FC2ブログ

空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

『電子書籍の衝撃』を読む

4月も半ばを過ぎたというのに、最高気温が10度を割る日が続くなんて……過酷な2日間を無事乗り切ったご褒美に乾杯中の空犬です。ところで明日、知り合いの音楽イベントがあって、バンドのお手伝い、久しぶりに人前でギターを弾くことになってるんです。だから、乾杯なんてしてる場合じゃないのです。演奏的にはまったく不安はないけど、一応、練習しておくかな。楽しみだなあ。でも、腕の不調がちと痛い……。


さて。出版・書店業界的には、今日はもうこれ一色でしたね。「「1Q84」売り切れの店も 「ハリポタの数倍の出足」」(4/16朝日新聞)。


仕事の用事で、いくつかの書店に顔を出してきたんですが、三省堂書店神保町本店は得意のタワー積み(しかもすごい高さ)。紀伊國屋書店新宿南店もすごい量でしたねえ。しかも、同店は、「村上春樹クロニクル」だったかな、他の春樹本も一緒に並べましたよ的なフェアと呼べないような合わせ売りではなくて、3階のフェアスペースをたっぷり使い、デビューの年から現在までを、刊行年を同じくする作品を一緒に並べて見せたり、翻訳作品ほか村上ワールドに縁の深い海外文学作品を並べたりと、なかなかに気合いの入ったフェアを併設してましたよ。


……でもまあ、『1Q84』のことはほかでさんざん取り上げられているし、空犬通信ではとくにこれ以上ふれるまでもないでしょう。っていうか、これでも書きすぎだ。正直、これだけそこらじゅう同じ本同じ作家の話ばかりだと、うんざ……もとい、なんだかなあという気がしちゃってるもので……すみません、よけいなことですね。出版・書店業界の数字的にはすごく重要な本であり、重要な「事件」ですからね。


このところの出版・メディアがらみのニュースで、春樹フィーバー以外のものでは、注目すべきはやはりこれでしょうか。「iPad、日本での発売1カ月延期」(4/15毎日新聞)。


そのiPadを含む一連の電子書籍関連の話題をまとめたタイムリーな本として発売前から話題になっていたこの本を、発売日当日に購入、早速読了しました。


  • 佐々木俊尚『電子書籍の衝撃』(ディスカヴァー携書)



重要な本なので、感想は、もう少し自分のなかで整理してから、あらためて記事にまとめたいと思います。とりあえず、関心の有無や好き嫌いとは別の次元で、出版に関わる者は読んでおくべきだろうという気がしました。



【“『電子書籍の衝撃』を読む”の続きを読む】
スポンサーサイト



04/15のツイートまとめ

sorainu1968

ああ、BGM、でっかい音で聴きたいなあ。それも、ヘッドホンじゃなくて、スピーカーで。
04-15 00:09

三省堂書店神保町本店。仕事の用事終わって、丸善に寄ってから新宿へ。駿河台の坂が寒すぎる…。
04-15 14:51

『電子書籍の衝撃』購入。帰りの電車で早速読まなくては。
04-15 16:04

よりによってこんな寒い日と自分でも思うが、用事があるのでしかたなく新宿で書店回り。ジュンク堂新宿でいろいろ買い物。
04-15 19:54

紀伊國屋新宿本店にも。B級映画フェアから、別冊映画秘宝新刊『怪奇・怨霊・宇宙人 衝撃!超常現象映画の世界』。いい年したおやじが何買ってんだという気にすごくさせてくれる書名だ。 http://ow.ly/1yKDk
04-15 19:57

明日は今日より寒いなんて、何かの間違いだと思いたい。いっそ、祝日か何かにしてお休みにしていただきたい。
04-15 20:00

『電子書籍の衝撃』を読む。今日じゅうに読んでしまいたい。
04-15 20:01