空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

千鳥ヶ淵の桜散歩、そして20年前の本屋さん・古本屋さん

昨日、お昼休みを利用して、千鳥ヶ淵に桜を見に行ってきました。予想はしていましたが、大変な人混み、とても千鳥ヶ淵沿いの緑道のほうには行く気になれず、昭和館のそばから、牛ヶ渕あたりの桜を眺めてきました。デジカメがなかったので、携帯でパチリ。


桜1桜2桜3
【“千鳥ヶ淵の桜散歩、そして20年前の本屋さん・古本屋さん”の続きを読む】
スポンサーサイト

神保町さくらみちフェスティバル、そして乱歩と和書

桜が目につく季節になりました。今日も帰り道、そこここに夜桜が。それだけでなんとなくいい気分です。


さて、去年もこの時期に紹介しましたが、今年も、神保町で神保町さくらみちフェスティバルが開催されます。会期は、3月28日(金)~3月30日(日)。古本まつりやトークイベントも開催されますし、また、徒歩圏には千鳥ヶ淵や飯田橋~市ヶ谷の土手など、桜スポットもあります。本好き、桜好きのみなさんは迷わず神保町に全速力でかけつけてください。


さくらみちフェス古本まつり

【“神保町さくらみちフェスティバル、そして乱歩と和書”の続きを読む】

まさに激情!強力なギターデュオ登場に驚愕です

いやはや、このギタープレイ、すごすぎます。この2人、ただ者ではありません。


  • ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ『激情ギターラ!』


【“まさに激情!強力なギターデュオ登場に驚愕です”の続きを読む】

探偵小説の父……森下雨村関連本2点

本屋大賞がさてどうなるか……発表まで半月を切ったこんな時期ですから、書店がらみの一般的な話題としては、そのようなことについて書くべきなのかもしれませんが、すみません、こんなものばっかり買ってます。あいかわらず。



森下雨村
【“探偵小説の父……森下雨村関連本2点”の続きを読む】

女子の古本……イベントの案内です

先日、とても楽しい時間を過ごせたオリオン書房ノルテ店。同店で、古本本がらみのこんなイベントがあるそうです。Webサイトの告知から引きます。


    『女子の古本』発売記念 岡崎武志さん 浅生ハルミンさん トークイベント

    『女子の古本』筑摩書房より3月25日発売予定)の発売を記念して、著者で書評家の岡崎武志さんと、表紙デザイン・挿画を担当したイラストレーターの浅生ハルミンさんのトークイベントを開催します。

    期日 4月13日(日) 午後5:30~

    場所 オリオン書房ノルテ店内ラウンジ

    入場料 500円

    お電話・メール・店頭にて席のご予約をお願い申し上げます。

    トークイベント終了後、お二方によるサイン会を開催させていただきます。サイン対象本は当日会場にても販売させていただきますが、岡崎さん・浅生さんのご本でしたらお客さまお持ちの、弊社でお買い上げいただいた本でないご本でも結構です。

    オリオン書房ノルテ店 TEL:042-522-1231

「女子」と「古本」……なんか素敵な組み合わせですよねえ。いや、別に変な意味でなく。

【“女子の古本……イベントの案内です”の続きを読む】

装丁、ベストセラー、福袋……最近買ったサイン本たち。

  • 菊地信義『新・装幀談義』(白水社)
  • 岡崎武志『ベストセラーだって面白い』(中央公論新社)
  • 角田光代『福袋』(河出書房新社)

【“装丁、ベストセラー、福袋……最近買ったサイン本たち。”の続きを読む】

ミッドナイトクロスのラストに涙

しばらく前に購入した、三留まゆみ『ブライアン・デ・パルマ World is yours』(洋泉社)をぱらぱらやっていたら、むしょうにデ・パルマ映画が観たくなりました。で、昨晩はデ・パルマ・ライブラリーから『ミッドナイト・クロス』を引っ張りだし、ビールグラス片手に何度目かの鑑賞、というわけで久々の映画ネタです。


