FC2ブログ

空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

バラードじゃないほうの『クラッシュ』に今さらながらノックアウト

アカデミー賞、といえば、今は邦画ダブル受賞の話題がまだ続いているようですが、最近になってようやくこれを観ました。





2005年アカデミー賞、作品賞・脚本賞・編集賞受賞の三冠王作品ですね。監督・脚本は、イーストウッドの『ミリオンダラー・ベイビー』の脚本を手がけたポール・ハギス。うーん、あきらかに良さそう。観たい。観たいと思ったのです。


でも、アカデミー受賞の“感動”作で、しかも人種差別がらみのテーマ、と聞いただけで、空犬はちょっと引き気味……。感動を安売りする映画も、「泣ける」かどうかを作品の良し悪しの判断基準にするかのような映画の見方も苦手なんですよねえ……。ポール・ハギス脚本作品がそういうタイプだとは思えないんですが、マット・ディロンが女性を抱きかかえるポスターの雰囲気も微妙なものに思われたもので……。



【“バラードじゃないほうの『クラッシュ』に今さらながらノックアウト”の続きを読む】
スポンサーサイト