FC2ブログ

空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

04/13のツイートまとめ

sorainu1968

これ、どんなお店か、気になるなあ。「有隣堂、古書店11社と提携、委託扱い消化仕入方式。藤沢店隣りに古書・マルB本専門店。」(文化通信「出版業界ヘッドライン」[2010/04/12 (3874号)]) http://ow.ly/1xEwf
04-13 09:24

今日発売の「東宝特撮映画DVDコレクション」第15号、いよいよ『マタンゴ』の登場。 http://ow.ly/1xGQA
04-13 11:59

新宿で書店回り。ワールド文学カップ、のぞいていく。
04-13 16:38

吉祥寺で遅めのご飯。軒並み閉まっちゃったエキサイツ側ガード下、旺旺は無事。よかった。
04-13 21:52

間違えて、ついビールを頼んでしまった。飲み過ぎを諌めてくれる飲み相手がいないときは危険だな。
04-13 22:06

ビール片手に、今日ワールド文学カップで抜いてきた本をパラパラと。時間がなくてこれぞというのを選べず残念。まあ、また行くんだけど。
04-13 22:07

こちらも!のつもりが、忘れて帰ってきてしまいました…。明日、神保町で購入します。 RT @ism136 帰り際にGETする予定です!
04-13 23:25

明智小五郎の「三代目」?……大いに不安な乱歩関連ドラマ情報

乱歩者のみなさま、お待たせしました。乱歩ニュースです。……っていうか、これも乱歩関連ニュースになるのかなあ。ちょっと微妙なネタです。


「『役者人生18年、集大成のドラマ』 TBS『三代目明智小五郎~』田辺誠一」(4/9東京新聞)。


三代目? なんか不安な感じですが、記事によれば、このような内容のものだそうです。《明智小五郎といえば、推理作家・江戸川乱歩が生んだ希代の名探偵。その孫というからには、頭はきれ、難事件も次々解決…のはず。が、中五郎(田辺)は迷い猫捜しも満足にこなせない落第探偵。》……なんだそりゃ。続けます。《一話完結で、被害者は中五郎自身。主人公が毎回冒頭に殺されてしまい、幽霊になって事件を推理、解決すると生き返る、という奇想天外な設定。ドジで間抜けな“残念感”漂う探偵だが、おおらかで、のらりくらり。憎めない存在だ。》……「憎めない存在だ」って、そんなまとめ方でいいんすか……。


記事を最後まで読んでも、乱歩者のわたくしはちっとも観たい気分になりませんでした。スタートは13日……ふん?今日じゃん! もしどなたか、このドラマをご覧になった方がいらっしゃいましたら、ぜひコメント欄にて、どんなものだったか、様子をお知らせください。



04/12のツイートまとめ

sorainu1968

『仮面ライダードラゴンナイト』を見てたら、登場人物の1人が書店につとめてる設定だ。"Grace's Books"って店名なんだけど、日本語字幕が「グレース堂」になってて、なんだかほほえましい。「堂」ときたか。
04-12 00:06

あれは、大変にいい番組ですよねえ。RT @akirams 来た!です。
04-12 00:07

ミナミヌマエビです。 RT @naokazu_ ミナミヌマエビ?ヤマトヌマエビですか?
04-12 00:07

「まさか」と言っていただきました(笑)。すみません、実はいい年して昭和特撮大好きなんです…。このネタ、調子に乗ってblogにも書いてしまいました。 RT @ism136 まさか空犬さんからドラゴンナイトとは!?w
04-12 00:35

いいですねえ、中村美与子がお供(笑)。知っていても、それはそれですごいなあ、と。 RT @sugatama お供は中村美与子
04-12 00:37

すみません、最近でいちばんしょーもない記事に導いてしまいました(苦笑)。もめ事系もそれなりに観てたりも実はします。RT @ism136 ぜひ、日本のシリーズを見て頂きたいですwライダーがいっぱい出て来て揉めますがww
04-12 00:57

明日は会社、行けるかなあ。っていうか、行かないとなあ。
04-12 00:58

昼休み。風邪引きの身にはつらい天気のなか、おとなしくしてればいいのに、書店へ。東京堂書店で『本の雑誌』5月号を購入。
04-12 13:37

こういう日にかぎって、打合せがあったりする。まもなく外出。いやだなあ。雨、やまないかなあ。
04-12 13:38

五反田で打ち合わせ。ふだん来ない街だから、終わったら書店に寄ってくかな。明屋とブックファースト。
04-12 17:10

【“04/12のツイートまとめ”の続きを読む】

『本の雑誌』、出久根達郎、倉本四郎……今日読んだ本、そして読みたくなった本たち。

あったかくなったり寒くなったり、地球規模の嫌がらせか何かかと疑いたくなるような不安定かつ過酷な天気が続く日々に、ただでさえ気温の上下に対応の下手なやわな呼吸系を持っていたりするもので、風邪は抜けないわ咳はとまらないわ声は変だわ腕もまだだるいわで、もう大変な空犬です。


さて。中国に赴任中の友人が我が駄blogを読んでくれているんですが、1週間ほど前からアクセスできなくなってるんだとか。カウンターをみると、毎日100数十アクセスで別に目立った上下はありません。ということは、彼の地からのアクセスのみの問題なんでしょうか。まさか、この人畜無害きわまりない我が駄blogが規制だの検閲だのの対象ってことはないよねえ(苦笑)。まさかねえ。怪獣のこととかコンビニ缶ビールのこととかばっか書いてたのがいけなかったのかなあ。


今日の買いもの&車中読書はこちら。


  • 『本の雑誌』323号(本の雑誌社)



東京堂書店でちょうど品出し中だったのをゲット。作家による執筆・刊行予定や新連載など。出久根達郎さんの「たぬきの書評」がいいなあ。



↑この3冊が、確実に読みたくなる、そんな一文です。


深夜の?、しかも米国製?、さらに書店ネタ?の仮面ライダーに大受け

仮面ライダードラゴンナイト(公式サイトの表記はこうだが、番組表では「カメンライダー」とカタカナになってるぞ。ちなみに、「観てんのかよっ!」っていうつっこみは不要です。自分でも常にその突っ込みを入れながら観てますから)を観てたら、登場人物の1人(女性)が書店につとめてる設定なんですよ。特撮+書店、となれば、空犬通信で取り上げないわけにはいきませんわな。しかたなく。いや、ほんと、しかたなく、なんだってば。



