FC2ブログ

空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

BEX秋葉原、三省堂留萌、丸善津田沼、ブックオフ吉祥寺……書店の開店閉店改装いろいろ

久しぶり(といっても1週間だけど)に、このところ追えてなかった新刊書店の開店閉店リニューアル情報をまとめてみます。


先日の記事でレポートした山下書店ラフォーレ原宿店の閉店と同じ日に、BOOK EXPRESS秋葉原2号店も閉店となっていたようでした。


総武線千葉方面ホーム上にあった同店。個人的にはあまり利用する機会はなかったのですが、なにしろ乗降客の多い駅のホーム上にあったお店、いつ通っても、本がぎっしりで小さなスペースにはたくさんのお客さんの姿があったような、そんな印象だったんですが、どういう事情によるものなんでしょうか。


昨年、主要店が続けて閉店になったときは、利用者や業界関係者を大いに驚かせたBOOK EXPRESS。その後、多くのお店がリニューアルをはたしていますが、この秋葉原店はどうなるんでしょうね。


続いては、新規店の話題。これも、以前の記事で取りあげていますが、留萌に出店する三省堂書店、開店日や正式店名が決まったようですね。日刊留萌新聞「留萌ブックセンターby三省堂書店7月24日オープン」という見出しの記事がありました。


《留萌に出店する三省堂書店(本社・東京都)のオープンが決まった。三省堂書店札幌店の横内正広店長から留萌振興局に入った連絡によると、7月21日から23日までプレオープンし、本オープンは同24日。店名は「留萌ブックセンターby三省堂書店」に決まった。》(7/1 日刊留萌新聞)


気になるのは、この名称ですね。ちゃんと調べてませんが、三省堂書店の過去の出店で「……ブックセンターby三省堂書店」のようなタイプはなかったと思います。正式な支店なのか、それとも運営や出資の形態が通常の支店とは異なるものなのか、ちょっと気になりますね。


現時点でわかっている詳細は前の記事でもふれていますが、広さが160坪、「マックスバリュ留萌」内のワンフロア店で、在庫は10万冊、CD/DVDの扱いもあるようです。


続いて、リニューアル、それもCHI関係のリニューアルを2件。7/1(金)に、JR津田沼駅南口側にある丸善津田沼店が、改装・増床をはたし、リニューアルオープンとなったようです。もともと、売り場面積は、800坪(書籍720坪・文具80坪)と広いお店でしたが、今回の増床でなんと1.5倍になったのだとか。総売り場面積が1185坪で、うち書籍だけで千坪超の、1055坪となっています。


【“BEX秋葉原、三省堂留萌、丸善津田沼、ブックオフ吉祥寺……書店の開店閉店改装いろいろ”の続きを読む】
スポンサーサイト