FC2ブログ

空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

山下書店南行徳店で、すてきな出会いが

先日、千葉方面の書店を少し回ってきましたので、うち、初訪問となる山下書店南行徳店を紹介したいと思います。(以下、写真はすべてお店の方に断って撮影したものです。12月半ばごろの様子で、店内の様子は変わっている場合があります。)


121218山下書店南行徳 全景121218山下書店南行徳 看板121218山下書店南行徳 入り口

最寄りは地下鉄東西線の南行徳駅で、南口を出てすぐです。以前、ブックス英光堂があったところに居抜きでオープンしたお店で、43坪。サイズといい、立地といい、店構えといい、まさに駅前の本屋さん、という感じですね。


このお店、一見、ふつうの駅前本屋さんですが、本八幡にあった、椿書房(現、ときわ書房)のUさん(現在は、ご結婚されてTさん。以下「Tさん」とします)が働いているお店だと言えば、書店好きや出版関係者には反応される方も多いのではないでしょうか(ここで、彼女の店頭での姿を撮影させてもらってくればよかったと思い当たり、我ながらがっかり)。Tさんと、店長さんにお話をうかがいました。


お店は、11月半ばのオープンで、ぼくが訪問したのはちょうどひと月少しがたったところ。店長さんもTさんも、お店がようやく落ち着いてきた、というところ、まだまだこれから、と謙遜していましたが、とてもオープンしたてには思えない感じに、売場ができていましたよ。


121218山下書店南行徳 フロアマップ121218山下書店南行徳 レジサンタ121218山下書店南行徳 フェア棚

↑レジに貼られたフロアマップは、店長さんの力作だとか。(この後、まさに実例を目にすることになるのですが)それほど大きなお店ではなくても、棚になれていないお客さんは気づかずに帰ってしまったりするもの。こまかくジャンルが書き込まれたマップがあるのはいいですね。中は、レジにいるサンタ。右は入り口入ってすぐ脇のフェア+新刊棚。TさんのPOPもありました。


121218山下書店南行徳 児童書クリスマス121218山下書店南行徳 児童書サンタ121218山下書店南行徳 児童書2

↑ちょうどクリスマス前の時期だったので、児童書棚はクリスマス仕様。こちらにも、サンタがいて、折り紙製です(残念ながら、ピンぼけ……)。棚3本ほどの、決して大きくはないスペースですが、こまかなディスプレイが効いています。


121218山下書店南行徳 平台121218山下書店南行徳 棚エンド

↑文芸平台で、いちおしの1冊だという本とその周りを撮ろうとしたのですが、お客さんが入らないよう引いているうちに、なんだか妙なアングルでピントもダメダメ(泣)。写真には撮れませんでしたが、文芸の棚には、1段だけですが、本の本・書店の本のコーナーもあり、Tさんが取材に協力した『本屋さんで本当にあった心温まる物語』も並んでいました。右は、お店に来てくれたという作家さんの色紙。


121218山下書店南行徳 ブックカバー121218山下書店南行徳 購入本

↑山下書店での買い物は久しぶりだったので、カバーをかけてもらいました。購入本は、店長さんのいちおしとPOPの立っていた、第8回酒飲み書店員大賞受賞作『キネマの神様』。


Tさんは、前のお店を離れてから今回のお店で働き始めるまでに、少し間があいているんですが、とても書店員ブランクのある人とは思えない丁寧な接客。しかも、仕事をしている様子が、本当に楽しそうで、傍で見ているだけで、なんだかうれしくなってしまうような感じでした。「感じのいい書店員さんがいるお店」と地元のお客さんたちにお知られるようになるのは時間の問題でしょう。(Tさんの接客については、またあとで少しふれます。)


店長さんとのやりとりもなんだかあったかい感じで、お店全体の雰囲気がとてもいいのが、短時間いただけで伝わってきました。駅前にこういう雰囲気で、しかも夜遅くまであいているお店があると、地元の本好きの方はうれしいのではないでしょうか。


店長さんの話によれば、(新規店にはよくある悩みですが)まだまだ認知が十分にされていない感じだとのこと。同じ場所に書店があり、屋号切り替えの期間も短かったため、まったく異業種の店舗の跡地などにできた新規店よりはお客さんの認知という点では有利だと思うのですが、それでも、あらこんなところに書店が、というお客さんはいるようです。お店の周囲を歩いてみた感じでは、看板もわかりやすく出ていますし、「本」の大きな字も目に入ってきます。ふだんの人の流れがわからないので、なんとも言えませんが、お店自体にこれといって改善すべき点など見当たりませんから、地元の方に浸透していくのを地道に待つしかないのかもしれません。


南行徳駅は、北口側、駅からちょっと離れているようですが、TSUTAYA南行徳店もあります。位置関係的に、どの程度競合するのかよくわかりませんが、品ぞろえ的にはやはり意識しているとのことで、たとえば、沿線に高校もあり、周囲に塾などもある、駅前のこの立地で、あってもおかしくない学参がないのは、競合店との関係も考えての絞り込みのようです。


駅前の本屋さんらしいたたずまいと、学校・会社帰りに寄ってひとまわりするのにちょうどいいサイズ、バランスのいい品ぞろえ、感じのいい書店員さんたちと、ふだん使いのお店にぴったりの要素がそろったお店です。