↑なんだ、もう出てるんだ。



でね、その書店、"Grace's Books"って名前なんだけど、なんて訳されてるかっていうと、日本語字幕が「グレース堂書店」になってるんですよ。「堂」ときたか(笑)。いいなあ、グレース「堂」。字幕翻訳の方、このアポストロフィSを、訳に反映したかったんだよね。それは正しいあり方ですよ。おそらく、いや、すごく(笑)。


わたくし空犬は、何を隠そう(って、ぜんぜん隠してないよね)ライダー者なわけですが、『仮面ライダー龍騎』には、っていうか、何度も書いてる通り平成ライダーにはぜんぜん思い入れありません。ならば観なければいいじゃないか、って言われそうなんですが、一応ね、気にはなるわけですよ、あちらでライダーをリメイクしたなんて話を聞くとね。それがまったく思い入れのないシリーズであったとしても。そして、過去にゴジラやウルトラで痛い目にあっているとわかっていたとしても。



↑元版。だいたいね、嫌なんだ、ライダーがうじゃうじゃいっぱい出てきて、ライダー同士でもめたりするのは(平成ファンの方、すみません、ライダーおやじの世迷い言と思って聞き流してください……)。



そんなわけで、観ないわけにはいかないので、なんの期待もなく、しかたなく見始めたんですが、この字幕を観ただけで、ちょっとオッケーな気分になってしまいました。


しかもね、変身のときの決めぜりふが、「ヘンシン」じゃなくて、「kamen rider」っていうの。もう、このようにスペルアウトするしかない感じで、「kamen rider」を英語っぽく、語頭のkaにアクセントを置いて、riderの語尾のerをそれらしく発音してたりするので、もう大笑い。ぜひみなさんにこの、「KAmen rider」は聴いてほしいです。これ、子どもがマネしたらおもしろいだろうなあ。いやあ、本来の意味とはまったく別のところで、大いに楽しませてもらってます(笑)。


というわけで、もう元はとった気分なので、あとはどれだけダメでも、自分の好みに合わなくても、寛大かつ寛容な気分で最後まで観られそうな気がするぞ。次回も楽しみだな。「KAmen rider」(笑)。もうええっちゅうに。


……くどいようですが、すみません、このシリーズ、好きで観ている人が読んじゃったりしてたら、昭和特撮おやじが酔っぱらって観てるゆえの妄言と思って、どうぞご勘弁ください。けっこう楽しんではいるのですよ、ほんとに。


04/11のツイートまとめ

sorainu1968

なかなか体調が戻らないのは、やっぱり年齢のせい? いやだなあ。というわけで、今日も終日うちでおとなしく。ぱらぱらやった本のことなどをブログに。 http://ow.ly/1x13H
04-11 21:03

ベランダで飼ってるおさかな(メダカ)を眺めてるだけど、相当に幸せな気分になれる。ちなみに、淡水性のエビもいて、これがまたたいそうかわいい。
04-11 21:15

それはひょっとして、TVほぼゼロのわたくしのフェイバリットでもある『ダーウィンが来た!』のことだったりするのでしょうか。 RT @akirams ダーウィンが好き、はつい観てしまう。
04-11 21:17

「吉っ読」バンドのために、パーカッションのリズム譜を作ったり、アレンジを考えたりしているので、このところ自分でもしょっちゅう、いろいろ振ったり叩いたりしているのだが、やっぱり打楽器というのは理屈抜きで、文句なしに楽しい。
04-11 21:20

コンガやボンゴなどの太鼓類が見るからに楽しそうなのは別として、リズムに合わせて、マラカスを振ったり、ギロをぎこぎこやるだけでこんなに楽しいというのは、音楽好きにもけっこう気づかれていなかったりするのでは、と思う。打楽器、楽しいよ。
04-11 21:22

このところ、ずいぶん読書が進んだので、今晩は久しぶりにDVDで映画にするかなあ。
04-11 21:25

テッド・チャン、螺旋、マイケル・ジャクソン……今日読んだ本たち。

今日はおだやかないい天気の一日でしたね。残念ながら、まだ体調不良ゆえ、今日も出かけられず。昨晩からの続き含め、こんな本たちを手に一日を過ごしました。


  • テッド・チャン『あなたの人生の物語』(ハヤカワ文庫SF)
  • サンティアゴ・パハーレス『螺旋』(ヴィレッジブックス)
  • 増刊Rolling Stone日本版2009年9月号『 永久保存版マイケル・ジャクソン インタヴューブック』(インターナショナル・ラグジュアリー・メディア)



数度目の再読になるチャン、今回は表題作と「理解」を。もう何も言うことがありません。もちろん、いい意味で。このような作品に出会えちゃったりすると、SFを(かなりなんちゃってのレベルではあるけれど)読み続けてきてよかったなあ、と、そんなふうに思うのです。


『螺旋』は、立川読書倶楽部の第2回課題本。スペイン語圏の作品、作家・編集者・本がキーワードの物語、好きになりそうな要素は十分で、実際、文章(翻訳)も読みやすくていいんですが、なんというか、のれずにいます。読書会までにそのあたりのことを明らかにせねばなりません。


【“テッド・チャン、螺旋、マイケル・ジャクソン……今日読んだ本たち。”の続きを読む】

04/10のツイートまとめ

sorainu1968

こんないい天気なのに、風邪、まだ抜けきらないので、今日も外出はなし。まあ、読書が進んでいいんだけど。
04-10 12:49

今日も引き続き『二十世紀から出てきたところだけれども…』を読む。なつかしいSFの話が次から次に。あれもこれも読みたくなって困る。
04-10 12:56

バンドのイベントで必要になり、しかたなくアナログミキサーを購入、今朝届いた。DTMしないからって以前持ってたのを処分したりしたのに、また買い直しで、バカみたいだ。でも、ツマミとかフェーダーとか、手で動かせるミキサーって、やっぱりいいもんだ。持ってるだけでうれしかったりも。
04-10 12:59

