼び隊」だったときに使った、隊員募集チラシ。現物ではなく、留萌ブックセンターができるまでの経緯をまとめた紙芝居「本やさんのおはなし」の絵より。これらがどういうもので、どういうふうに使われたのかについては、前述の通り、『本屋会議』掲載記事にまとめます。


140603留萌BC レジ140603留萌BC フロアガイド

↑レジ。レジ脇には、フロアガイドと、留萌の町内をイラストで描いたイラストマップ(後述)が貼ってありました。


留萌BC 児童書1留萌BC 児童書2留萌BC 児童書3
留萌BC 児童書POP1留萌BC 児童書POP2留萌BC 児童書POP3

↑居心地のいい、子どもの本コーナー。オープン当初は違うかたちだったそうなんですが、その後、店長さんが力を入れて改装、今のかたちにしたそうです。


留萌BC 文庫1留萌BC 文庫3留萌BC 文庫2
留萌BC コミック1留萌BC コミック2留萌BC コミック3

↑上は文庫の棚。下はコミックの棚。


留萌BC 学参1留萌BC 学参2留萌BC 学参3

↑「三省堂書店を応援し隊」のみなさんが書店誘致活動をおもいたったきっかけには、町の書店閉店により、子どもたちが新学期に参考書を買えなくなってしまうのではないか、という心配があったといいます。出発点が子どもたちの学習に必要な本を、という書店だけあって、学参関係はスペースも十分にとられ、充実の品揃えになっていました。



【“留萌ブックセンターに行ってきました”の続きを読む】
スポンサーサイト