今回は、千葉方面の書店回りということで、この後、西船橋、船橋、津田沼を回りました。この後は、残念ながら、タイミングが悪かったようで、行く店行く店で、ことごとく担当の方にふられ、さんざんな結果となってしまいました。でも、山下書店での短時間の訪問が効いていて、それもぜんぜん気になりませんでした。まあ、仕事的にはそんなことでは困るんですけどね(苦笑)。


121218津田沼書店フリペ

↑丸善津田沼店とTSUTAYA津田沼店でもらってきた書店フリペたち。いっときは、あちこちで見られた書店フリペコラボも、波が少し落ち着いてしまったのか、やめてしまったお店もありますが、こちらの2店は今も大きく展開中。2店で、これだけの種類(他にも、まだありました)が手に入ります。



ここで、ちょっと山下書店や今回の千葉の書店回りからはずれますが、Tさんのことをもう少し。

【“山下書店南行徳店で、すてきな出会いが”の続きを読む】
スポンサーサイト



わたしのブックストア、HUgE、たそがれ堂……最近買った本の本・書店本たち。そして来年のも少し

今年も残すところあとわずかということで、本の本・書店本のうち、紹介しそびれていたものや最近購入したものを、いくつかご紹介します。



発売前に、紹介記事を書いた『わたしのブックストア あたらしい「小さな本屋」のかたち』。書名の通り、新刊・古書を問わず「小さな本屋」さんにスポットをあてた1冊で、《店主が3人もいる京の町家書店、亀が八匹&望遠鏡もある本屋、呑みながら読む古本酒場……店というより友人のような、新しくも懐かしい「小さな本屋」を全国を渡り歩いて紹介する、新感覚ブックストアガイド》という内容の本です。


著者の「小さな本屋」さんへの思いは、帯の文言《街の小さな本屋がおもしろい》や、著者にとっての「小さな本屋」さんがどういうお店なのか、新刊書店と古書店を区別せずに取り上げたのはなぜか、といったことがわかる「はじめに」によくあらわれています。


そういう、「小さな本屋」さんへの思いに満ちたいい本なだけに、もったいないなあと思われる点も目につきました。1つは、この書名でこの分量なら、中途半端に(と、あえて書きます)ブックカフェを取り上げることはなかったのではないか、その分、あと数店「小さな本屋」さんを紹介できたのではないか、ということ。もう1つは、雑誌の特集やムックではないのだから、ピースの又吉直樹さんのインタビューはいらなかったのではないか、ということ。本と言えば、書店と言えば又吉さんという感じになってしまっているので、そうした新聞・雑誌・Webの記事などとの差異化という点でも、特別対談に登場している岡崎武志さん&小山力也さんのような、本のプロパーの人、または書店人を登場させたほうがよかったのではないでしょうか。


ブックカフェは単独の本・ムックなども出ていますし、又吉さんもこのテーマでは現在もっとも頻繁に目にするお名前です。それよりも、まだ知られていない「小さな本屋」さんたちに、より頁を割いて欲しかった、さらにスポットをあててほしかった、そんなふうに思いました。


ちなみに、ブックカフェのパートでは、西荻窪のブックカフェ、beco cafeまで取り上げられています。取材がリニューアル前だったようで、リニューアル後の、書籍販売が始まってからの様子にふれられてなかったのは、お店にとっては残念でしたね。


気になる点もあげましたが、「小さな本屋」さんだけでまとめられた貴重な書店ガイドであることはまちがいなく、書店の紹介パート自体は充実していますから、書店好きにはおすすめです。本書については、刊行記念の期間限定ブログ「『わたしのブックストア』とわたし」もありますので、そちらも併せてどうぞ。


ちょっと気取った感じの英文だらけの目次やレイアウトといい、内容といい、ふだんはまったく縁のないというか興味対象外の雑誌だと思っていた講談社の『HUgE』。これまで一度しか購入したことないんですが(ちなみに、アナログレコード特集号)、今回の書店特集「GO! BOOKSTORE! 本屋が呼んでいる」はいいですね。図版も読むところも多いし、取り上げられている書店もエリアも幅広く、よくある雑誌の書店特集とは一線を画しています。こんなにしっかりした特集だとは思いませんでした。


神保町や下北沢など、日本の書店街だけでなく、ポートランド、ブルックリン(以上、アメリカ)など、海外の書店が紹介されているのもうれしいところ。これで、780円は安い。書店好きにはおすすめの1冊です。


東京メトロの車内の吊り広告で「書店」の文字が目に入りました。「TOKYO METRO NEWS 」は、東京メトロの駅で無料配布されている冊子で、12月号の特集は「書店のいごこち。」。オールカラーで、特集は6頁。SPBS、ユトレヒト、Jスタイルブックス、ブルックリンパーラーなど、7店が紹介されています。メトロ利用の書店好きは、配布物のラックのチェックを忘れずに。ちなみに、サイトでe-bookが公開されていますから、東京近郊以外の方はそちらをどうぞ。


121228メトロつり広告

『BOOKS ON JAPAN 1931-1972』は、副題にある「日本の対外宣伝グラフ誌」をまとめたもので、ビジュアルのすばらしさに圧倒される1冊。朝日新聞読売新聞他の書評でも取り上げられているので、くわしくはそれらをどうぞ。少し前の号ですが、『週刊読書人』11/30号に、本書の刊行記念対談として写真評論家の金子隆一さんと森岡書店店主で、この本の著者である森岡督行さんとの対談が掲載されています。


【“わたしのブックストア、HUgE、たそがれ堂……最近買った本の本・書店本たち。そして来年のも少し”の続きを読む】