しばらく前にネットで見つけたMissing Personsのライヴを聞きながら読書中。そのMissing PersonsのライヴCDをネタにブログ更新。http://ow.ly/1wLyM
04-10 15:16

とつぜん月球儀がほしくなる。やっぱり渡辺教具製作所のがいいのかな。
04-10 15:18

今日もおうち読書、BGMはミッシング・パーソンズのライヴ

風邪が抜けず、今日もおうちでおとなしく読書中の空犬です。昨晩、『今日の早川さん』を通しで読んだら、やっぱりいいなあ。3巻がますます楽しみになってきましたよ。




で、『二十世紀から出てきたところだけれども…』と『早川さん』を読んでたら、気分がすっかりSFになってしまって、今日はテッド・チャンとか、ギブスンとか、ディックとか、イーガンとかの短篇をとっかえひっかえ読んでます。で、BGMはこちら↓。



◆今日のBGM◆


  • Dale Bozzio『Live from the Danger Zone!』



なぜかデイル・ボジオ名義(ジャケではDale Bozzio & Missing Persons)なんかになってるものだから、最近まで気づかなかった1枚。れっきとした「ミッシング・パーソンズ」のライヴです。


ジャケに情報がまったくないのでくわしいことはわかりませんが、収録曲からしてセカンド『RHYME & REASON』前後のステージでしょう。


音質こそいまひとつの感じですが、それを気にさせない迫力に満ちています。演奏も収録曲もなかなかよくて、まさにバンドの全盛期をとらえたものといっていいんじゃないでしょうか。いやあ、よかったなあ、こんなのに気づいて。


同バンドのライヴとしては、デビュー前、1981年のライヴ『Late Nights Early Days』があるほか、寄せ集めの『Lost Tracks』がありますが、正規に活動中のステージをちゃんと収録したオフィシャルなライヴ盤としては、おそらくこれが最初にして今のところ唯一ですよね。なだけでに、謎の名義とかクレジットも何もない適当なジャケとか適当なアートワークがもったいない……。




前にも書いてると思いますが、大好きなんですよねえ、このバンド。ザッパ卒業生が、ちょっと俺らもポップなロックとかやってみる?みたいな感じで作ったバンド。一生懸命に80年代ロックっぽいアプローチはしているものの、あっちこっちにザッパ的な変態的感性や高すぎる演奏技術が顔を出しちゃってて、それがまた稚拙なヴォーカルとのマッチなのかミスマッチなのかよくわからんブレンドで、結果的に、ものすごく奇妙なポップロックになってしまった、ミッシング・パーソンズ……うーん、好き。


このライヴもすごいですよ。全編ですさまじいテンションのテリー・ボジオ(←空犬が世界一好きなドラマー)のドラム、とくに「Walking in L.A.」「Mental Hopscotch 」「Tears」あたりのプレイはすごすぎ。これまた大好きなウォーレン・ククルロのギターも強烈な個性を放っていて、速弾きとか80年代的な派手なギタープレイはぜんぜんないのに、うにょうにょしたヘタウマソロや意外に凝ったバッキングプレイはとにかく印象に残ります。パトリック・オハーンのベースも最高。シンセの音の古くささだけが耳につくものの(プレイは悪くない)、アンサンブルはまったくすきなしといった感じ。


この原稿を書くのに、Amazonを見てみたら、廉価なベスト盤は複数生きているものの、先の2枚はもちろん、オリジナルアルバムは全滅。いま聴いてもいいバンドだと思うのに、なんだか残念だ。


04/09のツイートまとめ

sorainu1968

風邪でダウン中。花粉症に、腱鞘炎に風邪…まったくついてない。
04-09 15:50

風邪の床で、『二十世紀から出てきたところだけれども、なんだか似たような気分』他をぱらぱら。冒頭に、1日に2冊だの3冊だの読むという話がでてきて、驚愕。この二段組450頁の本の読了にどれだけかかるだろう。
04-09 19:42

ご心配多謝です。なんとか快方に向かって…る気がぜんぜんしない(泣)。 RT @naokazu_ お大事に。 @miwatysm 壮絶ですね。。。
04-09 19:44

おとなしく寝てればいいのにブログ更新。『二十世紀から出てきたところだけれども…』他風邪引き読書本と『今日の早川さん』のことなど。http://bit.ly/blPBFz
04-09 19:57

風邪っぴきの日は軽めの読書がいちばん

引き続き、よれよれの空犬です。今日はとうとう風邪でダウン、終日家で伏せってました。


風邪のときの読書は児童書、それも子どものころから親しんだ児童書がいい、という話はいつだったか書いたことがありますが、今日はドリトル先生じゃなくて、こんなのをぱらぱらとやってました。


  • 鏡明『二十世紀から出てきたところだけれども、なんだか似たような気分』(本の雑誌社)
  • 河崎実『ウルトラマンはなぜシュワッチと叫ぶのか?』(メディアワークス)



どっちも書名、長いなあ(苦笑)。鏡さんの本はともかく、もう1冊は、風邪のときにいいおやじが何読んでんだと言われそうな本ですが、これが全編ウルトラ愛に満ちていて、いい意味でゆるくて、こういう心身が弱っているときの読書になかなかいいんですねえ。


ところで、この本がまもなくですね。楽しみ愉しみ。


  • coco『今日の早川さん3』(早川書房)



2巻のときは、1と2をいっぺんに買うつもりが、まちがえて、通常版と限定版をいっぺんに買っちゃうというちょんぼ(←だれでもふつうにやりますよね、こういうミス。えっ、やらない? おかしいなあ)をやったりしてるので、今回は気をつけないと。




ああ、そうか。『早川さん』こそ、風邪っぴきの読書にぴったりではないですか。よし、今晩はこれにしよう。と思ったら、すでに体力が限界っぽくて、早々にダウンしそうな予感……。


