FC2ブログ

空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

大槻ケンヂ、丸尾末広、ポプラ文庫、杉本一文……乱歩関連ニュースです

お待たせしました。乱歩ニュースです。まずは先日紹介した2点の乱歩本から。


  • 江戸川乱歩・大槻ケンヂ『大槻ケンヂが語る江戸川乱歩』(角川文庫)
  • 丸尾末広『乱歩パノラマ 丸尾末広画集』(ビームコミックス)



角川文庫のほうは、先日の記事に書いた通り、NHK教育の「知るを楽しむ 私のこだわり人物伝 幻影城へようこそ -江戸川乱歩-」のテキストの文庫化。ただし、同番組のテキスト部分は半分ほどで、残りの半分は「鏡地獄」他の短篇代表作。


丸尾乱歩のほうは、予想はしていましたが、いやはや、すごい1冊になってますよ。乱歩関連のアートワークをただ集めたということではなく、乱歩作品にインスパイアされたイラストなども収録。以前、『パノラマ島奇譚』や『芋虫』を紹介したときにも書きましたが、現時点において、乱歩世界ともっとも相性のいい描き手はこの方でしょう。乱歩者は必読必携ですよ。巻末の『踊る一寸法師』も強烈。




乱歩関連のアートワークといえば、我々の世代にとっては、ポプラ社「少年探偵シリーズ」の、柳瀬茂ほかの手になるカバー絵ですね。作品世界と一体ですり込まれているという読者の方も多いことでしょう。もちろん、わたくし空犬もその一人です。


先日、そのポプラ社さんから、何やら大きな包みが送られてきました。開封してみると、なんと「少年探偵シリーズ」26巻完結プレゼントのC賞「全26巻収納ケース」ではないですかっ! 同封の手紙を確認すると、わたくし空犬は「厳正なる抽選の結果、C賞「全26巻収納ケース」にご当選された」そうです。 う、うれしい……(涙)。ポプラ文庫編集部のみなさん、ありがとうございました!



↑この箱。

【“大槻ケンヂ、丸尾末広、ポプラ文庫、杉本一文……乱歩関連ニュースです”の続きを読む】
スポンサーサイト



吉祥寺でルー宴会、空犬文庫実現?、そして旅のお伴の文庫本選書

今日は、寒いのが苦手な生き物には悪夢のような一日でしたね。真冬とほぼ同じ格好で外出、なんとか乗り切った空犬です。


今日は、BOOKSルーエのみなと吉祥寺でいっぱいやってきました。メインの話題は、夏に予定している吉っ読イベントのこと。そのイベントで、ロゴやらチラシやらTシャツやら、デザイン関係を一手に引き受けてくれることになっている、花本会長の旧友、Sくんが駆けつけてくれ、楽しい酒席になりました。


イベント、居酒屋の飲み話レベルだった話がどんどん具体的かつ現実的になってきたようで、なんだかうれしいかぎり。今日は短時間の会だったけど、いいお酒が飲めました。


BOOKSルーエには2分ぐらいしか寄れなかったので、買い物は文庫新刊台から一瞬で抜いたこれだけ。


  • 江戸川乱歩・大槻ケンヂ『大槻ケンヂが語る江戸川乱歩』(角川文庫)
  • 今森光彦『里山の少年』(新潮文庫)



ところで。今日はもう1つメインの話題があって、それはルーエ飲み/吉っ読仲間のWくんが出すお店のこと。独立して、飲食店を出すというんだから、すごい。これは応援しないわけにはいかんでしょう。なんか、みんなも、まるで自分が店を出すみたいに、ああでもない、こうでもないって楽しそうに話してるからね。くわしいことは、もう少しかたまったら、本人の了解を得たうえで、この空犬通信でも紹介する予定です。


で、そのお店、吉っ読仲間がやるぐらいだから、当然という感じで、本と音楽がキーワードになるらしいのね。そしたらね、なんと、うれしいことに、お店に置く本のセレクトの一部を依頼されてしまいました。うぉー、空犬文庫が中央線沿線の飲食店の棚に実現! ……待ってましたよ、このような依頼を(涙)。明日から出張で大変だっていうのに、もう頭のなかは、Wくんのお店の空犬文庫のことでいっぱい、早速脳内選書を始めてます。


吉っ読会長の花本氏もセレクトを依頼されてたので、これは一種の対決だよね。セレクトが重なったら、お互い負け、みたいな。お互いの手の内は相当知り尽くしています。乱歩・探偵・幻想・SFは空犬のフィールドでしょう。あと東京本もそうだな。最近の日本の小説・詩・妖怪あたりは当然あちらのエリア。問題は、「ちょっとへんてこな文庫」「ちょっとおもしろな文庫」あたりのセレクトなんだよね。さて、はたして1冊も重ならずにセレクトできるかどうか。うーん、楽しみだなあ。人の本棚作るのって、すごく楽しいよ。


そうそう、本を選ぶといえば、明日から1泊で大阪出張なので、出張本も選ばなければならないのであった。1泊って微妙なんだよね。往復の新幹線が6時間弱でしょ。それに、夜の用事はないから、まあ飲み屋か宿で本を読むことになるから、その分も要る。現地に着いてから、途中の移動時間もあるからなあ。例によって、文庫3~5冊ってところだろうか。うーん、こちらも悩ましい……。


04/23のツイートまとめ

sorainu1968

これ、公開待ってましたよ。「スター・ウォーズ贔屓にささぐ 映画「ファンボーイズ」公開」(4/22朝日新聞) http://ow.ly/1BZvS
04-23 09:33

ファンの声で公開実現という流れはうれしいですよね。上映館が少ないのはまあ、しかたないということで(笑)。RT @gkfuji 私もです。公開されないかとあきらめていました
04-23 09:44

河出の世界文学全集、ナボコフ『賜物』が出たなあ。福武文庫上下巻を持ってるけど、沼野充義さんの新訳だから、これは買わないとなあ。 http://ow.ly/1BZPS
04-23 09:53

そういえば、今日はサン・ジョルディの日。本を贈る日ってことで、もっと出版・書店関係者で盛り上げてもいいと以前からずっと思ったんだけど、どうもあまり一般に浸透していない感じ。ちょっともったいない気も。 http://ow.ly/1BZWx
04-23 09:59

サンジョルディで思ったんだけど、電子書籍では、本を贈るプレゼントする、ってどういう感じになるんだろ。プレゼントって、デジタルのギフト券とかデータじゃなくて、やっぱり「モノ」でもらうほうがうれしいよね。という考え方自体、アナログ/アナクロだなどと言われるようになるんだろうか。
04-23 10:02

雨の中、三省堂書店神保町本店、東京堂書店、小宮山のガレージセール他を巡回。カフェコンフォートでお茶。
04-23 14:22

『今日の早川さん3』、三省堂書店神保町本店1階にいっぱい積んであった。ここはいつもSFに手厚くていいんだよなあ。もう買ってるのに、思わず買いそうになった。
04-23 14:23

吉祥寺でルーエのみなと飲み。イベントの相談など。
04-23 21:55

今週末は大阪に出張。なんとか時間をとって、書店回りをしてきたいものだ。今晩は旅の文庫選び。この選書が毎回楽しいが悩ましい。
04-23 23:06

角川文庫の横溝正史、その黄金期のカバー絵と言えば杉本一文さん。杉本先生が参加する版画工房「銅夢」の版画展が銀座のギャラリー「地球堂ギャラリー」で5/3-9に開催されます。
04-23 23:10

【“04/23のツイートまとめ”の続きを読む】