FC2ブログ

空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

新宿の書店でおもしろフェアを巡回、久々のタワーでMOJOもゲット

いま観たい映画はウルフマンに、ゼブラーマンに、クリーチャー多数出演のタイタンと、頭の中が動物園とか恐竜図鑑とかウルトラ怪獣百科とか、そういうものだけでできている疑いが濃厚な空犬です。今日はアリスを観てきましたよ。


映画の感想はまた別の機会にするとして、アリスと言えば、紀伊國屋書店新宿本店2階のフェア「紀伊國屋カルチャートリップ」が、先日4/21から「不思議の国のアリスと不条理の文学」になってますね。


不思議の国のアリスと不条理文学

アリス公開に合わせて、原作本や絵本、ポップアップ絵本などを並べているフェアはよく見かけます。ただ、残念ながら多くのフェアでは、複数の訳本を並べるだけで、訳の感じの違いや、挿絵の違い、どれが翻訳としておすすめか、などは店頭ではわからないんですよね。その点、このフェアでは、訳の感じの違いやタイプ別のおすすめ、文庫と単行本の異同などにふれられていて、さすが。


あと、副題の通りで、ストレートなアリス本やキャロル本以外にも、関連本、それもけっこう「広め」に関連本がピックアップされていて、結果、庭園関係の本のすぐそばにバラードがいたり、同じ平台に福永信がいたりと、なかなかにおもしろいセレクトになってますよ。おすすめです。


少し前に、アリスの翻訳はいろいろ持ってるんだ、なんて記事を書いたぐらいで、今回もけっこうセレクトの重なり度は高かったんですが、こういう、一見どう関係あるのかわからないようなものが入っていたりするのがうれしくて、思わず購入です。




デジタルな「ゲーム」にはまったく興味がないんですが、子どもの頃からボードゲームって大好きだったんですよね。この本は、将棋、碁、チェス、モノポリー、バックギャモン、すごろく、人生ゲームなど、古今東西のボードゲームを、内容やルールではなく、主にデザインとその歴史にスポットをあてて紹介する、図版を眺めているだけで楽しい1冊。これ、前持ってたんだけど、処分しちゃってたんですよねえ。なので、買い直し。


【“新宿の書店でおもしろフェアを巡回、久々のタワーでMOJOもゲット”の続きを読む】
スポンサーサイト



「江ぐち」が名前を変えて復活???……「中華そばみたか」まもなくオープン

今日は本にも書店にもまったく関係のない、三鷹・武蔵野エリアのローカルネタです。


今年1月末に、惜しまれつつ閉店、最後は行列騒ぎにまでなった三鷹南口の名物ラーメン屋「江ぐち」。その後、移転や再開の噂をきくこともなく、このまま忘れられてしまいそうな感じだったのですが、先日、同店の跡地の前を通ったら、あれ、看板が新しくなっているではないですか。


中華そばみたか1

↑B1へ降りる階段の案内板。



「江ぐち」の名があったところに、「中華そばみたか」の文字が見えます。下に降りてみると、お店の中に人がいて、何やら作業中です。


中華そばみたか2

↑作業中の店内。



ガラスに貼り紙がしてあったので、その文面を撮ってくればよかったのですが、失念。うろ覚えですが、以前のお店の味を引き継ぎ、お店の名前をあらためて、オープンします、といった内容でした。ご覧の通り、店内は、カウンターもイスも以前のまま。名前こそ違うけど、これはまさに「江ぐち」復活ではないですか!


オープンは5/1。これは楽しみですね。変にこじゃれた作りにしたり、メニューを増やしたりしないで、以前の雰囲気のままだといいなあ。閉店のときみたいに、行列ができる店とかになっちゃったら嫌だなあ。とにかく。「江ぐち」に通われていた三鷹・武蔵野エリアのみなさん、ぜひこの「中華そば江ぐち」あらため「中華そばみたか」を応援しようではありませんか。



04/26のツイートまとめ

sorainu1968

全面的に同感です。先ほど読み返してあらためてその魅力を再確認したところです。生田耕作ファンも必読ですよね。 RT @kfjmt 「グレちゃん」は素晴らしい本ですね。
04-26 00:44

出張で、実質土日休みなしなので、今朝はからだが重い。吉祥寺で打ち合わせなので、朝が少し遅めなのが多少の救い。
04-26 08:11

三鷹・武蔵野エリア在住の方に吉報。今年1月に惜しまれつつ閉店、最後は行列騒ぎにまでなった三鷹南口の名物ラーメン屋「江ぐち」が、「中華そばみたか」と名を変えて、同店跡地で復活するようです。オープンは5/1。今晩にでもblogに写真をアップします。
04-26 12:46