04/08のツイートまとめ

sorainu1968

「吉っ読」バンドの練習でスタジオ入り。いやあ、楽しかったなあ。という話でブログ更新。http://ow.ly/1vEm2
04-08 01:31

おめでとう。よかったなあ。RT @solamimi777 2700グラムの元気な女の子が産まれました。
04-08 18:25

吉っ読バンドがバンドらしくなってきたのでした

昨日があんなにあったかかったのに、今日は、悪い冗談か何かだったんでしょうか。寒すぎる……。まさかこんな天気だとは思っていなかったので、超薄着で家を出てしまったもので、泣きながら終日を過ごした空犬です。


今日は吉祥寺で、「吉っ読」バンド練習、みんなでスタジオに入ってきましたよ。集まってみれば、ぼく以外のみなは冬の格好、防寒対策万全です。このメンツのなかでは、寒さに弱いという意味ではどう考えても下から数えたほうが早い空犬が、いちばんの薄着……。あわててユニクロ吉祥寺店に飛び込んで、パーカーを買い足してきたんですが、それでも寒い。ほんと、今日は一種の苦行でしたよ。


そんなことはどうでもいいのでした。さて、そのスタジオ練習、今日が2回目です。前回は、ただスタジオの雰囲気を味わっただけ、に近かったんですが、今回は格段の進歩。もちろん、こまかい問題はまだまだ山積ですが、なんとなくバンドらしい感じになってきてるから驚きです。


使用楽器も、技術も、ノリも、おもちゃレベルなんですが、それでも十分に、というか、それだからよけいに、なのかもしれませんが、とにかく楽しい。おもしろい。残念ながら、生ドラムは使えないので、リズムは打ち込みなんです。で、コンガとかマラカスとか、生のパーカッションを入れてるんですが、これらが入るだけで、いきなりノリが生っぽくなって、これが実にいいんですねえ。


音楽は、独りでぺんぺんと弾いたり聞いたりしてるだけでも楽しいものですが、やはりこうして集まって、大きな音で一緒に合わせると、楽しさも倍増。ほんと、バンドはいいものですよ。あらためて実感。楽器やバンドは初めてという吉っ読のみんなもすっかり気に入ったようで、楽しいね、いいね、を連発してましたよ。


というわけで、我らが吉っ読バンド(正式名称は相談中)、この夏に予定している吉っ読主催のイベントでのデビューを目指して猛練習中です。1回こっきりのバンドで終わらせるにはもったいないノリになってきたので、夏以降も、出演イベントを募集中です。呼ばれればノーギャラ(←当然だ)でどこにでも参上します。対バンも受けてたちます。吉っ読バンド、ブッキング、参加希望、見学希望、その他もろもろは、BOOKSルーエ花本氏か、空犬までどうぞ。


04/07のツイートまとめ

sorainu1968

やっぱりチケット買うべきだったか。ジェフ・ベックのインタビュー。ファンは「レッド・ブーツ」の再演を期待するという質問に、「それは約束する」だって。 http://ow.ly/1vp9z
04-07 12:19

節酒宣言中の飲酒とか(苦笑)、ふだんほめられないことのほうが多いので、うれしいです。こちらこそよろしくです。 RT @miwatysm ものすごくセンスのいい
04-07 12:21

毎日新聞の「POPのちから」。「この欄では書店のユニークなポップを紹介する。」とあるってことは、続くのかな。 http://ow.ly/1vpmj ちなみに、今回取り上げられているのは、お店が神保町の書泉グランデ、本は『斎藤一人の道は開ける』
04-07 12:37

昼休み、三省堂書店神保町本店へ。5階理工書売り場に、中学生が授業で作ったというPOPが。そんな授業があったらいいなあ。中学生たちのPOP、なかなかすてきな出来で、眺めているだけで楽しい。
04-07 14:18

『新潮』購入。ピンチョンの特集に町田康のCD。最近の『新潮』はおもしろいなあ。それにしても、作家の特集で、主要長編の書き出しを一挙掲載するという手は、過去の作家特集でもあまりやっていなかった手では。
04-07 14:20

吉祥寺で吉っ読バンドの練習。スタジオ入り二回目だけど格段の進歩。そして何より楽しい!ああ、やっぱりバンドはいいなあ。
04-07 23:41

04/06のツイートまとめ

sorainu1968

昼休み、三省堂書店神保町本店、東京堂書店をうろうろする。気持ちがいい天気なので、お茶はなしで、古書店店頭をのぞきながら散歩。古書センターの中野書店で、驚きの発見。
04-06 14:15

だるいのは腱鞘炎のせいかと思っていたら、どうやら風邪も引いていたらしい。やれやれ。そんなにしんどいなら早く寝ればいいものを、どうしても昼休みに見つけた本のことを書いておきたくてブログ更新。しかも今日2本目。我ながらほんとバカだなあと思う。 http://ow.ly/1v4C5
04-06 21:51

明日は「吉っ読」バンドのスタジオ練習。みんな、ちゃんと練習してくるかなあ。
04-06 21:51

中野書店で、驚愕の香山滋関連本に遭遇のこと

花粉症に、腱鞘炎に、さらに風邪まで……もう、だるだるのぐすぐすで、よれよれの空犬です……。


今日は気持ちのいい一日でしたね。ようやく昼休みの街歩きがつらくない気候になってきた感じ。これで花粉さえなければなあ。古書街をぶらぶらしていたら、急に、古書センターの中野書店漫画部をのぞいてみたくなって、久しぶりに訪問。なつかしマンガの強力なコレクションで知られる説明不要の同店、マンガ読みでない空犬も、小学生の頃に読んだマンガを眺めてなつかしい思いをしたりできるので、けっこう好きな店だったりします。あと、古いSFや特撮など、漫画周辺の本も置いているので、ときどきのチェックは欠かせません。


