FC2ブログ

空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

空犬通信版、2009年の出来事回顧、続きです

さて、続きです。一応、リスト後半をもう一度上げておきましょう。


  • SF周辺に盛り上がり。『SF本の雑誌』、日本SF全集、文庫アンソロジーなど重要本次々に刊行。SF界重要人物訃報も相次ぐ。
  • 「大乱歩展」開催、少年乱歩文庫完結、大型明智本刊行と、乱歩、局所的に盛り上がり。
  • 藤子決定版的全集刊行開始、オバQ復刊。手塚文庫全集もスタート。
  • 東宝特撮DVDコレクション刊行開始。


SF周辺はいろいろありましたねえ。ちょっと無理矢理にまとめてリストアップすると、

『S-Fマガジン』創刊50周年、

『SF本の雑誌』の刊行、

SFアンソロジー文庫の相次ぐ刊行、

日本SF全集刊行開始、

河出の奇想コレクションも順調に継続中、などなど。




本の世界以外にもありますよ。SFアニメの金字塔『機動戦士ガンダム』30周年関連イベント、とくに1/1ガンダムは大いに話題を呼びました。



【“空犬通信版、2009年の出来事回顧、続きです”の続きを読む】
スポンサーサイト



空犬通信版、2009年の出来事回顧

今年も今日を入れてあと3日。今日から3回は、今年のまとめ記事をお届けします。


まずは、今年の本・書店がらみの事件から、個人的に印象に残ったものをピックアップ。業界の話から、超パーソナルな件まで、ごちゃまぜです。


  • 出版不況、深刻化。本の販売額2兆円割休刊誌、170誌超に
  • Kindle上陸。スマートフォンの進化と併せ、読書電子化が加速。
  • 吉祥寺の商業施設に変化の波。新刊書店にも影響が。
  • 書店発メディアの盛り上がり。「ルーエの伝言」+「めくる」=「メクルエデン」。
  • ブックイベント活性化。「本toちば」スタート。
  • 書店仲間との新たな出会い、「遠足」実現と読書会スタート。
  • SF周辺に盛り上がり。『SF本の雑誌』、日本SF全集、文庫アンソロジーなど重要本次々に刊行。SF界重要人物訃報も相次ぐ。
  • 「大乱歩展」開催、少年乱歩文庫完結、大型明智本刊行と、乱歩、局所的に盛り上がり。
  • 藤子決定版的全集刊行開始、オバQ復刊。手塚文庫全集もスタート。
  • 東宝特撮DVDコレクション刊行開始。


出版不況……こんなことばがこれほどに一般化してしまうとは……。小学館の学年誌(「「小学五年生」「小学六年生」休刊へ」)、学研の学習雑誌(「『学習』『科学』休刊のお知らせ」)、そして、マリクレ(「女性誌「マリ・クレール」休刊へ」)、SV(「日本を代表するカルチャー雑誌『STUDIO VOICE』が8月発売号で休刊」)と、子どものころに親しんだ雑誌、学生時代に大好きだった雑誌など、自分の読書人生にも関わりの深い雑誌たちの休刊ニュースは、現役の熱心な読者ではなかったにしても、やはりショックでした。




少し落ち着いたようですが、「本の雑誌」の危機が伝えられたのも今年のこと。「雑誌」という当たり前の存在が、自分が現役でいる間に大きく変質したり、なくなってしまったりするかもしれない……そんなことを強く感じさせられた1年でした。



【“空犬通信版、2009年の出来事回顧”の続きを読む】