FC2ブログ

空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

やっぱりすごい書店員さんたち……そして、映画本、特濃ビートルズ本など、ルーエで買った本たち

4/10が本屋大賞だったので、4/10と翌11日は、式に参加すべく集まってきた書店員さんたちが、あちこちの書店を回っているのが、ツイッターを眺めていたらまるで実況のように伝わってきて、こちらも一緒に書店回りをしているような感じで、楽しませてもらいました。


それにしても、書店員さんたちの研究心というか探求心というかには、ほんと驚かされます。たまにしか東京に出てこない、なかには初めて東京に出てくる方もいたようなのに、みんな観光のようなこともせずに、せっせと書店回ってるんだからなあ(笑)。おまえも同じこと、都内でも旅先でもやってるじゃないか、と言われればたしかにそうなんですが、ぼくの場合、本の仕事とはいえ、書店員ではないので、毎日書店にいるわけではありません。書店員さんたちは朝から晩まで、毎日書店にいる人びとですからね。いやはや。


この空犬通信では繰り返し書いていることですが、金太郎飴書店なんてないんですよね。書店員さんたちの行動がまさにそのことの証左になっている。同じものを同じ値段で扱っていたって、やっぱり書店はお店によって、人によって、まったく違うものになりうるし、実際になっているのです。だからこそ、みんな、嫌というほど見ているはずの書店を、わざわざ見て回ったりするんですよね。


先の記事にも書いた通り、ぼく自身は本屋大賞には縁がないんですが、知り合いの書店員さんが訪ねてきてくれたりしたので、何人かの方に会うことができました。今回初めてお会いした書店員の1人に、WEB本の雑誌の「突発企画」、「迷う門には福来る」の書き手、久田かおりさんがいます。この連載をお読みの方なら説明不要かと思いますが、独特過ぎる方向感覚をお持ちの方。待ち合わせ場所に本当に現れてくれるのかと、直前まで、どきどきさせてもらいました。


過去3回はどれもおもしろいんですが、最新回、「北の旅は命がけ」もいいですよねえ。笑いながら読み進めると、最後から2つめの文にこうあります。《後で乗務員のヒトに聞いたらこういうことはよくあるそうだ》。読んできた人全員がここで、思いっきり突っ込みを入れている様子が、ほんと、目に浮かぶようです。


このような方を、本屋大賞当日、往来堂書店にお連れして、お昼をご一緒したんですが、今にして思えば、大変なミッションをこなしていたんだなあ(笑)。


「書店」と「迷う」で思い出しました(って、話題の転換が強引なのは承知のうえで)。こんな記事がありましたね。「グーグルのメガネで思う「変なものがそのうち実現する」面白さ」(4/11 PC Online)。Googleのメガネ型ウェアラブル・コンピュータ、「Project Glass」の紹介記事で、直接本とか書店に関係があるわけではないんですが、記事に、書店に出かけるという設定があり、運行情報がチェックできたり地図が示されたりできるという説明に続いて、こんなくだりがありました。《眼鏡は、書店の中でも探している本のありかを教えてくれるし、友達とビデオチャットするのも、眼鏡の中でできる。見ている風景をそのまま、相手とシェアするのもシームレスに可能》。


こんなのがあったら、久田さんも迷わないかもなあ、でも、こんなのがあったら、あのおもしろエッセイは読めないしなあ、って、よけいなお世話すぎることを思いつつ、さらに、街なかではともかく、書店のなかでは要らないかもなあ、とも。欲しい本が決まっていて、一刻も早くその商品にたどり着き、用事を済ませて出たい、と考えるタイプの方、本屋さんでうろうろすることを楽しみだと感じない、感じられないタイプの方には便利なのかもしれないが、おそらく多くの本好きは、本は自分の眼で探したいと本好きなら思うだろうから、メガネに本を見つけられたりしたら、それは便利であるよりむしろよけいなお世話なんじゃないかなあ、などと思ったりしました。まあ、SF好きとしては、こういうガジェット自体はきらいじゃない、というか、むしろ積極的に試してみたい気もするんですけどね。


我ながら、長過ぎる前ふりですが、先日ルーエで買った本の紹介を、ごく簡単に。



まずは映画本を2点。『衝撃の世界映画事件史』は表紙を見ればおわかりの通り、『コーマン帝国』にタイミングを合わせたと思われるムック。2部構成で、副題にある通り「大衆映画の帝王ロジャー・コーマン」と「映画業界が封印したトラブルの歴史」になっています。とりあげられている人物やネタは好みの範疇のものなんですが、ロジャー・コーマンのロングインタビューを含む前半は、既読感があるというか、なんというか、ちょっとのれずにいます。後半に期待。


【“やっぱりすごい書店員さんたち……そして、映画本、特濃ビートルズ本など、ルーエで買った本たち”の続きを読む】
スポンサーサイト