いつものように、特撮本をチェックしていたら、平台に、「香山滋」の文字が。香山滋といえば、もう、わたくし空犬にとっては、別格扱いの作家の1人。心の中で勝手に殿堂入りしている超のつく重要作家です。もちろん三一書房の全集も初版・帯付・月報揃い美本(三一の本がぞっきに大量に流れる前だったのでけっこう高かった;涙)で持ってます! 香山の初版本はとんでもない値段のものばかりなので、オリジナルこそないものの、国書刊行会の復刊はもちろん購入、そのほか、手に入るかぎりの選集・単行本・文庫をゲット、それなりにたくさん持っていたりします。別にそんな中途半端なコレクションとも呼べないコレクションを自慢したいわけではなくて、それぐらい好きだ、ということなんです。


そんな空犬が見たことのない香山関連本が、漫画専門古書店の平台に、しかも「新本」として積まれているなんて、いったいどういうことかと、頭の中が???でいっぱいに。まったく存在を知らなかった香山滋関連本との予想外の邂逅に、思わずくらくらします。争う相手もいないのに、店頭から奪い取るように買ってきたのは、こんな本でした。




本のビニールを、雄叫びをあげながら破りさり、がばっと中の本を手にしたところ、本の造りは、B5判並製、226頁。見るからに同人誌の体裁だけど、うおー、カラーのカバーがかけてあるっ! 「はじめに」によれば、本書は、《昭和31年12月13日から昭和32年3月6日にかけてラジオ東京テレビ(現TBSテレビ)で放送されたSFテレビドラマ「遊星人M」(原作・香山滋、脚色・魚住大二)全十三話の脚本集およびその作品解説である》というものでした。


「原作・香山滋、脚色・魚住大二」という表記からあきらかなように、ゴジラのときとは違って、本人が直接関わったわけではないのでしょう。もちろん、全集にもこの脚本は収録されていません。あくまで香山滋関連資料であって、香山作品ではないわけですね。でも、それでも、やっぱり気になるではないですか、ファンとしては。ねえ。


この、香山ファン驚愕の本の発行元は、JESFTV 日本初期SF映像顕彰会。本の編集・執筆は、この会の代表としてお名前のあがっている猫山れーめ氏の手になるもののようです。この会、別のところにあったプロフィールによると、《生放送のため映像が現存しない昭和30年代前半までのSF空想テレビドラマについて新聞記事やシナリオ採録を通して作品研究をしています。また同様にフィルム不明の劇場映画「空飛ぶ円盤恐怖の襲撃」についても作品研究を続けています。》という会なんだとか。いやはや、すごい人たちがいるものだなあ。やっぱり、特撮・SFの世界は奥が深い、っていうか深すぎる……。


このような本に強く反応する方がそれほど多くいるとは思えませんが、もしも「香山滋」「遊星人M」「昭和特撮」「日本古典SF」「SFテレビドラマ」、これらのキーワードのうち、どれか1つにでも引かれるものがあったら、手にする価値はあるかもしれません。都内では、神田古書センターの中野書店漫画部のほか、まんだらけなどでも扱いがあるようですよ。また、会のサイトで通販もあります。




↑原作、教養文庫、ちくま文庫、「ふしぎ文学館」と、比較的手に入りやすい選集のいずれにも入っていません。読むなら、全集の第7巻で。


遊星人M

いつだったかも紹介したこの本、三鷹北口にあったブックステーションで、格安でゲットしたもの。裸本だけど、ノープロブレム。いまでも棚にこの本を見つけたときのやっほーな感じを思い出すだけで幸せな気分にひたれます。脚本読むなら、先に原作を再読しないとね。


神奈川の書店オープン情報2件、修正と追加です

先日、関東近郊の新刊書店オープン情報を、自分がおさえている範囲だけでまとめました。うち、4/2オープンの有燐堂戸塚駅西口トツカーナ店(長い名前ですが、これが正式店名なんですね)について、サンドラさんが情報を寄せてくれましたので、紹介させてもらいます。


先日の記事では、「新規オープン」としたのですが、《戸塚駅前ではナント3箇所目の有燐堂。先日までは、このトツカーナが出来るまで臨時の建物「戸塚ウエスト」(トツカーナのオープン後は閉鎖予定)に入っていたものが、堂々リニューアルオープンとなったわけです。》とのこと。正確にはリニューアルだったわけですね。訂正します。


サンドラさんによれば、《「ウエスト店」のころはもっとこじんまりして静かで、どちらかというと女性や若者よりも休日のお父さんたちが趣味関係の書籍を見るのによさげな雰囲気だったのに、すっかり既存の戸塚モディ店のまるまるコピーといった感じでした。ちょっぴり残念だったかな。これから日が経つにつれ、だんだんお客様も定着してお店の方向性も出てくるのかもしれませんが・・・》とのこと。


まあ、お店の印象は個人差もあるでしょうから、自分で見ていないお店についてのコメントは控えておきましょう。店舗が入る施設の雰囲気や客層に、お店のそれは大きく左右されるわけで、客の立場からすると、品揃えとか規模以前に、それが合う合わないで、ずいぶんお店の印象は変わるでしょうね。先日紹介した吉祥寺の2店も「箱」が替わったケースですから、それらを見ても、そのことは強く感じさせられました。


というわけで、サンドラさん、レポートありがとうございました。っていうか、コメント勝手に引用させてもらっただけですが(苦笑)。


そうそう、神奈川エリアの新刊書店と言えば。個人的に強いエリアに支店がなく、ふだんあまり出入りの機会がないためチェックが漏れていたのですが、先日の関東近郊の新刊書店オープン情報に入れていなかった書店オープンネタでは、住吉書房本店もありました。


同店は、東急東横線元住吉駅から徒歩2分のお店。元住吉って言われても、いったいどの辺なのか、さっぱりイメージが浮かばないところがつらい(苦笑)。リニューアルオープンは3/31で、1~3の3フロアすべて改装となったようです。


住吉書房、総武線の3駅、小岩・市川・本八幡の3店は行ったことがありますが、改装前の本店には、おそらく一度も行ったことがないはず。その意味ではぜんぜんなじみのない店なんですが、サイトの紹介文や写真を見るかぎり、外観や壁のデザインもいい感じだし、丸い壁面に明かり取りの窓の開いた児童書コーナーも良さそう。これはぜひ行ってみたい感じです。仕事のついででもないかなあ。


