FC2ブログ

空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

尾道坂道書店、すごい本屋……最近読んだ書店本たち。

昨日の記事に書いたブックチバの会合、場所が船橋だったので、ときわ書房本店に寄ってきました。


決して広くはない、というか狭い、と言い切ってしまっていい店内はお客さんでいっぱい、壁の棚も平台も本でぎっしり、妙な言い方になりますが、店内がぎっしり感でいっぱいです。棚の間をゆったりとって、什器もかっこいいのをそろえた、おされな本屋さんとは正反対のお店づくりですが、でも、街の本屋さん、それも活気のある街の本屋さんって、やっぱりこんなふうでなくっちゃね。いるだけで、なんだかわけもなくうれしくなる、そんな店のたたずまいです。


店の規模からすると、文庫などの積み方が半端じゃない感じ。ミステリー関連の充実は、茶木さんや宇田川さんの存在を考えると当然なのかもしれません。個人的には、お店の奥の棚、ハヤカワ文庫SFの青背の量がうれしい。こんなにSF文庫そろえてるところ、もっと大きな店だって、そうはないですよ。あと、壁にはられたたくさんの色紙! サイン本もけっこうあります。作家や版元の信頼が厚くことの証拠でしょう。


たくさん買い物していきたかったんですが、会合にも遅れそうな時間だったので、船橋にはしばらくは毎月来るだろうからと、泣く泣く買い物なしでお店を出ました。


最寄り駅から電車で1時間離れると、いくらいいお店があるとわかっていても、ふだんはやはりなかなか足を運ぶチャンスはありません。近郊でもこんな感じですから、地方となると、仕事がらみか旅行のついででもないと行けませんよね。なので、書店好きには、地方の書店の姿を伝えてくれる、こういうすばらしい書店本の刊行は大歓迎なのですよ。


  • 児玉憲宗『尾道坂道書店事件簿』(本の雑誌社)
  • 井原万見子『すごい本屋!』(朝日新聞出版)


【“尾道坂道書店、すごい本屋……最近読んだ書店本たち。”の続きを読む】
スポンサーサイト



千葉で書店イベント? ブックチバ(仮)に期待です!

地域密着型の書店イベントと言えば、空犬通信でも何度か紹介している福岡のブックオカ、それに名古屋のBOOKMARK NAGOYA(ブックマークナゴヤ)があります。いままさに開催中BOOKMARK NAGOYA、今年はすごい! すごすぎる! ちょっとこちらこちらをご覧くださいな。本好き書店好きならすぐにも駆けつけたくなるようなイベントやフェアがずらり、今年のラインナップの本気度は驚愕のレベルですよ。行きたいなあ、BOOKMARK NAGOYA


ブックマークナゴヤ表紙ブックマークナゴヤ冊子中

↑こんな立派な小冊子が作られています。


街の規模や商圏が違うので、比べてもしかたないですが、吉っ読も、吉祥寺でこういうのがやりたかったんだよなあ……。ゴールデンウィークごろに一箱古本市が開催される不忍ブックストリートや春にも小規模な古本市が開催されるようになった神保町の例はあるものの、こうした街をあげての書店イベント、それも新刊書店が中心になったイベントって、関東にはなぜかないんですよね。福岡や名古屋の人たちががんばっているのに、関東でできないなんて、ちょっとくやしい。


と常々思っていたら、とうとう関東にも地域密着型書店イベントを立ち上げようという人たちが現れましたよ。その名も、ブックチバ(仮)。千葉の書店員の人たちが中心になって立ち上げた、書店をもっと元気に、もっとおもしろい場所にするためのイベントです。

【“千葉で書店イベント? ブックチバ(仮)に期待です!”の続きを読む】