FC2ブログ

空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

いざ宇宙(そら)へ……山崎直子さん打上の日に関連本と、小松崎茂本を

いよいよですね。宇宙好きとしては、わくわくせずにはいられません。「「宇宙へ」山崎直子さん、少女時代の夢実現へ」(4/5読売新聞)。


関連本としては、当然この2冊。ご夫婦、それぞれの本が同時期に、しかも違う版元から刊行されるのはめずらしいケースかもしれませんね。


  • 山崎直子『何とかなるさ!』(サンマーク出版)
  • 山崎大地『宇宙主夫日記 妻と娘と夢を追いかけて! 』(小学館)



まずは山崎直子さんの本。本来であれば、まずはこちらから、それも打上前に読むべきなんでしょうが、自己啓発とか精神世界関連本のイメージの強い版元の本で、なんとなく手が伸びずにいるうちに、今日に……。


表紙の「ママは宇宙に行ってきます」が、いいですねえ。報道によれば、ご本人は「ママさん宇宙飛行士」と呼ばれたくないそうですが、ふつうの仕事だってむずかしいのに、宇宙飛行士と「ママ」の両立ですよっ! 「男の子の世界」っぽいイメージの「宇宙」という分野に家庭生活との両立問題をクリアして乗りこんだパイオニアの1人として確実に記録に残る人なわけですよ。これは大いに誇っていいことだと思うし、むしろどんどん、そのことを前に出してほしいぐらいですよね。


一方、パートナーの山崎大地さんの本。宇宙主夫……なんか、いいなあ、すてきな肩書きだよなあ。言ってみたいよね。「お世話になります。宇宙主夫の空犬です」とかさ。さっと差し出す名刺にも「宇宙主夫」って入ってるの。でも、こればかりは、今からはちょっとね。うちのおくさんが突然、「あなたにはこれまで隠してたけど、実はわたし……宇宙飛行士なの」「……。えええええええーっ!」みたいなことが起こらないかぎりはね。まあ、ぜったいに起こらないとは言い切れないんだけども。……って、いったい何を書いてるんだ。


こちらのほうは読んだんですが、これが、なんというかちょっとすごい本です。


【“いざ宇宙(そら)へ……山崎直子さん打上の日に関連本と、小松崎茂本を”の続きを読む】
スポンサーサイト



04/04のツイートまとめ

sorainu1968

ヘルプを頼まれたバンド、初めてのスタジオ入り。バンドでギターを弾くのはやっぱり気持ちいいなあ。ただ左手は限界。早く治さないと本番が心配。
04-04 16:21

まもなく吉っ読バンド、2回目のスタジオなので、せっせと打ち込みの準備。みんな、ちゃんと練習してるかなあ。
04-04 22:23

「吉っ読」バンド、生ドラムはなしになったので、せっせとリズム打ち込み。しかし、DS-10はほんとに楽しいな。
04-04 22:58