04/05のツイートまとめ

sorainu1968

おお、やった! RT @bookendless スターマン通せるようになりましたよ?。
04-05 13:57

よかったよかった。「シャトルは予定通りの軌道に入り、打ち上げは成功した。」 http://ow.ly/1uDft
04-05 20:35

先日、知り合いが関わっているバンドが初CDを出したとのこと。Ango Tasso's Air Force。メタル系は自分ではあまり聴かないんですが、メタル好きの人で応援してくさる方は、ぜひサイトのチェックを。試聴ありです。 http://ow.ly/1uDlq
04-05 20:41

花粉症、腱鞘炎に加え、風邪まで。よれよれでブログ更新。打上成功の山崎直子さん他のことなど。 http://ow.ly/1uDmH
04-05 20:43

昨日の「一箱古本市in吉祥寺」、スタジオで体力切れちゃったので、残念ながら寄れなかったんだけど、どんな感じだったのかな。
04-05 20:44

昨日から最近の本に手が伸びなくて、つげ、手塚、後藤明生、荒木経惟、オースン・スコット・カードなどをとっかえひっかえしてたりする。
04-05 21:02

いざ宇宙(そら)へ……山崎直子さん打上の日に関連本と、小松崎茂本を

いよいよですね。宇宙好きとしては、わくわくせずにはいられません。「「宇宙へ」山崎直子さん、少女時代の夢実現へ」(4/5読売新聞)。


関連本としては、当然この2冊。ご夫婦、それぞれの本が同時期に、しかも違う版元から刊行されるのはめずらしいケースかもしれませんね。


  • 山崎直子『何とかなるさ!』(サンマーク出版)
  • 山崎大地『宇宙主夫日記 妻と娘と夢を追いかけて! 』(小学館)



まずは山崎直子さんの本。本来であれば、まずはこちらから、それも打上前に読むべきなんでしょうが、自己啓発とか精神世界関連本のイメージの強い版元の本で、なんとなく手が伸びずにいるうちに、今日に……。


表紙の「ママは宇宙に行ってきます」が、いいですねえ。報道によれば、ご本人は「ママさん宇宙飛行士」と呼ばれたくないそうですが、ふつうの仕事だってむずかしいのに、宇宙飛行士と「ママ」の両立ですよっ! 「男の子の世界」っぽいイメージの「宇宙」という分野に家庭生活との両立問題をクリアして乗りこんだパイオニアの1人として確実に記録に残る人なわけですよ。これは大いに誇っていいことだと思うし、むしろどんどん、そのことを前に出してほしいぐらいですよね。


一方、パートナーの山崎大地さんの本。宇宙主夫……なんか、いいなあ、すてきな肩書きだよなあ。言ってみたいよね。「お世話になります。宇宙主夫の空犬です」とかさ。さっと差し出す名刺にも「宇宙主夫」って入ってるの。でも、こればかりは、今からはちょっとね。うちのおくさんが突然、「あなたにはこれまで隠してたけど、実はわたし……宇宙飛行士なの」「……。えええええええーっ!」みたいなことが起こらないかぎりはね。まあ、ぜったいに起こらないとは言い切れないんだけども。……って、いったい何を書いてるんだ。


こちらのほうは読んだんですが、これが、なんというかちょっとすごい本です。


【“いざ宇宙(そら)へ……山崎直子さん打上の日に関連本と、小松崎茂本を”の続きを読む】

04/04のツイートまとめ

sorainu1968

ヘルプを頼まれたバンド、初めてのスタジオ入り。バンドでギターを弾くのはやっぱり気持ちいいなあ。ただ左手は限界。早く治さないと本番が心配。
04-04 16:21

まもなく吉っ読バンド、2回目のスタジオなので、せっせと打ち込みの準備。みんな、ちゃんと練習してるかなあ。
04-04 22:23

「吉っ読」バンド、生ドラムはなしになったので、せっせとリズム打ち込み。しかし、DS-10はほんとに楽しいな。
04-04 22:58

04/03のツイートまとめ

sorainu1968

さて、桜でも見に、散歩に出かけるとするかなあ。
04-03 12:50

小金井公園にやってきた。天気はもひとつだけど、やっぱり気持ちいいなあ。
04-03 14:04

小金井公園、見事な桜。桜まつりは大盛況でものすごい人出。
04-03 15:52

04/02のツイートまとめ

sorainu1968

こちらこそありがとうございます。吉祥寺でお一人で出版をとあったのを拝見しこちらも興味津々です。吉祥寺と出版・書店ネタ中心の駄文ですが、よろしくお願いします。 RT @natsuhasha 吉祥寺に来て、まだ半年です。
04-02 15:15

土日は、14?15度、曇りで風が強い、か。公園で、花見読書+ビールは無理かなあ。
04-02 15:46

ずっとかかりきりの、すごくしんどい作業が一段落。今日は思うぞんぶん飲むぞと思うのだが、腱鞘炎のときって、お酒はいいのだろうか。
04-02 15:47

啓文堂書店吉祥寺店、本日、丸井内に移転してのリニューアルオープン。どんなお店になっているだろう。これから訪問の予定。
04-02 17:20

啓文堂書店吉祥寺を見てきた。なかなかの賑わい。
04-02 18:53

吉祥寺で一杯やってくつもりだったが、腕がつらいので帰路につく。今晩はおとなしくうちで飲もう。
04-02 19:07

ブログ更新。本日開店の啓文堂書店吉祥寺店の件。もう腕がだるくて死にそうだ。 http://ow.ly/1tZTj
04-02 21:52

やめとけばいいのに、さらにブログ更新。乱歩関連新刊2点のこと。大槻ケンヂと丸尾末広。ああ、もう腕が限界だ…。 http://ow.ly/1tZUN
04-02 21:53

