FC2ブログ

空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

図鑑好き大集合……『本の雑誌』の今月号は図鑑特集

本日発表の本屋大賞は、三浦しをんさんの『舟を編む』に決まったようですね。おめでとうございます。でも、今日は本屋大賞とは関係のない話題を。『本の雑誌』、今月号は、みんな大好き(ですよね?)図鑑特集です。



IMG_1339.jpg

↑『日販通信』のときもびっくりしたけど、まさか、我がハンドルが、『本の雑誌』の表紙に載る日がくるとは(涙)。


特集「図鑑で遊ぼう!」は、こんな内容。《さあ、春だ! 虫も出てくりゃ、花も咲く。おお、地面をうごめくこの虫はなんだ! というわけで本の雑誌5月号の特集は「図鑑で遊ぼう!」。見てるだけで楽しい大人向けの図鑑を空犬とアルパカがおすすめする悶絶対談から、子どもならではのイチオシ図鑑、偏愛図鑑に翻訳図鑑、図鑑編集者のマル秘話まで、図鑑を持って出かけたくなる春爛漫特集だ。友よ、宇宙の果てから海の底まで、図鑑とともにイモムシ、おじさん、新幹線、ティラノサウルスに会いに行こう!》


図鑑といえば、過去にこんな記事を書いているぐらいの図鑑好き。元図鑑少年にして、現役の図鑑好きでもある身としては、内容紹介に並ぶ文字列を見ているだけでうれしくなる特集です。で、そのうれしい特集に、なんと、図々しいことはなはだしいんですが、対談記事の語り手の一人として登場してしまいました……。しかも、巻頭……。ほんと、すみません……。


タイトルは、「おすすめ図鑑対談 役に立たなくてもいいのだ!」。お相手はアルパカ内田さん。タイトル通り、ふたりがかりで、自分の「偏愛」する図鑑、それも、役に立たなさそうなものたちについて、語りまくっています。どんな図鑑を取り上げ、それをどんなふうに紹介、偏愛しているかは、ぜひ本誌を見てみてくださいね。


アルパカ内田さんとは同世代。どちらも『おじさん図鑑』(小学館)に登場していてもおかしくない、40過ぎのおやぢなんですが、自分の好きな図鑑の話を楽しげに披露しあっている様は、もう、なんというか、男の子丸出しですよね(苦笑)。図鑑少年というのは、一度なってしまうと卒業できないものなのだと、再確認しました。


読者のイチオシ図鑑とか、泉麻人さん、吉野朔美さんらの偏愛図鑑とか、図鑑編集部見学とか、図鑑編集者対談とか、他の記事も図鑑好きにはたまらないものばかりなので、図鑑好きには強くおすすめしたいです。


なかでも、個人的にうれしかったのが、沢野ひとしさんの「図鑑人生」。記事のタイトルがすでに図鑑好き的には琴線ものですが、中身もすばらしくって。昭和31年に出た「小学館学習図鑑シリーズ」を、「これほど丁寧に子どもに親身になって作られた図鑑は見たことがない」と大絶賛しています。うちにもあったんですよねえ、このシリーズ。ぼくが好きだったのは、「動物」の巻。今でも見開きのイラストとか、覚えてるものなあ。沢野さんが紹介している「鳥類」の巻もほしいんですが、記事にご本人が書いているとおり、けっこうな古書価がついているんですよね。でも、ほしいなあ。


対談当日は、本に掲載された記事でふれている図鑑以外にも、たくさんの図鑑を用意していたんですが(関係ないけど、ぼくは軟弱なので、事前に送っておいたんですが、内田さんは、大部の図鑑十数冊を抱えて現れたので、びっくりしてしまいました。人が死んでもおかしくない重量ですから;笑)、時間や紙幅の関係でふれられなかったものがありますし、後になって思いついたものなどもあります。対談に登場していない図鑑をいくつか紹介しておきますね。


おっと、その前に、「図鑑」とはなんぞや?、というお話を。図鑑と言えば、多くの方は、子ども向けの大判の学習図鑑を思い浮かべるのではないかと思いますが、書名に図鑑とつく書物は、児童向け学習図鑑以外にもけっこうたくさんあるんですよね。対象年齢も、判型も、テーマも。さらに、書名に「図鑑」と入っていないけれど、造りや内容はまさに図鑑、という書物もたくさんあるからややこしい。


辞書的な定義だと、写真や絵などを用いて、事物の形や特徴などを説明している本を指すという趣旨のまとめ方をしているものが多いようです。対談にあたって、「図鑑」をどうとらえるかはちょっと迷ったんですよね。書名に「図鑑」が入っていなくても、図鑑的に編集されたものはよしとするか、あくまでも「……図鑑」のみとするか。


結局、対談当日は、書名に「図鑑」とあるものを中心とし、図鑑と入っていないものはごく一部を取り上げるにとどめました。以下にふれるものも、同じ考え方でセレクトしたものです。


