空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

草思社が民事再生法適用申請

「今年はこんなニュースが続かないといいのですが……。」……そんなふうに書いた翌日にこれですか……。「草思社が民事再生法適用申請 負債総額22億5千万円」(1/9朝日新聞)。


新風舎どころじゃないショックですよね。記事にも書かれていますが、草思社と言えば、一時期……『平気でうそをつく人たち』『他人をほめる人、けなす人』のころですかね……書名の付け方のうまさもあってヒットを連発、勢いのある出版社の代表選手みたいな版元でしたから。たしか、その頃、テレビに取り上げられていたのを観た記憶もあります。それが、こんなことに……。



【“草思社が民事再生法適用申請”の続きを読む】
スポンサーサイト

あけましておめでとうございます、そしてがんばれ!出版社

いまさらなんですが……

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。


新年早々にお仕事を始めていらっしゃったであろう書店関係・小売り関係のみなさんには申し訳ない感じなんですが、わたくしは今日が仕事始め。年末年始がゆっくりできるのはいいですが、すっかり体がなまけきっていて、心身ともになかなか仕事モードに切り替わりません。


長い冬休み、本来なら、未読本・読みさし本の山をざざっと片付けて、そのリストでもあげて紹介すべきところなんですが、時間があっても、読める量がそのまま増えるわけではないんですよね。というわけで、報告すべき読了本も購入本も、見あたりません。嗚呼。


ところで、話は急に変わりますが、元日の新聞といえば、出版社の広告。主な版元が、全面や全5で広告をうつのが恒例になっていますね。そのことにでもふれようかと思ったら、こんな記事が。朝日新聞に連載の「池上彰の新聞ななめ読み」、本日1/7付の記事「元旦の新聞広告 各紙読者のお好みは?」がそれ。

【“あけましておめでとうございます、そしてがんばれ!出版社”の続きを読む】

FC2Ad