大槻ケンヂ、丸尾末広……まもなく乱歩関連新刊2点刊行です

ああ、早く休みたい。これだけ書いたら、ビールタイムにしよう。ああ、腕しんどい。


……すみません、愚痴はともかく。乱歩ニュースです。乱歩関連新刊2連発です。


まずはこれ。「書籍「大槻ケンヂが語る江戸川乱歩」で名作の魅力を紐解く」(3/31最新音楽ニュースナタリー)。記事を引きます。《この書籍は2005年にNHK教育で放送された番組「知るを楽しむ 私のこだわり人物伝 幻影城へようこそ -江戸川乱歩-」を文庫化したもの。人気シリーズ「怪人二十面相」「少年探偵団」や、「黒蜥蜴」「人間椅子」といった探偵小説、怪奇小説、幻想小説などの江戸川乱歩の作品と人物を、大槻ケンヂが独自の視点から語りつくす。》


へえ、こういう文庫化もありなのか。「私のこだわり人物伝」、そのときの冊子はもちろん所有してますが、これ、大槻ケンヂの文章部分って50頁ほどだけど、書籍として成立するのかな、って思ったら、こういうことでした。《さらに「鏡地獄」「押絵と旅する男」「踊る一寸法師」「人でなしの恋」という江戸川乱歩小説も収録。乱歩の評伝と作品が読める、入門編としてももってこいの内容となっている。》




発売は4/24で、460円。角川文庫のようです。今さら入門編でもないんだけど、乱歩者は全買いと決まっているので、買うことになるのだろうなあ。


もう一点。より楽しみなのはこちら。


  • 丸尾末広『乱歩パノラマ 丸尾末広画集』(ビームコミックス)



Amazonの内容紹介を引かせてもらいます。《大乱歩×魔神・丸尾、恍惚と戦慄の超絶美麗画集! 『パノラマ島綺譚』(手塚治虫文化賞受賞)、『芋虫』と、その圧倒的画力で江戸川乱歩ワールドを描き尽くし、満都の話題を独占した、日本漫画界が世界に誇る魔神・丸尾末広。乱歩作品にインスパイアされた数々のイラストレーションを集大成、そして、CDジャケットやポスター用などのイラストから描き下ろし作品まで最新の画業を網羅、さらに、江戸川乱歩原作『踊る一寸法師』の漫画作品までも収録。世界的名声を得ている孤高の絵師、その艶やかで戦慄的な魅力の精髄を一冊に凝縮した、ファン感涙の超絶美麗画集。》


うわ、こ、これは楽しみだなあ。『パノラマ』も『芋虫』も、すごかったからなあ。この本、今日twitterでつぶやかれてるのを見て、啓文堂で探しまくってしまったんですが、発売、まだだったんですねこちらは4/5のようです。乱歩者は即買いでしょう。




……ああ、腕がだるいのを通り越して、なんか気持ち悪くなってきた。なので、このあたりで退場します。土日は更新、お休みです。みなさま、良い週末を。桜が楽しめるといいですね。


祝開店! 啓文堂書店吉祥寺店、丸井内に移転してリニューアルオープン

腕、それも片腕が不調なだけで、ひとの体というのはこんなにも不自由な感じになるものなのかと、自分の体力のなさを棚にあげて妙なことに感じ入ったりしている空犬です。


今日も、一刻も早く雑事とPCの前とを離れ、腕を休めつつ、お酒に逃避したいところなんですが、どうしても書かなくてはならない案件があるので、腕の痛みをおして、泣きながら仕方なく書きます。


啓文堂書店吉祥寺店、本日、丸井吉祥寺店に移転して、無事にリニューアルオープン。同店のみなさま、おめでとうございます。


丸井吉祥寺正面

↑さすがに店内は撮影できませんので、丸井の正面をぱちり。それにしても、「丸井」「啓文堂」「ユザワヤ」がこうして同じ建物になって看板が並ぶことになるとはなあ。


このところの丸井と言えば、なんとなく元気のない印象だったので、その上のほうに入ることになった啓文堂書店とユザワヤは大丈夫かなと思っていたら、杞憂でしたね。


啓文堂書店はたくさんのお客さんでにぎわっていて、ぼくが行ったのが夕刻だったせいもあってか、レジには行列もできてましたよ。


以前の550坪から100坪ほど狭くなるということで、在庫や棚の様子がどんなふうになるのかと心配していたのですが、棚の背が高くなったこと、それと、以前のようにエリアがわかれることなく、ふつうのワンフロア型のようにまとまったせいでスペースの無駄がなくなったこと、の2つが効いたんでしょうか、商品数が少なくなった、という印象はほとんどありません。とりあえず店内をぐるぐるして、各ジャンルの棚の本数、平台の様子、フェア台などをチェックしましたが、商品数もバランスもレイアウトも、とてもいい感じになっているように思いましたよ。


知り合いの顔も見えましたが、開店当日でてんやわんやの今日は声をかけず、またレジも忙しそうだったので、買い物もせずに退散。まあ、これからしょっちゅう来ることになるんだから、今日はいいかなと。


ついでに、ユザワヤも寄ってみましたが、こちらもけっこう賑わってましたね。場所こそ変わって、こぎれいなフロアになりましたが、客層は変わってない感じ。しっかりお客さんがついていた証拠で、ちょっとぐらい駅から離れても、上に上がらなくてはいけなくなっても、そんなに影響ない、ってことなんでしょう。


昨日のブックファーストアトレ吉祥寺店といい、今日の啓文堂書店吉祥寺店といい、リニューアルによってイメージを一新、それぞれパワーアップした感じです。ロンロン時代から少し奥に引っ込んだだけで、立地的にはライバルに比べると圧倒的に有利なブックファーストに比べると、啓文堂書店はやや不利かと思いきや、今日の様子では大丈夫そう。これは、近隣の書店にとっては、影響が大きそうです。BOOKSルーエリブロ吉祥寺店、そして南口のブックスいずみら、既存店にもがんばってほしいなあ。それぞれ個性のある店で、得意分野も違うから、共存は可能だと思うんですよねえ。