  • 大伴昌司『カラー版 怪獣ウルトラ図鑑』(秋田書店)
  • いんちき番長、加藤アングラ『いんちきおもちゃ大図鑑 中国・香港・台湾・韓国のアヤシイ玩具』(社会評論社)
  • 『ロボットと未来のくらし』(小学館なぜなに学習図鑑シリーズ)
  • 山下純弘・佐藤隆俊『ティントイ ロボット図鑑』(グリーンアロー出版社)

(いつものように、ここからの脱線が長いのです……。)

【“図鑑好き大集合……『本の雑誌』の今月号は図鑑特集”の続きを読む】
スポンサーサイト



フリーペーパー『rec』で書店特集……ついでに、その他のフリペたちも

明日はいよいよ本屋大賞の発表ですね。


ツイッターを始めてから、関東圏以外を含むあちこちの書店員さんの知り合いが増えたこともあり、また、書店のことばっかり取り上げているこのようなブログを書いていたりすることもあり、よく、本屋大賞に来ますか?、とか、本屋大賞で会えますよね、といった質問をされることがあります。


書店員の会などをやっているせいで、まぎらわしいのですが、本業は編集で、書店員ではありませんし、その本業も、いつかの記事にも書きました通り、文芸の担当ではないものですから、本屋大賞には縁がないのですよ……。


上京するから、と、わざわざ声をかけてくださる書店員さんがいるのは、ほんとにありがたいことなんですが、そのようなわけで、明日は会場にも、その後の会にもおりませんので、あしからず……。


本屋大賞のことはさておき。書店の店頭で、またまたおもしろいものを見つけましたので紹介します。「エディター視点のレコメンドマガジン」という枕詞のついたフリーペーパー、『rec』のVol.3を、先日書店で見かけたので、入手してきました。この第3号、表紙に「BOOKSTORE IS WONDERLAND」とあります。ふん? おー、これは、なんと。書店特集ではないですか。


rec 3 表紙

発行は、ケイ・ライターズクラブ。サイトには、『rec』について、こんな説明が載っています。《「rec(レック)」は、私たちKWCが発行するフリーペーパーです。好奇心に満ちた編集者たちが、みなさんに知ってほしいこと、楽しんでもらいたいことを勝手にレコメンドします。
コンセプトは、「エディター視点のレコメンドマガジン」。
Recommend=世の中の本当に“いいね!”を「レコメンド」。
Edit=“エモーション”に訴えるカタチに「編集」。
Communication=“伝わる”仕組みで「コミュニケーション」。
という3つのキーワードの頭文字をとって。
「rec(レック)」と命名しました。》


で、今回の第3号。24頁とページ数こそ少ないのですが、最初から最後まで、全編が書店特集にあてられていて、しかもオールカラー。写真・イラストなど図版も豊富で、なおかつビジュアルだけでなく、読ませるところもきちんととってあり、見た目以上の読みでがあります。


「書店ツウ・嶋浩一郎さんプレゼンツ」とある冒頭の記事、「“自分書店”との巡り合い」が、まずいい。書店の楽しみ方がわかりやすく説かれていて、あなたが書店好きなら、うんうんわかると、たくさんうなずかされることになるでしょうし、それほど書店を活用できていない方なら、なるほど、そんな楽しみ方が、という発見がいくつもあるはず。


こういうブログで、書店のことを書いていると、「あっちの書店がいい、こっちの書店はおもしろいと、いろいろ書いているが、どれも同じに見えて、違いやお店の見方がよくわからない。書店の楽しみ方のような記事を書いてはくれまいか」、というような主旨のことを言われることが複数あったもので、そのような文章を準備していたりしたんですが、この記事を読むと、そんな駄文をさらす必要は必要はまったくなくなってしまいましたね。ちなみに、この嶋浩一郎さん、先日の記事でも紹介した、ブック・ディレクター、内沼晋太郎さんが開店準備をすすめているという新刊書店のパートナー、博報堂ケトルの方ですね。


他にも、「街の書店」の分析や、いろいろなお店のユニークな棚を紹介する記事や、POPや書皮の紹介など、とにかく、全編が書店の記事オンリーで、書店好きをあきさせません。取材協力店も数店とそんなに多くないようですが、千駄木の往来堂書店、吉祥寺のBOOKSルーエらが登場しているほか、雑誌の書店特集だとスルーされがちな、三省堂書店、あおい書店といった、チェーンの大型店・中規模店なども登場していて、「おしゃれ」や「セレクトショップ」といったキーワードに偏らない、バランスのいいお店のセレクトになっています。


rec 3 裏表紙

↑裏表紙には書皮がずらり。


無料配布誌とは思えない充実ぶり、書店好きは必見ですよ。


書店の店頭で見つけたフリーペーパーの紹介ということで、ついでに、最近見つけた他のフリペや、なんとなく紹介しそびれていたものも、まとめて紹介しておこうかな。まずは、書店「以外」発のものから。


LOVE書店18

↑上で、本屋大賞にふれたので。こちらにも往来堂書店とBOOKSルーエが登場しています。往来堂は、「書店総研」、「書店員人生相談所」「本屋さんが好きな本屋さんはどこだ!?」の3か所も。


【“フリーペーパー『rec』で書店特集……ついでに、その他のフリペたちも”の続きを読む】