【“ミッドナイトクロスのラストに涙”の続きを読む】

オリオン書房でお買い物

今日は娘と2人で立川へ映画を観にいきました。『パンダコパンダ』。 高畑勲+宮崎駿の古いアニメ、25年以上前の作品です。



【“オリオン書房でお買い物”の続きを読む】

パノラマ島綺譚をコミックで読む

乱歩者としては買わぬわけにはいきません。


  • 江戸川乱歩・丸尾末広『パノラマ島綺譚』(エンターブレイン)


【“パノラマ島綺譚をコミックで読む”の続きを読む】

父親養成講座……お父さんな読書3

さて、2回ほど続けてお父さんな読書について書いてきましたが、3回目で最後の今日は、昨年末以来、ずっと紹介しようしようと思いつつチャンスを失っていたこれを紹介します。最強の父親本ガイドです。


  • 『書標』2007年11月号、2008年1月号(ジュンク堂書店)

書標0711+0801
【“父親養成講座……お父さんな読書3”の続きを読む】

パパ力、検定、極意……お父さんな読書2

お父さんな読書、といっても、父親の子育てがそのままテーマになった本には最近はあまり手がのびません。いっときは、新書などで数冊手にとってみたりしたのですが、悪いことは書いていないものの、とりたてて参考になるわけでもない、なかには、子育ての話が、だんだん学歴社会での成功への道の話になってしまうとんでも本もあったりして、自然に興味が薄れてしまったのです。


だから、久しぶりに、こういう本を手にとりました。


  • 小崎恭弘監修・NPO法人ファザーリング・ジャパン 『子育てパパ力検定 公式テキスト&問題集』(小学館)
  • 安藤哲也『パパの極意 仕事も育児も楽しむ生き方』(NHK生活人新書)


【“パパ力、検定、極意……お父さんな読書2”の続きを読む】

水族館、野鳥、天文……お父さんな読書1

動物や鳥、お魚、星……もともとそういうものが好きだということもありますが、やはりパパとして、こういう自然に強いところを子どもに見せたい、子どもが疑問に思ったときにすぐに答えられるようにしたい、そんな願望があったりするもので、こういう本たちが気になります。


  • 中村元『みんなが知りたい水族館の疑問50 イルカは楽しんでショーをしているか? 水槽が割れることはないのか?』(サイエンス・アイ新書)
  • 大橋弘一『庭で楽しむ野鳥の本 原寸大』(山と溪谷社)
  • 藤井旭『藤井旭の天文年鑑 2008年版 スターウォッチング完全ガイド』(誠文堂新光社)


【“水族館、野鳥、天文……お父さんな読書1”の続きを読む】

がんばれ、旭屋書店!

Web版の「新文化」、3/7付ニュースフラッシュに、またまたショックな記事が……。「旭屋書店、2店退店へ」。短いので、そのまま引かせていただきます。


《東京の銀座店(140坪)を4月末、水道橋店(150坪)を6月末までに閉店することが決まった。売上げ不振が原因。銀座店は東芝から東急不動産にビル所有者が変わり、2年後に建替えの予定。旭屋書店は、2月末にも京都の近鉄桃山店(160坪)を閉店している。》


【“がんばれ、旭屋書店!”の続きを読む】

広川太一郎さん亡くなる

驚きました。「声優の広川太一郎さん死去」(3/8付朝日新聞)。


先日届いたすばらしいBOX『「空飛ぶモンティ・パイソン」“日本語吹替復活”DVD BOX』について書かなきゃと思っていた矢先のことでした。発売が間に合ったのが救いですよね。



【“広川太一郎さん亡くなる”の続きを読む】

荒地の恋、詩人の恋

いやあ、おもしろかったなあ、これ。


  • ねじめ正一『荒地の恋』(文藝春秋)


ジュンク堂書店新宿店のSさんに、おもしろいからとおすすめされていたものです。いやあ、ほんと、おもしろかった。Sさん、サンキュウです!


【“荒地の恋、詩人の恋”の続きを読む】

花粉症+風邪=ダウンです

全国の花粉症持ちのみなさま、いかがお過ごしでしょうか。個人差はあるでしょうが、3/1から花粉症が激烈にスタートしましたね。今年は去年の倍と聞いていましたが、たしかにこれはきつい。昨年はあまりのまずにすんだ鼻炎の薬も、今年は初日から早速服用です。


【“花粉症+風邪=ダウンです”の続きを読む】