というわけで、一気ににぎやかになった吉祥寺の新刊書店事情、しばらくは目を離せない感じです。


04/01のツイートまとめ

sorainu1968

いよいよ明日からだ! 「ワールド文学カップ」。やっぱ初日に駆けつけないとね。 http://bit.ly/cBH59p
04-01 01:10

いざ新宿へ、紀伊國屋新宿二階のワールド文学カップを見に。どんなすごいことになってるのやら。楽しみ。
04-01 16:41

紀伊國屋新宿ワールド文学カップ、のぞいてきた。今日は時間ないので買い物はまた今度。知りあいいれば撮影させてもらったんだが。
04-01 17:13

本日開店のあゆみBOOKS高円寺店へ。北口ロータリー正面。五十坪ほど。ブックスオオトリのすぐ近くだが、そっちはそっちでちゃんと賑わっていた。
04-01 17:43

本日開店のブックファースト吉祥寺店に。以前のお店とは印象を一新。それにしてもアトレ吉祥寺の賑わいといったら!初日の夕刻だから当然かもしれないけど。周辺の新刊書店にとっては確実に脅威となろう。
04-01 18:24

あゆみ高円寺、ブックファースト吉祥寺、中央線沿線住人としては気になる本日開店の2店を訪問。明日は啓文堂書店吉祥寺。書店ウォッチャーは忙しい。痛い腕をさすりながら、しかたなくブログ更新。http://bit.ly/9w3N7D
04-01 22:18

なんだかものすごい風になってきたな。今週末、独り花見酒に出かけようと思ってたのに、天気と肝心の桜は大丈夫だろうか。小金井公園にと思っていたが、今週末は、武蔵野桜まつりもあったのだった。
04-01 22:19

「一箱古本市」in吉祥寺も今週末、4/4(日)。
04-01 22:19

昨日ようやく買ったジェフ・ベックの新作をリピート中。いつ聴いても、いったいいくつだこのおやじ、と驚愕。
04-01 22:46

書店オープン2件……あゆみBOOKS高円寺、ブックファースト吉祥寺

もう一件、いきます。本日オープンネタ、2つ。



あゆみBOOKS高円寺オープン

↑本日開店のあゆみBOOKS高円寺店へ。お店の写真撮れなかったので、チラシを。JR高円寺駅北口、ロータリー正面。五十坪ほど。すぐ先にブックスオオトリがあるんですが、新店の影響でがらがらだったりしたら気の毒だなと思って見にいったら、そっちはそっちでちゃんと賑わっていてちょっと安心。どっちかつぶれたりしないで、両方がんばってほしいものです。



アトレ吉祥寺オープンチラシ

↑本日開店のブックファースト吉祥寺店も当然チェック。ロンロンあらためアトレ内のお店なので写真撮れず、代わりに江口寿史さんのイラスト入り案内を。弘栄堂居抜きという感じだった、リニューアル前のお店とは印象を一新。ブックファーストらしいお店に。


それにしてもアトレ吉祥寺の賑わいといったらもう! オープン初日の夕刻だから当然かもしれないけど。お店の様子といい、アトレの賑わいぶりといい、今回のブックファースト吉祥寺復帰は、周辺の新刊書店にとって確実に脅威となりそう。



ワールド文学カップ冊子

↑今日から開催です。今日は時間なかったので、ざっと眺めるだけに。



偉大なるB級映画

↑同じ階にはこのフェアも。前回の記事には刷り物がないと書いた気がするけど、今日は発見できたので、ゲット。


リトル吉祥寺ストリート

だから、腕がだるくて痛いんだってば……やめておけばいいものを、こういうときにかぎって気になることがあったりして、泣きながらタイピング中の空犬です。写真とキャプションのみの記事、アップします。まずは3/29に紹介した「リトル吉祥寺ストリート」のことを。



リトル吉祥寺ストリートチラシ

↑「リトル吉祥寺ストリート」チラシ。



リトル吉祥寺ストリート古本市看板

↑「リトル吉祥寺ストリート」古本マーケット、入り口の看板。



リトル吉祥寺ストリート古本市

↑「リトル吉祥寺ストリート」古本マーケットの様子。お店の人とお客さんに遠慮して、離れて撮ったら、なんだかさっぱりわからない絵に(苦笑)。



一箱古本市吉祥寺

↑「リトル吉祥寺ストリート」古本マーケット「一箱古本市」の案内。今回は4/4(日)。次も決まってて、5/16(日)。「ただいま、店主さんも募集中、!」の「只今」って4/4の分もだろうか。



バスキングin吉祥寺

↑ちょっと惹かれる街頭演奏の誘い。吉っ読バンドで挑戦?……はさすがに無理か。誰か一緒にやらないかな。

「ワールド文学カップ」、いよいよ明日からです!

腕がしんどくて今日は更新なしのつもりでしたが、これだけはふれておこう。何度か紹介している、紀伊國屋書店新宿本店のフェア「ワールド文学カップ」、いよいよ明日からです。期間・場所他詳細はこちらに書いておきましたので、ぜひ。

03/31のツイートまとめ

sorainu1968

水族館好きとしてはぜひ行ってみたいところの1つだけれど、山形か、遠いなあ…。「クラゲが救った「なくてもいい水族館」入館者回復 山形」(3/31朝日新聞) http://ow.ly/1sTYW
03-31 09:58

昼の神保町の古書店に、家族連れとか小学生の姿が。と思ったら、春休みの季節だった。いいなあ、家族で古書店街散策なんて。
03-31 13:41

吉祥寺。リトル吉祥寺ストリートをのぞいて、伊万里でカレー&ビール。
03-31 20:14

ありがとうございます。天気だけがちょっと心配です。 RT @niha00 小金井公園の桜もきれいですし、缶ビールに文庫本とはなかなか良い組み合わせだと思います。
03-31 22:06

「リトル吉祥寺ストリート」でもらってきたチラシ。「バスキングin吉祥寺」。楽しそうだな、これ。吉っ読バンドで何かできないかな。独りより誰かと一緒のほうがいいなあ。http://bit.ly/aVy3FY
03-31 22:10